頭皮の炎症が女性の薄毛の原因になる?

頭皮の炎症が原因で、薄毛になってしまうことがあります。


通常、人間の髪の毛は、成長期、退行期、休止期、発毛期という4つのサイクルを繰り返しています。

このサイクルには個人差がありますが、通常は2~7年で一周するといわれています。

人間の髪の毛が常に一定量に保たれ、一度に全部に抜けてしまわないのは、このヘアサイクルがあるおかげです。

しかし、健康な頭皮が何らかの影響を受け炎症をおこしてしまうと、ヘアサイクルは乱れてしまいます。

頭皮は体の中で細胞分裂が盛んな場所ですが、とても薄く、刺激に弱い場所でもあるのです。

頭皮に炎症が起こるとまず毛細血管に栄養分が届きにくくなります。

そして血行が悪くなることで、髪を作る指示を出す毛乳頭や、毛母細胞の働きが弱まってしまい、髪の毛は十分に成長しきれず育たないまま抜けおちてしまうという現象を引き起こします。

頭皮の炎症により薄毛になってしまうのは、こうしたサイクルの乱れによる抜け毛が原因なのです。

また、炎症により毛が太く育たず細くなることもあります。

髪の1本が半分の細さになってしまうと髪のボリュームは4分の1になってしまうため、本数にあまり変化がなくても薄毛と呼ばれる状態になるのです。

健康な頭皮とは

健康な頭皮というのは、少し青白く透明感のある色をしています。

1つの毛穴からは3~4本の髪が生えており、毛穴の周囲はふっくらとしています。

また、毛穴には適度のくぼみがあり、皮脂や角質などが詰まっていません。

もし、頭を両手で押さえ頭皮を触ってみた時に、頭皮が硬いような場合には頭皮が緊張し凝っています。

後頭部の下あたりを押したときにプヨプヨしている人はむくみがでています。

頭全体を抑えて頭皮が軽く動き、こめかみを押したときと同じ柔らかさがあるのがよい状態といえます。

頭皮の状態というのは、なかなか自分でチェックするのは難しいですが、鏡で見るほかヘアスコープを置いているヘアサロンなどの施設でチェックする機会があればぜひ利用してみましょう。

薄毛予防に健康な頭皮は欠かせません。

炎症のある頭皮とは


自分の頭皮に次のような3つの症状があるかどうか、チェックしてみましょう。

この症状以外でも炎症が起きている場合はあります。

頭皮の色がよくない

健康な頭皮は前述のとおり、青白く透明感があります。

ピンク色や赤い色をしている場合には、薬剤や紫外線による炎症や乾燥が原因となっていることが多いです。

黄色や茶色い場合は、ストレスが溜まっている、アレルギー、血行不良、日焼け、皮脂の酸化などが考えられます。

フケ・かゆみがある

フケやかゆみは、頭皮の皮脂が多すぎたり少なすぎたりする場合に起こりやすいです。

ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れ、シャンプーや整髪料、感染症などが原因になっていることが多いです。

痛みがある

シャンプーや整髪料などが合わない、アレルギー、ニキビや皮膚炎などが原因になっていることが多いです。

炎症を抑えヘアサイクルを改善しよう

先述のとおり、頭皮の炎症がヘアサイクルの乱れを起こし、薄毛の原因になることはお分かりいただけたでしょうか。

頭皮は体の中で細胞分裂が盛んな場所ですが、とても薄く、刺激に弱い場所でもあります。

頭皮の炎症というと、真っ赤に腫れていたりジュクジュクしていたり痛みやかゆみがある状態を思い浮かべるかもしれませんが、自分では炎症と思わないような症状が、炎症の場合もあるのです。

薄毛の予防には、頭皮の炎症を抑え、ヘアサイクルを正常に戻すことが重要です。

病気が原因で炎症が起きている場合に、早めに皮膚科を受診しましょう。

また、日ごろから頭皮チェックをし、症状にあった対処方法や、規則正しい生活を送ることが大切です。

ストレスをなるべくためないようにし、頭皮は常に清潔に保ちましょう。

頭皮に適度な栄養を与えることも必要です。

(まとめ)頭皮の炎症が女性の薄毛の原因になる?

1.頭皮の炎症が原因で、薄毛になってしまうことがあります。

健康な頭皮が何らかの影響を受け炎症をおこしてしまうと、毛細血管に栄養分が届きにくくなり毛乳頭や、毛母細胞の働きが弱まります。

そのため髪の毛が十分成長しきれず育たないまま抜けおちて、薄毛の原因になってしまいます。

2.健康な頭皮とは

少し青白く透明感のある色で1つの毛穴から3~4本の髪が生えています。

毛穴の周囲はふっくらとし毛穴には適度のくぼみがあり、皮脂や角質などは詰まっていません。

頭全体を抑えて頭皮が軽く動き、こめかみを押したときと同じ柔らかさがあります。

3.炎症のある頭皮とは

頭皮の色がよくない、フケ・かゆみがある、痛みがあるなどの症状があります。

ストレス、アレルギー、血行不良、日焼け、皮脂の酸化、睡眠不足、生活習慣の乱れ、シャンプーや整髪料、感染症などが原因となっています。

4.炎症を抑えヘアサイクルを改善しよう

薄毛の予防には、頭皮の炎症を抑え、ヘアサイクルを正常に戻すことが重要です。

病気が原因の場合には早めに皮膚科を受診しましょう。

日ごろから頭皮チェックをし、症状にあった対処方法や、規則正しい生活を送ることが大切です。

Pocket

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
薄毛の症状を女性用スカルプDで改善
頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る