薬用シャンプー スカルプD・エイジングケア化粧品の公式通販

カテゴリー

販売店舗



HOME > 浜中聡子医師

女性の頭髪治療専門医 AACクリニック銀座院長 浜中聡子医師

年間約2万人以上の女性の患者様の治療を行っています。女性には女性特有の薄毛原因があり、それに合わせたケアが大切であると考えています。

浜中 聡子

  • 国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医
    Board Certified, Post-Univercity Education in Anti-Aging Medicine Specialization (AAMS)
  • 米国抗加齢医学会(A4M)専門医
    Board Certified, American Board of Anti-Aging Regenerative Medicine (ABAARM)
  • 米国先端医療学会(ACAM)専門医
    Cerfified, Chelation Therapy (CCT)
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本精神神経学会専門医
  • 一般社団法人日本総合病院精神医学会認定
    一般病院連携・精神医学専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • NPO法人アンチエイジングネットワーク顧問

近年女性の頭髪外来への来院者が急増中!

女性専用の頭髪外来AACクリニック銀座

  • AACクリニック銀座
  • AACクリニック銀座

2013年の患者様年代割合 40歳以上の女性 72%/患者様の来院推移 薄毛治療に訪れる女性は年々増加しています。

日々の臨床診断/研究を通して薄毛の進行度の可視化の多様化に成功

浜中 聡子

  • これまで女性の薄毛の進行度をみる薄毛分類は頭頂部から薄くなっていく状態のみの3パターンでしか表記されておらず、薄毛の初期進行に気が付きにくいという難点がありました。
  • 3パターン

3パターンから12パターンの分類へ

初期進行への気づきを与えるきっかけに

薄毛の進行度の分類図

大きく3つのグループに分け、その中で、更に進行度で分類を行っていきます。

12パターン

薄毛の進行度の分類図

グループ1
側頭部から薄毛が起こり、その後、額の生え際と頭頂部の双方から進行する脱毛。
グループ2
頭頂部を中心に頭部の広い範囲で均等に薄毛が起こり、全体の毛髪が薄くなって進行する脱毛。
グループ3
額の生え際から薄毛が起こり、頭頂部も伴って進行するFAGA(Female Androgenetic Alopecia)

第13回日本抗加齢医学総会にて新たに薄毛分類12パターンを発表

臨床現場に携わる医師だからできた

女性型脱毛患者初診時に日々撮影し続けた頭部写真をパーツに分けて、脱毛の重症度で色分けすることにより、新たな女性型脱毛の病気分類を作成。そのことにより、3パターンでしか分類できなかった女性の薄毛の進行度を12パターンで分類図を発表。

女性の薄毛の原因は多様で複雑

  • 男性に最も多い「男性型脱毛症(AGA)」に比べ、女性の薄毛・抜け毛の原因はライフステージの変化により引き起こされていることが予想されております。

女性の薄毛の原因 過度なダイエット 加齢 ホルモンバランスの乱れ ストレス 生活習慣の乱れ 頭皮のトラブル

女性ホルモンの乱れが原因の一つ

ストレスはなかなか客観的に表すことはできませんがホルモン値は血液検査で測ることができます。

  • 髪の美しさはエストロゲンの分泌量に比例
  • 加齢によるエストロゲン量の変化イメージ

ホルモンバランスが乱れ始めると、ヘアサイクルが影響を受け、以前は修復できていた抜け毛や髪質の低下に追いつけなくなり、髪の変化に悩み始める方が多くなります。

女性の薄毛の場合 女性特有の髪悩みの根源は多様化 現在では、初潮、妊娠/出産、更年期、閉経といった女性ホルモンに密接に関わるライフイベントはもちろん、仕事、家庭内問題など環境の変化による様々なストレスも大きく影響してきていることが分かってきており、女性の髪の悩みが加齢によって誘発されているとは一概には断定できなくなってきました。

日々のケアでしっかりと補うことが大切なんです!

患者様の診療にあたる中で、クリニックの治療だけでなく、患者様ご自身が日常生活でもケアをしていただくことも重要であると感じています。健康な髪は健康な頭皮から。頭皮環境を整えることができ、かつ安全なヘアケア商品を正しく使用することをオススメしています。

女性ホルモンに着目 スカルプDボーテシリーズ

詳しくはこちら

  • まつげソリューションプロジェクト
  • 動画で分かるまつ毛観察日記 みんなメイク
GROUP SITE