/* Google font追加 */
STORE

ヘアブラシの使い方|髪や頭皮を健康に保つコツ

掲載日:2021.04.05 更新日:2021.04.05

この記事の監修 アンファー株式会社

ヘアブラシの選び方と種類

ヘアブラシはシーンや用途によって適するものが異なってきます。使い方の前にまずは「選び方」から知っておきましょう!

シャンプー前

パドルブラシやクッションブラシ、獣毛ブラシなど、髪を傷めない優しいタイプがおすすめです。

頭皮の洗浄時

柔軟性があるシリコンタイプがおすすめ。頭皮を傷めずに洗え、マッサージにも最適です。

その他普段使い時

髪への優しさ重視なら木製ブラシがおすすめ。静電気も起きにくく、頭皮にも低刺激です。また、手軽さ重視ならナイロンブラシ。刺激にならないように、優しくとかしましょう。

ブラッシングの効果

  • ヘアスタイルをととのえ髪の絡まりをとくことができる
  • シャンプー前にブラッシングすることで、髪や頭皮の汚れを落とすことができる
  • 髪のもつれや汚れが取れ、シャンプーの泡立ちがよくなる
  • 頭皮の血行が促進され、髪が健康的になる
  • キューティクルがととうため、髪全体にツヤがでる

ヘアブラシの使い方のポイント①正しい持ち方でとかす

ブラシの背中部分に人差し指をのせます。そして、親指でブラシの縁を支え、残りの指で柄の部分を持ちます。

ヘアブラシの使い方のポイント②毛先からとかす

指で毛先を軽く持ち、絡まりやもつれを取っていきます。根本からとかしてしまうと、切れ毛の原因にもなるため、毛先からとかすのがポイントです。

ヘアブラシの使い方のポイント③根本から毛先に向かってブラッシング

根元から、頭皮マッサージをするように優しくブラッシングするようにしましょう。 強い力をかけすぎると頭皮が傷つく恐れがあるため、力を入れずブラシの自然な重みを利用してとかします。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。

RANKINGランキング

NEW新着

CATEGORYカテゴリ