/* Google font追加 */
STORE

正しいドライヤーのかけ方|サラサラな髪へ導く

掲載日:2021.04.05 更新日:2023.03.30

この記事の監修
日本毛髪科学協会 毛髪診断士

日本毛髪科学協会 毛髪診断士

北浦 優平 (きたうら ゆうへい)

2018年アンファー株式会社商品開発課に中途社員として入社。
これまでの経歴としては美容師/美容商品の営業などを経験。
そんな経験を活かし入社後担当したブランドは
男性商品となる「スカルプDブランド」や新規ブランド「DISM」の立ち上げ、
また「スカルプD オーガニックブランド」を担当。
現在は女性商品となる「スカルプDボーテブランド」の商品開発を担当。

ドライヤーをかけるときの3つのポイント

ドライヤーをかける際には、以下のポイントをおさえましょう。

  • 洗髪後は、ドライヤーにかける時間を短時間にして丁寧に乾かすことで髪への負担が軽減できる
  • ドライヤーの前にヘアオイルなどを使うと髪の表面を保護できる
  • 頭から10~20㎝程離してドライヤーをかけましょう

①タオルドライをする

洗髪後、ドライヤーの前に乾いたタオルを使って水分をしっかりと拭き取ります。このとき、しっかりと髪を押さえて水気を吸うイメージでタオルドライしましょう。吸収力に優れたタオルを使うのもおすすめです。

②ドライヤーで根元から乾かす

ドライヤーで髪を乾かすときは、頭から10~20㎝程離して乾かします。髪の毛の根元から指を通しながら乾かしてくのがポイントです。このとき、一か所に集中して風が当たらないように注意しましょう。

③ドライヤーを冷風に切り替えて乾かす

7、8割程度、髪が乾いてきたら冷風に切り替えて乾かします。温風から冷風に切り替えることで、髪のキューティクルが引き締められツヤ感のある髪へ導けます。熱のダメージも軽減できるでしょう。

この記事の監修
日本毛髪科学協会 毛髪診断士

日本毛髪科学協会 毛髪診断士

北浦 優平 (きたうら ゆうへい)

2018年アンファー株式会社商品開発課に中途社員として入社。
これまでの経歴としては美容師/美容商品の営業などを経験。
そんな経験を活かし入社後担当したブランドは
男性商品となる「スカルプDブランド」や新規ブランド「DISM」の立ち上げ、
また「スカルプD オーガニックブランド」を担当。
現在は女性商品となる「スカルプDボーテブランド」の商品開発を担当。

注目キーワード |
#抜け毛原因 #手ぐし 抜け毛 #びまん性脱毛症 女性 #薄毛 食べ物 #円形脱毛症 前髪

その他のヘアケアの
Howto記事

RANKINGランキング

最終更新日:

NEW新着

CATEGORYカテゴリ