女性の薄毛は年齢と共に進んでいくもの?

女性の薄毛は年齢と共にある程度は進んでしまうものです

imasia_14461022_M
女性の薄毛の一番大きな原因は、加齢による女性ホルモン「エストロゲン」の減少です。

そのため、年齢と共に進んでしまうというのは、ある程度は避けることのできないものなのです。

しかし、女性のエストロゲンの減少は、更年期を過ぎると減少曲線も緩やかになります。
また、イソフラボンを摂ることで、エストロゲンに近い働きをさせることもできます。

諦めてしまわずに、できることからケアしていくようにしましょう。

女性の薄毛はエストロゲンの減少によって引き起こされます

女性の薄毛は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少することによって引き起こされます。

このエストロゲンの減少曲線について確認してみると、多少のずれはあるものの、おおよそ40歳~60歳時期に多く減少しているということがわかります。

中でも、特に45歳から55歳の間は、カーブが急になります。
この時期は、女性の閉経前後10年の更年期とも被っているのです。

一方、60歳を過ぎると、エストロゲンの減少は緩やかになります。

このことから、薄毛は、加齢によって誰にでも起こる悩みであり、絶対に避けるというのは難しいのです。

しかし、逆に言うと、エストロゲンが減少する時期に対策をとることで、ある程度の改善効果を見込むことができます。

エストロゲンに似たイソフラボンを摂取するようにしましょう

af9920085886l
女性ホルモン「エストロゲン」の加齢による減少を止めることは残念ながらできません。
しかし、生活習慣を見直すことで、生活習慣による減少を止めることはできます。

睡眠や食事、運動、ストレスなどについて見直してみましょう。

また、エストロゲンは体外から摂取することのできない成分ですが、似た働きをする「イソフラボン」であれば、食品などから体に摂り入れることが可能です。

イソフラボン
大豆イソフラボンという名前でも知られるイソフラボンは、大豆製品に含まれている成分です。

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることから、アンチエイジングや美肌、生理痛の緩和などにも役立つと言われています。

豆乳や豆腐、納豆などに含まれるため、日常の食事の中でも自然と口にする機会のある食品です。

薄毛が気になる人は、このイソフラボンを意識的に食べるようにしてみましょう。

ただし、イソフラボンの摂り過ぎは体に害を及ぼす可能性もあります。
イソフラボンの1日の摂取上限は75mgとされていますから、準じるようにしてください。

思いつめ過ぎないことも大切です

年齢を重ねるにつれて、エストロゲンは誰であっても減少してしまいます。

つまり、それが原因で起こる薄毛も、誰にでも起こり得ることなのです。

もちろん、人によって程度の違いはありますが、「最近髪が薄くなってきたような気がする」、と、気に病み過ぎるのも問題といえます。

何故なら、ストレスは薄毛の大きな原因となってしまうからです。

また、気にして髪をいじりすぎたり、無理に隠そうと帽子をかぶって蒸れたりしても薄毛を誘発してしまいます。

薄毛に悩まず楽しみましょう
加齢とともに少し髪が薄くなっても、お洒落を楽しんでいる女性はたくさんいます。
その年齢に相応しいお洒落を追及していくという気持ちで、あまり気にしすぎないようにしましょう。

どうしてもふさふさした髪への憧れがあるという場合は、部分ウィッグなどを使うという方法もあります。

今ではファッションウィッグの種類も増え、昔の「かつら」というイメージはなくなりつつあります。

薄毛を気にして鏡を見てばかりいるのではなく、お洒落アイテムを駆使して、楽しく日々を過ごすことも薄毛対策のためには大切なことなのです。

(まとめ)女性の薄毛は年齢と共に進んでいくもの?

1.女性の薄毛は年齢と共にある程度は進んでしまうものです

女性の薄毛は、ある程度は年齢と共に進んでしまうものです。

しかし、薄毛の原因となる女性ホルモンの減少率は更年期過ぎに落ち着きますし、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを摂るという対策方法もあります。

2.女性の薄毛はエストロゲンの減少によって引き起こされます

女性の薄毛は更年期前後に女性ホルモンの一種であるエストロゲンが激減することによって引き起こされます。

加齢によって誰にでも起こってしまう薄毛ですが、この時期に対策をとることである程度改善効果が見込めます。

3.エストロゲンに似たイソフラボンを摂取するようにしましょう

エストロゲンの加齢による減少を止めることはできませんが、似た働きをするイソフラボンを摂取することはできます。

ただし、イソフラボンには摂取上限もあるので摂りすぎには注意しましょう。

4.思いつめ過ぎないことも大切です

エストロゲンの減少は誰にでも起こることです。

薄毛も誰だってなり得ることですから、思いつめ過ぎないようにしましょう。

どうしても気になる場合は、部分ウィッグなどもお勧めです。

Pocket

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
薄毛の症状を女性用スカルプDで改善

関連記事

ページ上部へ戻る