女性ホルモンが関係する薄毛の原因や対策は何がある?

女性ホルモンは髪の新陳代謝に関係しており、ホルモンバランスの乱れに注意することなどによって薄毛対策が可能です


女性ホルモンの減少が薄毛につながると言われています。

特に女性ホルモンのエストロゲンは、髪や肌の新陳代謝に関係しています。

減ることで、毛髪にも影響が出て、毛のパサつきや太さに影響すると考えられているからです。

また、間違ったヘアケアにも注意しなければなりません。

対策として、イソフラボンが含まれているようなシャンプーや育毛剤が配合されたものが効果的だと言われています。

それ以外にも、自律神経やホルモンバランスの乱れにも気をつけなければなりません。

女性ホルモンが減少することが薄毛の原因のひとつと言われています

女性ホルモンと薄毛は深く関係していると考えられています。

例えば、女性ホルモンが減少することが、薄毛になる原因のひとつとして考えられているのです。

女性ホルモンには2種類あります。

それが、エストロゲンとプロゲステロンです。

このうちのエストロゲンが、髪の毛に大きく関連すると言われています。

エストロゲンは、髪や肌の新陳代謝を促進する働きがあると考えられているからです。

それ以外にも、排卵に関連しているホルモンとして知られています。

一方のプロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれており、妊娠や、子宮内膜に関連している女性ホルモンです。

この2つのホルモンは、重要な役割を持っていますが、女性が更年期と呼ばれる年齢になると、分泌量が減少すると考えられています。

月経が止まる前後になると、その減少は顕著になると言われているのです。

エストロゲンが減るわけですから、毛髪にも影響が出るのは必然と言えるでしょう。

例えば、髪の毛がパサついたり、細くなったりすることが代表的な影響と言われています。

髪の毛が細くなることで、全体的にボリュームが減ってしまうため、薄毛にも見らやすいのです。

他にも女性ホルモンの減少で、FAGA(男性型脱毛症)や、びまん性脱毛症などが起きると考えられています。

円形脱毛症などにも注意しなければなりません。

このようなことから、薄毛に悩んでいる女性は女性ホルモンのバランスを意識する必要があるでしょう。

間違ったヘアケアにも注意が必要です


女性の薄毛は、女性ホルモンの影響もありますが、間違ったヘアケアも関係しているので、気をつけなければなりません。

例えば、一般的に使用されているシャンプーには界面活性剤が使われているのですが、洗浄力が高いものの場合、必要な皮脂まで取り除いてしまうこともあるので注意が必要です。

頭皮を清潔にすることが、薄毛対策になると考えている人もいるでしょう。

完全に取り除ければダメだと考えがちですが、必要な皮脂まで取り除けば、今度は頭皮の乾燥が起きる可能性が出て来るのです。

頭皮の乾燥は皮脂の過剰分泌やフケにつながるとも考えられています。

薄毛に悩まされている女性にとっては、この問題は無視できないでしょう。

だからこそ、頭皮に優しいシャンプーなどを使用する必要があります。

例えばノンシリコンのものや、成分が天然由来のもの、イソフラボンが含まれているようなものが良いと言われています。

イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きがあるとされており、対策として期待できるようです。

シャンプーだけではなく、薄毛対策として育毛剤を使用するのも良いでしょう。

イソフラボンなど、女性ホルモンに関係する成分が配合されているものがおすすめです。

女性ホルモンの乱れも頭皮に悪影響を与えます

日常生活においても、注意しなければならないことがあります。

日々の暮らしの中で薄毛を招く原因として注意しておきたいのは、ストレスでしょう。

ストレスで自律神経やホルモンバランスが乱れると、頭皮に悪影響があると考えられているからです。

例えば、頭皮へ栄養を運ぶ血流が悪くなり、薄毛につながると考えられています。

ストレスが原因となって起きる脱毛症には、円形脱毛症などがあります。

ただ、日常生活を普通に送るだけでも、ストレスはかかってしまうものです。

だからこそ、上手にストレスを発散させることが大切だと言えます。

その上で、頭皮に良いシャンプーや、育毛剤を使用することで、適切な対策ができます。

他にも注意したいのが過度なダイエットです。

過剰な食事制限を行うと、髪の毛に渡る十分な栄養が確保できないと考えられるからです。

食事で得た栄養は優先的に心臓など、生命活動に必要な臓器へ渡ると言われています。

髪の毛は、優先順位がさほど高くないため、栄養が届かず、薄毛につながる可能性が高いとされているのです。

他にも髪の毛をきつく結んでいる人も気をつける必要があります。

これも強く毛髪が引っ張られることで、抜け毛につながると考えられるのです。

このように、日常生活で普段何気なくやっている習慣なども、薄毛に関係している場合があります。

(まとめ)女性ホルモンが関係する薄毛の原因や対策は何がある?

1.女性ホルモンは髪の新陳代謝に関係しており、ホルモンバランスの乱れに注意することなどによって薄毛対策が可能です

女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、毛髪にも悪影響が出て来ます。

他にも、間違ったヘアケアにも注意が必要です。

イソフラボンが含まれたヘアケア用品が良いと言われています。

ホルモンバランスの乱れにも注意が必要です。

2.女性ホルモンが減少することが薄毛の原因のひとつと言われています

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。

特にエストロゲンは、髪の毛に大きな影響を与えると言われているホルモンです。

エストロゲンが減ることで、毛髪が細くなったり、パサつきが出たりすると考えられています。

3.間違ったヘアケアにも注意が必要です

女性ホルモンの減少などが薄毛に関係しますが、間違ったヘアケアにも注意しなければなりません。

界面活性剤が使われているようなシャンプーなどを使いすぎると頭皮が乾燥します。

天然由来成分や女性ホルモンに関係するヘアケア用品が良いでしょう。

4.女性ホルモンの乱れも頭皮に悪影響を与えます
日常生活でも薄毛に関係することがたくさんあります。

例えばストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れは頭皮に悪影響が出るからです。

過度なダイエットなどにも注意してください。

Pocket

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る