50代女性を悩ませる女性の薄毛の症状とは?

50代女性に多い薄毛の症状は、全体的に髪が薄くなる、頭頂部や分け目が目立つなどです。


50代になると、女性でも薄毛に悩む人が増えてきます。

なぜなら、50代になると閉経を迎える女性が多く、女性ホルモンの急激な減少が起こるからです。

そのため、加齢による女性ホルモンの減少に伴い、抜け毛が増える、髪のボリュームが減る、分け目や頭頂部が薄くなるといった「びまん性脱毛症」と呼ばれる女性特有の薄毛を発症するケースがあるのです。

女性ホルモンの減少が原因で、びまん性脱毛症を発症する50代女性はたくさんいます。

鏡をふと見た時に、「なんだか髪のボリュームがなくなった」、「分け目が目立つ」、「頭頂部の地肌が透けて見える」といった悩みを抱える50代の女性は多くいます。

女性は薄毛とは無縁だと思う方や、もっと高齢になってからなるものだと思われがちですが、実は、45歳~55歳ごろに薄毛で悩みだす女性は、とても多いのです。

その理由は、50歳前後で、閉経のために、急激に女性ホルモンが減少するからです。

そのため、閉経に伴う女性ホルモンの急激な低下によって、女性特有の脱毛症「びまん性脱毛症」を発症するケースが多くみられます。

びまん性脱毛症は、徐々に髪の毛が細くなり、進行すると地肌が透けてしまうほど、髪の毛のボリュームが減ってしまいます。

非常にゆっくりしたスピードで進行するため、気づきにくいのが特徴です。

気づいたときには、分け目が目立っている、頭頂部の髪の毛が薄くなっていたという状態になっていることも少なくありません。

また、50代女性は、女性ホルモンの減少以外にも、食事制限によるダイエット、頻回に行う白髪染め、パーマなどが重なり、より薄毛のリスクが上がっているとも考えられます。

女性ホルモンの分泌のピークと加齢による減少


加齢によって、女性ホルモンが減少するということは、広く知られています。

しかし、なぜ若い頃にはたくさん分泌されていた女性ホルモンが、年齢が上がるにつれて減少してしまうのでしょうか。

女性ホルモンの分泌のピーク

女性ホルモンは、思春期あたりから分泌されるようになり、20代頃から安定して分泌されるようになります。

30代になると、女性ホルモンの分泌が盛んになります。

女性ホルモンは、妊娠や出産の準備をするためのホルモンでもあるため、このころが、女性ホルモンの分泌のピークであり、妊娠や出産に適している時期ともいえます。

このころの髪の毛は、艶があり、ハリがあるので、ボリュームもたっぷりで、特別なケアをしなくても、美しい髪の毛が維持できる時期です。

加齢による女性ホルモンの減少

30代ごろには、たっぷり分泌されていた女性ホルモンも、45歳ごろから減少していきます。

減少の原因は、卵巣機能の低下によるものです。

卵巣は、女性ホルモンを作り出す重要な器官ですが、その働きも加齢とともに低下していきます。

すると、女性ホルモンの分泌も低下してしまうのです。

この時期になると、髪が痩せる、艶がなくなるといった症状に悩まされることがあります。

もちろん卵巣の機能が落ちてしまうのは、自然なことであり、避けて通ることはできません。

50代だからと諦めないことが大切です。

薄毛に悩む多くの女性が、「老化だから仕方ない」、「もう治らない」と諦めてしまっています。

確かに、年齢を若返らせることはできません。

しかし、女性の薄毛は、地道な努力で改善することができると言われています。

例えば、生活習慣や食生活の見直し、大豆イソフラボンの積極的な摂取、頭皮マッサージなどのヘアケアを行うことで、女性ホルモンの減少を遅らせたり、新陳代謝を活発にしたりすることで、新しい髪が生えやすい環境を整えることができるのです。

ヘアサイクルの関係で、すぐに効果が出るわけではありませんが、諦めてしまう必要はありません。

50代になると、ほとんどの人が子育ても終わり、これから友達と会う機会が増えたり、夫婦で旅行に出かけたりと、楽しみもたくさんあるでしょう。

だからこそ、諦めずに、明るく元気に過ごせるようにほんの少しの努力から始めてみてください。

前向きにとらえることも、余計なストレスを減らし、髪の毛の成長を助けてくれるはずです。

(まとめ) 50代女性を悩ませる女性の薄毛の症状とは?

1.50代女性に多い薄毛の症状は、全体的に髪が薄くなる、頭頂部や分け目が目立つなどです。

50代になると、髪全体が薄くなるびまん性脱毛症に悩む女性が増えてきます。

加齢による女性ホルモンの影響によるもので、抜け毛が増える、髪のボリュームが減る、分け目や頭頂部が薄くなるといった症状が出ます。

2.女性ホルモンの減少が原因で、びまん性脱毛症を発症する50代女性はたくさんいます。

びまん性脱毛症に悩む50代女性は多く、その原因は、女性ホルモンの減少です。

その他にも、食事制限によるダイエットや白髪染め、パーマなども原因として考えられます。

3.女性ホルモンの分泌のピークと加齢による減少

女性ホルモンのピークは30代ごろと言われており、髪の毛も特別なケアをしなくても美しく保てる時期です。

45歳~55歳ごろは、女性ホルモンが急激に減少し、髪の毛の悩みも増えてきます。

4.50代だからと諦めないことが大切です。

女性の薄毛は、老化だからと諦めてしまう人がいますが、地道な努力をすれば治せる可能性があります。

諦めずに、前向きな気持ちで、生活改善や食生活の見直しなどに取り組みましょう。

Pocket

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る