更年期になると女性ホルモンの影響で薄毛になるの?

更年期に入ると女性ホルモンの量は急減し、薄毛になりやすくなります


女性ホルモンにはさまざまな働きがありますが、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は髪の成長と大きな関わりがあります。

この女性ホルモンは20代後半頃にピークを迎え、その後加齢とともに減少していきますが、更年期になるとその分泌量はさらに減少してしまいます。

歳を重ねると自然と髪の毛は衰えていきますが、更年期になることでさらに女性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまい、薄毛になりやすくなるとされているのです。

更年期に入ると女性ホルモンの分泌量が少なくなると言われています

一般的に女性ホルモンのピークは20代後半頃だと言われています。

卵巣の機能のピークは28歳頃だと言われており、その後は歳を重ねるごとに機能は衰えていきます。

卵巣機能が低下し、35歳頃から女性ホルモンの分泌量はグンと減り、閉経するとごくわずかしか分泌されなくなると言われています。

そもそも更年期とは何歳頃を指すのでしょうか。

更年期は女性が閉経する前後の約5年間のことを指し、一般的に閉経を迎えると言われる50歳の前後5年間、45~55歳くらいの期間を指すことが多いようです。

閉経の時期は個人差があるため、早い人では35歳くらいでも不調が現れる人もいます。

女性ホルモンが減ると起こる症状

女性ホルモンであるエストロゲンは、先述したように髪の発育と深い関係にあるため、次のような症状が起こることがあります。

  • 白髪が増える
  • 髪のボリュームがなくなる
  • 薄毛
  • 抜け毛が増える

エストロゲンには髪を発育させ、髪の成長期を維持する働きなどがあります。

このエストロゲンが減ってしまうことで髪が弱くなり、薄毛や抜け毛につながるとされているのです。

そのほかにも、女性ホルモンが減少することで、更年期障害と呼ばれる体や顔のほてり、動悸、イライラなどさまざまな症状が起こることがあります。

ホルモンバランスが崩れることによって薄毛につながるとされています


更年期に差し掛かると、女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまうということがわかりました。

女性ホルモンの分泌量が下がり、ホルモンバランスが崩れてしまうと、ヘアサイクルと呼ばれる人体が髪を作る周期を乱してしまうため、良い髪が育ちにくくなってしまい、薄毛につながるとされているのです。

しかし、ホルモンバランスは年齢のみが原因で崩れてしまうとは限りません。

若くして、薄毛に悩まされている女性は少なくないことでしょう。

ホルモンバランスを乱す原因とされているものをいくつか紹介しましょう。

ストレス

ストレスに悩まされる生活を続けていると、自律神経やホルモンバランスが崩れると言われており、薄毛の原因になるとされています。

また、自律神経の失調による血行不足も毛髪の成長を妨げると言われており、ストレスは良い発毛・育毛の大敵とも言うべき存在です。

妊娠・出産

女性の場合、妊娠・出産が原因でホルモンバランスが大きく崩れてしまうことがあるとも言われています。

これは赤ちゃんを産むための体づくりと、母乳を出すための「プロラクチン」というホルモンがつくられることが関係しているとされているのです。

出産後、突如髪の毛が薄くなったり、抜けたりすることに戸惑うひとも少なくないようですが、適切な対処と安静な日々を送ることで徐々に回復していくと言われています。

更年期の薄毛対策はできるだけ早めに行うことが大切です

更年期の薄毛を完全に止めるということは難しいですが、対策を早めに行うことで進行スピードを緩めることは可能だと言えるでしょう。

更年期の薄毛の対策法についてご紹介していきます。

イソフラボンの摂取

女性の薄毛の原因とも言われるのが、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少です。

エストロゲンは健やかな髪の毛をキープするのに必要となるホルモンですが、大豆に含まれるイソフラボンは、このエストロゲンと似た働きをすると言われています。

イソフラボンは豆腐や納豆、味噌などの大豆・大豆製品、ピーナッツなどの豆類にも含まれているので、積極的に摂るようにするといいでしょう。

ヘアケアの見直し

間違ったヘアケアを行うと紙や頭皮に負担がかかり、抜け毛を助長してしまいます。

シャンプーは髪の毛を洗うものではなく、本来頭皮を洗うことが目的のものです。

ゴシゴシ洗い過ぎたり、反対に髪ばかりを洗って頭皮の毛穴に汚れや皮脂が残ったりしてしまうと、炎症や頭皮環境の悪化につながり薄毛の原因となります。

指の腹を使ってやさしく丁寧に頭皮を洗うようにしましょう。

(まとめ)更年期になると女性ホルモンの影響で薄毛になるの?

1.更年期に入ると女性ホルモンの量は急減し、薄毛になりやすくなります

髪の成長は女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌と深い関係があります。

加齢とともに髪の毛は衰えていきますが、更年期はそれに加え、女性ホルモンの分泌量が急激に減少することで、薄毛になりやすいと言われているのです。

2.更年期に入ると女性ホルモンの分泌量が少なくなると言われています

35歳頃から大幅に卵巣機能は衰え、閉経するとほとんど分泌されなくなり、薄毛や抜け毛、白髪などの髪トラブルのほか、ほてりや動悸、めまいなどの症状が起こることがあります。

更年期障害は個人差があり、ほとんど出ないという人もいます。

3.ホルモンバランスが崩れることによって薄毛につながるとされています

更年期になるとホルモンバランスが崩れ、薄毛になると言われています。

ホルモンバランスは、ストレスや妊娠・出産などでも崩れると言われているため注意が必要でしょう。

また、タバコや過激なダイエットなども年齢に関係なく薄毛につながります。

4.更年期の薄毛対策はできるだけ早めに行うことが大切です

更年期の薄毛対策は、積極的にイソフラボンを取り入れた食生活を送ることで対策できる可能性があります。

また、シャンプーの仕方やドライヤーの当て方なども見直し、できるだけ頭皮や髪へのダメージを減らしていくことも効果的でしょう。

Pocket

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る