髪と女性ホルモンや食べ物にはどんな関係があるの?

髪が薄くなる原因に女性ホルモンの減少や食べ物の栄養分が関係します


女性の薄毛は、女性ホルモンの分泌量が原因のひとつとして考えられています。

更年期に差し掛かると女性ホルモンが減少し、毛髪に悪影響を与えるからです。

そのため、女性型脱毛症などが引き起こされることが理由として考えられます。

そんな女性ホルモンの減少は、食べ物で対策ができると言われています。

例えば、大豆イソフラボンやたんぱく質が育毛に良い食べ物として知られています。

大豆イソフラボンが豊富に含まれている食材として、納豆や豆腐、たんぱく質は鶏肉などがあります。

ただ、育毛や女性ホルモンの分泌に良い食べ物だとしても、そればかり食べていては栄養バランスが偏ります。

そのため、女性ホルモンを意識した食生活をするなら、栄養バランスを考えて上手に取り入れましょう。

また、大豆イソフラボンが取り入れられたヘアケア用品などを使うのも効果的でしょう。

女性ホルモンの分泌量が減ることが薄毛の原因と考えられています

女性が薄毛になる原因のひとつに、女性ホルモンの分泌量が関係していると考えられています。

年齢が20~30代と若い頃は良いのですが、更年期に差し掛かると一般的に女性ホルモンの分泌量が減るからです。

女性ホルモンは毛髪の成長やヘアサイクルに関係しています。

そのため女性ホルモンの分泌量が減ると、毛髪に大きな影響があると考えられるのです。

例えば女性型脱毛症などのリスクが高まると言われています。

この女性型脱毛症は、頭頂部の広い範囲で、頭髪が薄くなるのが特徴のひとつです。

出産後脱毛も、女性ホルモンの減少が頭髪に影響を与えるために起きる脱毛症と言われています。

妊娠中、妊娠前より女性ホルモンが多く分泌されていると考えられており、脱毛が起こることはほとんどないと言われています。

そして、出産後、女性ホルモンの分泌量が妊娠前と同じ状態に戻ります。

すると、妊娠時になって抜けるはずだった毛髪が一気に抜けるケースがあるのです。

これが出産後脱毛のメカニズムのひとつの可能性として考えられています。

しかし正常な状態に戻るわけですからこの脱毛は、一時期で終わることが多いです。

そのため、出産後脱毛症では、再び毛髪が生えて来ることが少なくありません。

大豆イソフラボンやたんぱく質で対策ができます


女性ホルモンによる薄毛は、摂取する食べ物により対策ができると言われています。

その代表的な例が、大豆イソフラボンです。

女性ホルモンのひとつにエストロゲンというものがあります。

大豆イソフラボンは、そのエストロゲンと化学構造や働きが似ていると言われている栄養素です。

そのため、更年期で女性ホルモンの分泌が減って薄毛になった場合、対策として大豆イソフラボンを補うことが良いと考えられているのです。

大豆イソフラボンは、薄毛対策以外にも健康全般で役立ってくれると言われており、活性酸素を抑えるサポートをすると考えられています。

この活性酸素は、老化にも関係しているとされているため、大豆イソフラボンの抗酸化が髪のツヤやハリを保ち、新陳代謝のサポートになると考えられています。

大豆イソフラボンは、食物から摂取することが可能です。

例えば、納豆や豆腐や、油揚げやみそ、きな粉などが、豊富に含まれている代表的な食べ物として挙げられるでしょう。

ほかにも、頭髪に良い影響があると考えられている栄養素のひとつに、たんぱく質もあります。

たんぱく質は、髪だけではなく、内臓や爪を構成している成分です。

そのため、たんぱく質が不足すると髪の毛は材料が不足してしまうと考えられています。

これも薄毛の原因のひとつと言われているのです。

たんぱく質が豊富に含まれている食材として、鶏肉や卵や鮭、牛乳などがあります。

栄養バランスを意識しヘアケア用品を併用すると対策ができます

女性ホルモンの分泌を促すと言われる食べ物もあります。

例えば、かぼちゃです。

かぼちゃのビタミンEが、女性ホルモンの分泌に関係する、脳下垂体などに働きかけると考えられています。

かつおやまぐろやさんまなども良いと言われる栄養分が含まれているからです。

これらの魚にはビタミンB6が含まれています。

ビタミンB6はビタミンEと同じく、女性ホルモンの分泌を促進させると考えられています。

逆に頭髪に悪い食べ物もあるので注意してください。

まず、糖分や塩分の過剰摂取には注意した方が良いと言われています。

また、薄毛に良いという食品でも、ひとつの食べ物を過剰に摂取するのも良くないと言えるでしょう。

大豆イソフラボンが髪の毛に良いからと言って、そればかり食べていると他の栄養素が不足してしまうからです。

それはたんぱく質も同じです。

髪の毛に良い食べ物を摂取する時は、栄養バランスに注意してください。

その上で、大豆イソフラボンや女性ホルモンの分泌に良い食べ物を摂取することが、減少した女性ホルモンを補う対策のひとつになると言えるでしょう。

(まとめ)髪と女性ホルモンや食べ物にはどんな関係があるの?

1.髪が薄くなる原因に女性ホルモンの減少や食べ物の栄養分が関係します

更年期では女性ホルモンが減少するため毛髪に悪影響があります。

女性ホルモンの代わりになると考えられているのが大豆イソフラボンです。

また、大豆イソフラボンが含まれているようなヘアケア用品も併用すると良いでしょう。

2.女性ホルモンの分泌量が減ることが薄毛の原因と考えられています

女性の薄毛は、女性ホルモンの分泌量が減少することが原因のひとつです。

更年期に差し掛かると女性ホルモンが減少し、髪が育たないと言われています。

脱毛症のひとつ、出産後脱毛なども女性ホルモンが影響していると考えられているのです

3.大豆イソフラボンやたんぱく質で対策ができます

女性ホルモンが減少し、髪に影響が出て来たら大豆イソフラボンを摂ることで対策になると言われています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと働きが似ているとされているからです。

他にも、たんぱく質は髪に効果的とされています。

4.栄養バランスを意識しヘアケア用品を併用すると対策ができます

女性ホルモンに良い食べ物はイソフラボンだけではありません。

かぼちゃのビタミンEや魚類のビタミンBも女性ホルモンに良い影響を与えると考えられています。

逆に糖分や塩分の過剰摂取は、髪に悪影響を与えると言われているので注意しましょう。

Pocket

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る