女性ホルモンが多いと髪が早く伸びる?

女性ホルモンが多い人も髪が伸びる早さは変わらないといえます


女性ホルモンが多い人でも髪が伸びる早さは同じといえます。

女性ホルモンは美しくて丈夫な髪を育てますが、髪が伸びるスピードは体質の影響が大きく、見た目の印象でも感じ方が違います。

ただし、女性ホルモンの働きが悪いとヘアサイクルが乱れて髪が伸びにくくなることはあるといわれています。

髪が伸びないという人は生活改善でホルモンバランスを整えてください。

髪の毛と女性ホルモンには密接な関係があります

女性ホルモンのエストロゲンには髪の成長を促し、抜けにくくする働きがあるといわれています。

一般的に女性のほうが美しいロングヘアーをキープしやすいのも、エストロゲンの働きがあるからでしょう。

ただし、髪の成長を促すということは髪が伸びるのが早いということではありません。

髪がキレイに伸びるためにはエストロゲンの働きが必要です。

しかし、髪が伸びる速度は個人差があっても1カ月に1センチ程度で、大きな差はありません。

女性のほうが髪が早く伸びるように感じるのは、そもそも毛量が多くて少し伸びただけでも髪が増えたように感じられるからです。

伸びる早さの印象は髪の長さや量によって違います。

髪が早く伸びているように感じる人も、それはホルモンの影響というより体質や髪の太さ、髪型などの要因によるものです。

ただし、女性ホルモンが不足することで髪の新陳代謝が乱れて抜け毛、切れ毛が増えることはあります。

女性ホルモンの減少によって、髪のハリツヤがなくなってしまいます。

髪を健やかに伸ばすためには女性ホルモンを整えることが第一歩です。

ヘアサイクルに問題があると髪は伸びにくくなるといえます


女性ホルモンの働きで髪が早く伸びることはありません。

しかし、反対に女性ホルモンのバランスが崩れることで髪が伸びにくくなることはあります。

通常であれば、髪は成長期から退行期、休止期を繰り返して長く、太く伸びていきます。

髪は3~6年ほどの成長期で育ち、退行期の後の休止期が来ると新しい毛が生まれて古い毛が抜け落ちていくのです。

女性ホルモンが整っているときには成長期の期間が長く、髪がしっかり伸びていきます。

しかし、ホルモンバランスが乱れてしまうと大切な成長期が数カ月程度で終わってしまうことがあります。

すると髪の毛に栄養が足りず、伸び切らないままに退行期、休止期で抜け落ちてしまうのです。

これは髪が細くなったり、抜け毛が増えたりするようになる理由でもあります。

ヘアサイクルは男性で3~5年。女性で4~6年の周期を繰り返しています。

髪を伸ばすためには、短縮してしまった成長期を伸ばしてヘアサイクルの周期を元に戻すことが大切です。

特に女性は加齢や更年期障害、妊娠によってホルモンバランスが乱れます。

髪が伸びていないということはホルモンバランスが崩れたというサインかもしれません。

ホルモンバランスを整えるには生活習慣の改善が基本です

私たちの身体は多くのホルモンの影響を受けます。

さまざまな要因でホルモンバランスが乱れてしまうことでヘアサイクルの崩れ髪の成長が滞ってしまいます。

加齢

ホルモンは加齢と閉経で作れる量が減ります。

女性ホルモンは30代から減少が始まって40代で急激に減ります。

その結果、身体の働きが乱れて頭痛や肩こり、倦怠感などの不調をきたします。

睡眠不足

髪を成長させるには成長ホルモンも重要です。

成長ホルモンは睡眠時に主に分泌されますが、睡眠不足になると分泌が不十分になってしまいます。

食生活

不規則な時間の食事や、ジャンクフード中心の食事はホルモンバランスを乱す原因です。

女性ホルモンと同様の働きをする納豆や豆腐、女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6を含んだレバーやナッツ類を積極的に摂取してください。

偏った食事では髪の栄養も不十分になってしまうためバランスよく多くの食品を食べるように心がけましょう。

ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活を送ることが基本です。

生活改善が難しいという場合は、漢方薬やサプリメントも利用してください。

ホルモンバランスは身体全体に影響を与えるため早めに対処しましょう。

(まとめ)女性ホルモンが多いと髪が早く伸びる?

1.女性ホルモンが多い人も髪が伸びる早さは変わらないといえます

女性ホルモンは美しい髪を育てる働きがありますが、髪を早く育てるわけではありません。

女性のほうが髪が多いため、同じ長さ髪が伸びたとしても体積は増えます。

その結果、早く伸びているように感じることがあります。

2.髪の毛と女性ホルモンには密接な関係があります

女性ホルモンは髪を美しく育てるホルモンです。

美しく髪を伸ばすためには女性ホルモンの働きが欠かせません。

しかし、髪の伸びる早さは個人差が大きく、女性ホルモンが多いから髪の毛が早く伸びるということではないため間違わないようにしましょう。

3.ヘアサイクルに問題があると髪は伸びにくくなるといえます

髪は成長期に伸びて、退行期、休止期を経て抜け落ちます。

髪が伸びにくいという人は成長期が短くなって、育ちにくくなっているかもしれません。

女性ホルモンが乱れるとヘアサイクルもバランスを崩します。

ホルモンバランスを整えて髪を健やかに育てましょう。

4.ホルモンバランスを整えるには生活習慣の改善が基本です

ホルモンバランスの乱れは加齢や睡眠不足、偏った食生活で引き起こされます。

ホルモンバランスが乱れることで、髪のハリツヤがなくなって成長も滞ってしまいます。

生活習慣を改善してホルモンを整えるように心がけましょう。

Pocket

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る