ピルを止めた後、女性ホルモンの変化から薄毛になりますか?

ピル服用停止後の薄毛はホルモンバランスの変化が原因です


ピルの服用を止めると女性ホルモンのバランスは変化します。

ピルには、合成黄体ホルモン(プロゲステロンなど)と、半合成か合成の卵胞ホルモン(エストロゲン)が含まれています。

エストロゲンが増えると女性の毛髪は太く長くなります。

さて、ピル服用を止めると女性ホルモンの量は周期的に変化するようになり、排卵や生理が起こります。

ホルモンは毛髪の成長にも関係しているので、ホルモンが増えると毛髪が増えたり、逆に減ると抜け毛が起こったりします。

また、ピルを止めることによって薄毛になるということは、ピルに含まれるエストロゲンによって起きた増毛効果がなくなったということです。

これに似たような状態として、出産後の脱毛があります。

妊娠中は女性ホルモンが増加しますが、出産すると一気に減少するため、抜け毛が起こります。

産後の脱毛と同じように、ピルの継続的な服用を止めることによる薄毛も、ホルモンバランスの周期が整うまでの一時的なものです。

しかしピル服用を止めた後には、ホルモンバランスが変化するため、心と体に様々なトラブルが生じます。

薄毛予防も含めてピル服用中止後のトラブル対策についてご説明しましょう。

ピル服用中のホルモンバランスの変動について


排卵と生理を境にホルモンバランスは周期的に変化します。

生理後から排卵前にかけてエストロゲンが増えていきます。

するとこのホルモンの働きにより、毛髪にハリとコシがでてきます。

卵胞期といってお肌の調子も気分も好調という方が多い時期です。

排卵すると今度はエストロゲンの量が減って黄体ホルモンが増えます。

この黄体ホルモンは子宮が妊娠を継続させるために役立ちます。

それにより乳房のハリや気分のイライラなどの月経前症候群が起こる人もいます。

さて、ピルを服用中はこれら2つのホルモンが同時に補充されている状態になり、排卵は起こりません。

そして(ピルの種類によって)ホルモンが含まれていない偽薬を服用中またはピル休薬中の7日間に生理のような出血があります。

ピルを継続的に服用中は4週間(28日)周期で出血があり、エストロゲンの量の周期的な変動も大きくないので、毛髪の悩みも少なくなるのです。

薄毛改善のためにピルは服用できません

現在、ピルは避妊以外にも生理周期を整えたり、生理前のイライラなどの不快症状を減らしたりするために処方されていますが、薄毛改善のためには使えません。

それは、毛髪が増えることはピル服用の副次的な効果にあたるからです。

またピルはホルモンバランスを安定させますが、体にとって副作用といえるような悪い影響もあります。

人によって副作用の強弱はありますが、おっぱいのハリや吐き気に悩む人もいるのです。

また、妊娠を希望する方、授乳中の方、肥満の方はピルは服用できません。

ですので、ピル服用を止める時は、必ず処方する医師に相談し、自己判断で急に服用を止めないようにしましょう。

ピルの止め方と止めた後の薄毛も含めたトラブル対策を行うことがあります。

ピル服用停止後の薄毛予防に4つの対策

  • 睡眠

    女性ホルモンは、主に脳にある下垂体から指示が出され、卵巣から分泌されます。

    したがって、脳をしっかり休めることが重要です。

    夜は質の良い睡眠を十分な時間だけ取りましょう。

    毎日就寝時間と起床時間を決めることも良い睡眠のカギとなります。

  • 食事

    脂やジャンクフードを減らし、毛髪のもとになるタンパク質を中心にアミノ酸などもたくさん取りましょう。

    また、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれた大豆を食事に取り入れましょう。

  • 運動

    血行を良くすると体の末端にある毛髪により多くの栄養が届き、育毛に繋がります。

    軽い運動を毎日し、入浴時には湯船にゆっくり浸かると良いです。

  • ヘアケア

    低刺激で保湿力があるシャンプーを使いましょう。

    また、髪を痛めるパーマやヘアカラーを止めて、お手入れしやすいヘアスタイルにしましょう。

    育毛剤の使用も考慮しましょう。

(まとめ)ピルを止めた後、女性ホルモンの変化から薄毛になりますか?

1. ピル服用停止後の薄毛はホルモンバランスの変化が原因です

女性ホルモンの一つであるエストロゲンの働きの一つは毛髪を伸ばすことです。

ピル服用停止後はホルモン量が減少するので薄毛が起こることがあります。

それは、出産後の脱毛の原因と同じようなもので、ホルモンバランスが整うことで治まります。

2. ピル服用中のホルモンバランスの変動について

黄体ホルモンとエストロゲン、2つの女性ホルモンの量は排卵と生理を境に変動し、心と体の好不調の波を起こします。

しかしピル服用中は、ホルモン量の変動は周期的ですが激しくなく、比較的バランスが取れています。

だから毛髪の悩みが減るのです。

3. 薄毛改善のためにピルは服用できません

ピルには医師の処方箋が必要です。薄毛改善の目的のためにはピルは服用できません。

ピルには副作用がいくつかあるほか、服用できない人もいます。

自己判断でピルを止めることは危険なので、必ず医師と相談し、停止後に起こりうる体と心の変化について心構えをしましょう。

4. ピル服用停止後の薄毛予防に4つの対策

女性ホルモンの分泌指令は主に脳から行われるので、良質で十分な睡眠を取りましょう。

毛髪のもとになるタンパク質や女性ホルモンの代わりになるイソフラボンを摂取しましょう。

毎日の軽い運動で血行改善しましょう。

育毛剤や低刺激なシャンプーを使い、ヘアスタイルを工夫しましょう。

Pocket

アンファー スカルプD
公式通販サイトはこちら
薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る