女性ホルモンと髪質の関係とは?

女性ホルモンは髪質を左右する要素です


女性ホルモンのエストロゲンには髪の成長をサポートする働きがあると言われています。

またホルモンバランスが不安定になることでハリ・コシを感じにくい髪質になるとも言われており、女性ホルモンと髪質は密接な関係性であると言えるでしょう。

更年期症状の一貫として抜け毛、薄毛が出てくるのはホルモンバランスの乱れからくる髪質の変化を反映したものであり、ホルモンバランスを改善することによって健康な状態へと導くことも可能になるとされています。

ホルモンバランスを整えるためには生活習慣が大切です

髪質改善して若々しい状態を維持するためにも、女性ホルモンをアップしてストレスを溜めない生活をはじめてみましょう。

ホルモンバランスを不安定にする要素として、ストレスや睡眠不足といった生活習慣に関する問題があげられます。

心身ともに負担となっている生活習慣をあらため、ストレスを受けにくい暮らしを意識することにより、薄毛や抜け毛トラブルを改善できる女性もいるようです。

女性ホルモンの分泌量は20代あたりでピークが来ると言われており、閉経をむかえる頃までに徐々に低下していくものと言われています。

髪質に関して言えば、うねりやくせ毛が気になるところから始まり、白髪が目立つ、頭皮や髪の乾燥などと進むようです。

誰もが平等に歳をとっていくものですが、見た目年齢については心がけ次第でどのようにも変えられます。

適度にリラックスする時間を生活の中に取り入れる、夜更かしを控えて日をまたぐ前にベッドに入るなど、できることから少しずつ改善してみましょう。

仕事や家事などストレス要因になっているものをはっきりさせて、無理がないライフスタイルをはじめてみるのも一案です。

血行促進でホルモンバランスを安定させます


ホルモンバランスを考えた生活習慣として、適度な運動や入浴などを取り入れて、血行を促進させることが大事でしょう。

血行と女性ホルモンには深い関係があって、髪質改善に役立つと言われているのです。

女性ホルモンを出しなさい、と命令する物質は血流にのって運ばれるため、血行が悪い状態だと思うように働けません。

しなやかな筋肉が血行促進のポイントと言われていますから、適度な運動習慣をつけることにより血の巡りを改善しましょう。

一定距離を歩いて帰る、近所への移動に自転車を使うなど、ちょっとした運動を続けるだけでも脚の筋肉が育ち、血行が良くなるものです。

自宅でできる運動なら、寝る前のストレッチや階段の昇降エクササイズをおすすめします。

アロマオイルを活用する、リンパマッサージを試してみるなど入浴時間を活用して血行を良くする取組みも、効果的な対策の一つでしょう。

ゆっくり身体を温めると1日の疲れがとれて、ストレス解消にも一役買います。

また、シャワーを浴びるだけでは身体の芯から温まらず、冷えの原因になりがちです。

冷えからホルモンバランスが不安定になることもありますから、バスタブにお湯をためてリラックスする心のゆとりを持つと良いでしょう。

髪質は女性ホルモン以外の要素にも左右されます

女性ホルモン以外に髪質に影響を与える要素として、毛穴に詰まった皮脂汚れ、間違ったシャンプー選びなどが考えられます。

皮脂汚れの影響が大きいと、髪質が変わる年代に該当しない女性でも毛が細くなったり抜け毛が目立ったりすることがありますから、頭皮環境を整える正しいお手入れは重要です。

また、市販シャンプーの中にはシリコンがたくさん使われているものも多いですが、これも髪質に影響を与える要素とも言われています。

髪をいたわる成分が入ったシャンプーに切り替えるなど自分に合ったアイテム選びをすることで、影響を最小限に食い止めましょう。

頭皮がかたくなっていることで皮脂汚れがたまり健康な髪が育ちにくい状態に傾いていることもあります。

そのような場合には、凝りをほぐすマッサージやスカルプケアも必要になってくるでしょう。

その他にも、過剰なケアによる乾燥も健康な髪の発育を妨げると言われています。

このように髪質が変化する要因はさまざまなものが考えられます。

自分の場合は何が問題なのかよく考えて、正しい対処を行うことが必要となるでしょう。

ライフスタイル全般を見直し、髪質改善に取り組むことで、美しくしなやかな状態を維持することにつながると言えます。

(まとめ)女性ホルモンと髪質の関係とは?

1.女性ホルモンは髪質を左右する要素です

女性ホルモンは髪質を決める要素のひとつとされており、バランスが不安定になることから抜け毛や薄毛がはじまる方もいます。

ホルモンバランスを安定させることで髪質が改善できる場合もありますから、強い髪を育てるためのポイントのひとつと言えるでしょう。

2.ホルモンバランスを整えるためには生活習慣が大切です

髪質改善するためには、十分な睡眠やストレスを解消するための習慣などライフスタイルの見直しが効果的とされています。

ホルモンバランスを安定させて若々しく老けない髪を育てるためにも、体に無理をさせすぎないことが大切です。

3.血行促進でホルモンバランスを安定させます

ホルモンバランスを安定させるための手段として、血行促進もおすすめです。

適度な運動習慣とゆっくり入浴するライフスタイルを取り入れて、美しい髪質を目指してみるのはいかがでしょうか。

4.髪質は女性ホルモン以外の要素にも左右されます

ホルモンバランス以外にも髪質に影響する要素はあるため、総合的観点からの対策も検討しましょう。

皮脂汚れによる毛穴詰まりや、髪に負担をかけるシャンプーなどは良い例です。

原因を追及したうえで、適切な対処を考える必要があるでしょう。

Pocket

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る