女性用No.1シャンプー スカルプD ボーテ

コラム

2017.07.21
【Q】長髪の女性は抜け毛が多いってホント?

【A】長髪の女性に抜け毛が多いというのは多くの場合誤解です

長髪の女性が髪を洗うと、排水溝に黒々とした髪がたくさん溜まります。
こうした毛を見て、「抜け毛が増えた!」と感じてしまうケースが多々あります。

しかし、髪が10cmの人と、50cmの人とでは、同じ1本抜けただけでも、見た目には単純に5倍の差がでてしまいます。
「長髪にしたら抜け毛が多くなった気がする!」と感じる原因はここにあるのです。

ただ、長髪に抜け毛のリスクがあると言われる理由は、この見た目の問題だけではありません。
実際に、分け目の薄さが気になると感じている長髪の人もたくさんいます。

「長髪=抜け毛」、というわけではありませんが、抜け毛を誘発しうる要因が長髪にはいくつか存在しているのです。

<長髪の人の多くが「抜け毛が増えた」と感じています>

入浴後やブラッシング後、排水溝やブラシについた髪の毛を見てギョッとしたことのある女性も多いでしょう。

髪は、正常な状態であっても1日に100本程度は抜けていきます。
同じ100本なら、長髪の人の方が見た目に目立ちやすいというのは上記の通りです。

また、長髪の場合、髪の生え際は持ちあがらずに髪の重みでぴったり左右に分かれてしまうというのも、気になる理由のひとつ。
そうなると、短髪に比べて生え際が目立ってしまいます。

同じような髪の状態であっても、長髪の方がより薄毛に見えてしまうと言う原因は、こうした部分にもあるのです。

<長髪の女性が抱える抜け毛のリスクもあります>

長髪だと抜け毛が増えると思われがちな原因は、誤解によるものがほとんどです。
しかし、以下のように、長髪ゆえに起こる抜け毛のリスクもゼロではありません。
頭皮の蒸れ
長髪の人は、それだけ頭皮の風通しが悪くなり、肌が蒸れてしまいます。

肌が蒸れることで、頭皮に悪影響を与える細菌が増加したり、埃が溜まりやすくなってしまったりします。
重みによる毛根への刺激
髪の毛の重みと言ってもあまりピンとこないかもしれませんが、実はこれは非常に大きなものなのです。

10cmと50cmの人を比べると、髪の重さは単純に考えて5倍です。

髪は重力に従って下へと伸びていきますから、結果、これだけの重みを頭皮と毛根が支えることになります。

これは、髪を引っ張られ続けているのと同じことですから、髪は当然抜けやすくなってしまいます。
シャンプー時の問題

 

シャンプーをする時にも注意が必要です。

髪が長いと、それだけ汚れもつきやすくなります。
また、長い髪が邪魔で地肌が洗いづらいという問題もあります。

しっかり汚れや皮脂を落とさないと、頭皮にゴミが溜まって抜け毛の原因となるでしょう。

<抜け毛を気にせず長髪を楽しむためポイントを押さえましょう>

女性にとって、ヘアスタイルは重大なお洒落のポイントです。

いくら抜け毛には短髪の方が向いているといっても、長髪を楽しみたい女性も多くいるでしょう。

抜け毛が気になる人がロングヘアを楽しみたいという場合は、次の4つのポイントに気を付けましょう。

1.きつく縛り付けない

髪をきつく縛ると、余計に引っ張られて毛根が刺激を受けてしまいます。

緩くシュシュなどでまとめるか、垂らしたヘアスタイルがおすすめです。

2.分け目を変える

分け目部分には特に力がかかりやすくなるため、日によって分け目を変えるのがおすすめです。

また、分け目を立ち上がらせるようなスタイリングをすると気になる部分のカバーが可能です。

3.シャンプーは丁寧に

汚れがしっかり落とせるよう、時間をかけて丁寧に洗うようにしましょう。

洗い終わりも、シャンプー剤の濯ぎ残しがないようしっかりと洗い流します。

4.帽子は控える

ただでさえ蒸れやすくなる長髪ですから、帽子やスカーフでさらに頭皮を覆うことはおすすめできません。

夏場の日焼け対策にも、帽子ではなく日傘を使うといった心がけが大切です。

<(まとめ)長髪の女性は抜け毛が多いってホント?>

1.長髪の女性に抜け毛が多いというのは多くの場合誤解です
長髪の方が抜け毛が多いと感じるのは、髪が長いために起こる誤解です。

しかし、長髪に薄毛の原因が全くないということではないため、薄毛が気になっている女性は注意する必要があります。
2.長髪の人の多くが「抜け毛が増えた」と感じています
長髪だと、入浴後やブラッシング後の抜け毛が気になることもありますが、これは髪の長さのせいです。

また、髪が長くて重い分、分け目が目立ってしまいます。
そのせいで、長髪は抜け毛が多いと感じる人がいるのです。
3.長髪の女性が抱える抜け毛のリスクもあります
多くは誤解であるにせよ、長髪には、短髪にはない抜け毛のリスクもあります。

頭皮の蒸れによる悪影響や、髪の重みからくる毛根へのダメージ、シャンプーの難しさなどがそれに当たります。
4.抜け毛を気にせず長髪を楽しむためポイントを押さえましょう
抜け毛は気になるけれど長髪を楽しみたいという場合は、極力髪をひっぱらないようにして、シャンプーや蒸れにも気を配るようにしましょう。

長髪のリスクを出来る限り減らして、自由なヘアスタイルを楽しんでください。

PAGE TOP
PAGE TOP