女性の頭皮がピリピリ痛いのはいったい何が原因?

頭皮がピリピリ痛むのは乾燥と頭皮神経痛が主な原因です

74841fa913cd43168ca99f53934a387c_s
何もしていないのに、頭皮がピリピリ痛むことがありますか?

この痛みの原因としては、頭皮が乾燥によって痛んでいる場合頭皮神経痛という病気の場合があります。

頭皮も肌ですから、体の他の部位の肌と同じように、乾燥すると肌のバリア機能が衰え、刺激に敏感になってピリピリ痛くなることがあります。

簡単にいえば、乾燥によって頭皮が荒れてしまっている状態です。

かゆみを伴う場合もあります。

また、頭皮神経痛になると電気が走ったようなピリッとした痛みが走ります。

頭痛のように頭の奥で痛むのではなく、頭皮に痛みを感じるのが特徴で、後頭部や頭頂部で多く感じられます。

なぜこの痛みが生じるのか原因は分かっていませんが、ストレスや体の疲れが関係しているようです。

頭皮の痛みの種類と肌質との関係

頭皮に起こるトラブルとしては、かゆみと痛みが多いです。

このうち、痛みはピリピリといった痛みの他に、ひりひりする、ちくちくするという痛みの場合もあります。

頭痛のように頭の奥で感じる痛みはズキズキ、ガンガン痛むことが多いですが、頭皮の表面に感じる痛みは電気が走るようなピリピリした痛みであることが多いです。

痛みは一過性ではなく、一日に何度も断続的に起こる場合もあります。

かゆみや痛みが生じるのは、肌質とも関係があります。

頭皮も肌ですから、その人ごとのスキンタイプがあります。

顔には乾燥肌、脂性肌、敏感肌などいろいろなタイプがありますが、頭皮の肌質は乾燥肌と脂性肌に大別されます。

頭皮がピリピリ痛くなる原因のひとつに、こうした肌タイプが影響している場合があります。

自分がどちらの肌質なのかは、洗髪した後の状態を見れば分かります。

洗髪して1時間くらいで適度に潤っているのが健康な頭皮です。

1時間経っても頭皮が潤わない場合は、乾燥肌の可能性があります。

自分の肌質を意識して保湿を心がけるとよいでしょう。

ピリピリ痛む理由とは

af9940073845l
肌質が乾燥肌である場合はもちろん、普通肌でも乾燥する場合があります。

たとえば、真冬に冷たい北風に当たると顔がピリピリと痛いことがありますが、頭皮も肌ですから同じ症状が起こりえます。

髪で覆われているとはいえ、頭皮も外気の影響を受けてしまうのです。
乾燥すると肌がピリピリ痛くなるのは、肌を守ってくれている角質層が弱く薄くなってしまっているために、肌の保水力が低下し、角質内部の水分量が減るからです。

乾燥肌とは一般的に、角質の水分が通常の水分の約3割以下である状態をいいます。

この状態では、肌のバリア機能が衰えるので、肌の深層にまで外気の刺激が伝わってしまいます。

その結果、ピリピリとした痛みを頭皮に感じることになってしまうのです。

また、頭皮がピリピリ痛む原因としては、頭皮神経痛が起こっている場合もあります。

頭皮神経痛は、肌の表面に電気が走るような痛みが起こるもので、原因としてはストレスや体調不良、生活リズムが崩れて疲れているなどといった場合に起こりやすくなります。

また、風邪を引いて熱が出ているときに起こるケースもあります。

頭皮がピリピリ痛むときに注意すべきこと

頭皮がピリピリ痛む原因には、肌質も含めて肌が乾燥してしまうことと、頭皮神経痛とがあります。

ですから、頭皮が痛むときには、これらの原因を除去することが大切になります。

まず、乾燥肌の対策としては、シャンプーのしすぎに注意しましょう。

痛かったり、痒かったりするからとシャンプーを使えば使うほど、乾燥肌をひどくしてしまいます。

冬場などは洗髪の回数を減らし、2、3日に一度くらいのペースにしてもよいかもしれません。

リンスやコンディショナーのすすぎ残しも肌には刺激になりますので、よくすすぐようにします。

洗髪後は良く乾かし、保湿をしっかりすることも大事です。

さらに、外出時には帽子をかぶるなどして、寒い外気に当たらないようにします。

夏場は紫外線に当たって日焼けして乾燥が進むことがありますから、日傘や帽子などで肌を保護するとよいでしょう。

頭皮神経痛の場合は、原因となる生活習慣を改善することが痛みの対策になります。

睡眠不足やストレス、不規則な生活など良くない習慣を見直します。

(まとめ)女性の頭皮がピリピリ痛いのはいったい何が原因?

1.頭皮がピリピリ痛むのは乾燥と頭皮神経痛が主な原因

頭皮がピリピリ痛む原因としては、乾燥と頭皮神経痛があります。

頭皮が乾燥によって痛んでいると、肌のバリア機能が衰えて外からの刺激でピリピリ痛くなることがあります。

また、ストレスなどを原因とする頭皮神経痛という病気もあります。

2.頭皮の痛みの種類と肌質との関係

頭皮に起こるトラブルのうち、痛みはピリピリといった痛みの他に、ひりひりする、ちくちくするという痛みの場合もあります。

痛みの原因としては肌質が関係しています。

頭皮の肌質は大きく分けて乾燥肌と脂性肌があります。

頭皮が痛くなるのは乾燥肌かもしれません。

3.ピリピリ痛む理由とは

乾燥すると角質が弱く薄くなり、肌の保水力が低下してピリピリ痛みます。

肌のバリア機能が衰えて肌の深層にまで外気の刺激が伝わるのです。

また、頭皮がピリピリ痛む原因としては、頭皮神経痛が起こっている場合もあります。

4.頭皮がピリピリ痛むときに注意すべきこと

原因となる乾燥と頭皮神経痛の原因を取り除くことが大切です。

洗髪しすぎに注意し、リンスはしっかりすすぎます。

外出時には帽子をかぶるなどして、寒い外気や紫外線から頭皮を保護します。

頭皮神経痛の場合は、原因となる生活習慣を改善することが痛みの対策になります。

Pocket

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
薄毛の症状を女性用スカルプDで改善

関連記事

ページ上部へ戻る