薄毛や抜け毛対策は女性ホルモンを増やすのが良いの?

女性ホルモンのバランスを整え増やすことが薄毛や抜け毛の対策になるとされています


薄毛や抜け毛に悩まされているなら、女性ホルモンのバランスを意識しましょう。

なぜならば、ホルモンバランスの乱れや減少が、薄毛や抜け毛につながると考えられているからです。

そのために対策のひとつとしてエストロゲンを補う栄養成分が含まれたヘアケア用品や育毛剤を使用も良いでしょう。

例えば、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンなどが有効と考えられています。

ただ、ヘアケア用品を使用するだけではなく、女性ホルモンのバランスを乱すストレスなどの問題を解消することも大切です。

女性ホルモンのバランスが乱れることで薄毛や抜け毛が引き起こされることがあります

薄毛や抜け毛に悩まされている女性は、女性ホルモンのバランスを意識する必要があると言われています。

例えば、出産をご経験された人の中に、産後、過剰な抜け毛を経験された人も居るでしょう。

これは、ホルモンバランスが変わることによる抜け毛が可能性のひとつとして考えられているのです。

他にびまん性脱毛症も、ホルモンバランスの影響を受けて起きる脱毛症と言われています。

更年期頃になった時、女性ホルモンの分泌量が低下して起きるのがその理由と考えられるからです。

髪の毛が細くなる、頭頂部から薄くなっていくなどが特徴のひとつとして挙げられます。

ただ、更年期だけではなく、過剰なダイエットも、ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因のひとつとして考えられているので気をつけてください。

女性に多いと言われているのが、円形脱毛症です。

ひとつの原因として、ストレスにより自律神経やホルモンバランスが乱れることで、薄毛や抜け毛が引き起こされると考えられています。

自律神経やホルモンバランスが乱れると、血流も悪くなるのがその理由として考えられているのです。

血流が悪くなると、頭皮へ栄養が十分に届かなくなります。

そのため、抜け毛につながると言われているのです。

このように、女性の薄毛や抜け毛は女性ホルモンの増減やバランスの乱れが大きく関係していると考えられています。

イソフラボンなどが配合されたヘアケア用品が対策のひとつです


薄毛の原因として女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れが関係している場合、女性用の育毛剤やヘアケア用品を使うのも対策が期待できるでしょう。

女性ホルモンの中でも、特に髪の毛への影響が大きいのがエストロゲンと考えられています。

女性用の育毛剤やヘアケア用品には、不足したエストロゲンを補う栄養成分が配合されているものもあります。

何も手を打たなければ、相対的に薄毛や抜け毛の原因にもなる男性ホルモンが増えるリスクが高くなるのです。

薄毛や抜けが増えれば、ストレスが生じる可能性も高まるでしょう。

ストレスにより自律神経やホルモンバランスの乱れが起きれば、薄毛や抜け毛が余計に進行するという悪循環に陥る危険性も考えなければなりません。

では、具体的にどのようなヘアケア用品を使用すれば良いのでしょうか?

ポイントはイソフラボンです。

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると考えられています。

そのため、イソフラボンが含まれたようなヘアケア用品を利用することで、頭皮に必要な栄養分を与えられますから、薄毛対策が期待できるのです。

ヘアケア用品以外だと、大豆イソフラボンを食事から摂取するのも良いでしょう。

特に大豆イソフラボンが多く含まれているのは、大豆類やみそです。

大豆イソフラボンが配合されたシャンプーや育毛剤を利用しながらも、同時に、食事からも摂取するのが効果的な薄毛や抜け毛対策と言えます。

ストレス対策や食生活も重要です

女性ホルモンのバランスが乱れて薄毛や抜け毛が起きないようにするためには、ストレス対策を行うことも重要でしょう。

仕事や育児など積極的に行っていると、どうしてもストレスが溜まります。

だからこそ自分なりのストレス対策を見つけ出さなければなりません。

例えば大声を出すだけでも、ストレス解消になると言われています。

カラオケなどでストレス発散をしても良いでしょう。

ウォーキングやヨガと言った軽い運動などもストレス解消につながると考えられています。

また、適切な使い方をすれば効果が期待できるヘアケア用品ですが、過度に使いすぎると頭皮や髪に良くないです。

例えば髪を薄くする原因のひとつに、毛穴に皮脂が詰まることが指摘されています。

そうなると髪が細くなり、ボリュームが少なく見えることも多いのです。

頭皮も清潔にしなければならないと、過剰に髪を洗ってしまう人がいます。

しかし必要な皮脂まで洗い流すことで、今度は乾燥した頭皮になる可能性が出て来るため、そうならないよう注意してください。

(まとめ)薄毛や抜け毛対策は女性ホルモンを増やすのが良いの?

1.女性ホルモンのバランスを整え増やすことが薄毛や抜け毛の対策になるとされています

女性ホルモンの減少やバランスの乱れが薄毛や抜け毛につながります。

大豆イソフラボンを育毛剤や食事から摂取して女性ホルモンを補ったり、ストレス対策を行ったりすることなどが毛髪を増やすことに効果的だと言えるでしょう。

2.女性ホルモンのバランスが乱れることで薄毛や抜け毛が引き起こされることがあります

女性の薄毛や抜け毛は女性ホルモンのバランスがポイントです。

バランスが乱れると脱毛症が起きると言われています。

出産や過剰なダイエット、ストレスや自律神経の乱れでもホルモンバランスが乱れて、毛髪に影響が出ることがあります。

3.イソフラボンなどが配合されたヘアケア用品が対策のひとつです

女性ホルモンの減少が薄毛に関係しているなら、女性用の育毛剤やヘアケア用品で対策が期待できます。

特にエストロゲンを補う栄養成分が配合されているものが良いでしょう。

他にも女性ホルモンに似た働きを持つ、大豆イソフラボンも対策が期待できるのです。

4.ストレス対策や食生活も重要です

女性ホルモンのバランスが乱れて薄毛や抜け毛が起きないように、ストレス対策を行うことも大切です。

ウォーキングやヨガなどの軽い運動をおすすめします。

また、ヘアケア用品の使いすぎや過剰な洗髪も、頭皮や髪に悪いので注意しましょう。

Pocket

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る