フケの症状を軽減できるブラシの使い方はある?

はい。正しいブラシの使い方で、健康な頭皮に近づけます


フケやかゆみに悩む女性は多いのではないでしょうか。

髪をとかしたり、ツヤを出したりするためのブラシは、そのまま頭皮のブラッシングに使用すると、皮膚を傷めてしまうこともあります。

頭皮のブラッシングは、フケやかゆみの症状を軽減し、健康な頭皮に近づくための第一歩です。

頭皮をブラッシングする際には、頭皮専用のブラシを購入しましょう。

高級品も多いようですが、1500円から2000円程度で購入できる、肌に優しい木製のものもあるようです。

真ん中にふくらみがあり、クッション性のあるものがよいでしょう。

これらの頭皮用ブラシは、基本的にはシャンプー前の乾いた髪に使用します。

ブラシのクッションを活用しながら、軽く汚れを浮き上がらせるような感覚でブラッシングします。

フケやかゆみがあるからといって、頭皮をこそげるようにしないことが大切です。

今日、フケを取り去ってしまうのは難しくても、正しいブラッシングをおこなうことで少しずつ頭皮を健康に近づけていきましょう。

頭皮のブラッシングに適したブラシを使いましょう

多くの女性が、髪をブラッシングするためのブラシや櫛を使っていると思います。

頭皮のブラッシングをおこなう際には、専用のブラシを使うようにしましょう。

多くの頭皮専用ブラシは、真ん中がふくらんでおり、クッション性があるようです。

プラスチック製や金属製、動物の毛のものもありますが、価格も手頃で頭皮や髪に優しい、木製のものがおすすめです。

柄だけでなくブラシのピンの部分も木製で、先が丸くなっていると、より頭皮によいようです。

最近はシャンプー時専用のブラシも数多く登場しています。

が、シャンプー時専用のブラシは、乾いた髪には使わないほうがよさそうです。

シャンプー専用のブラシは、クッション性に乏しいものが多いためです。

シャンプー前のブラッシングは、汚れを浮かす感覚で


頭皮ブラシは、基本的には髪が乾いた状態で、頭皮を中心にブラッシングします。

頭皮や髪の汚れを浮かせて、シャンプー時に、より汚れを落としやすくする効果があります。

また、同時に髪をとかして絡みをなくすことで、シャンプーの際に髪が傷むことを予防できます。

頭皮のブラッシングは、髪の生え際(下)から頭頂部(上)に向かって、ゆっくりブラシを動かしておこないましょう。

毛穴は髪の流れに従い下に向かっているため、逆にブラッシングすることで汚れが浮き上がりやすくなるようです。

ブラッシングにより、頭皮マッサージの効果も同時に得られそうです。

頭皮の血流がよくなることで栄養がいき渡るようになれば、健康な頭皮への道筋ができるでしょう。

過剰なブラッシングは逆効果になることがあります

フケやかゆみを気にするあまり、頭皮を強くブラッシングしたり、無理にフケを取ろうとしたりしないよう注意しましょう。

フケを取り除こうとしすぎると、新しくできあがろうとしている未熟な皮膚が傷つく恐れがあります。

軽めの頭皮ブラッシングを継続しておこなうことで、少しずつ健康な頭皮に近づけて、フケやかゆみを軽減することを目指しましょう。

また、シャンプー時に、シャンプー専用ブラシを使ってブラッシングする際には強く洗いすぎないように気をつけましょう。

濡れた髪は、乾いている時よりもダメージを受けやすいため、シャンプー時のブラッシングによって髪を傷めるかもしれません。

また、頭皮の皮脂を取りすぎてしまうと洗髪後しばらくの間は、頭皮が乾燥状態となることがあります。

その結果、頭皮が皮脂を過剰に分泌して、再びフケや脂っぽさを感じる、という悪循環に陥る恐れがあります。

(まとめ)フケの症状を軽減できるブラシの使い方はある?

1. はい。正しいブラシの使い方で、健康な頭皮に近づけます

頭皮のブラッシングは、フケを軽減し、健康な頭皮になるための近道です。

頭皮をブラッシングする際には、頭皮専用のブラシを購入して使用しましょう。

基本的にはシャンプー前、軽く汚れを浮き上がらせるような感覚でブラッシングします。

頭皮をこそげるようにしないことが大切です。

2. 頭皮のブラッシングに適したブラシを使いましょう

多くの頭皮専用ブラシは、真ん中がふくらんでおり、クッション性があるようです。

柄だけでなくブラシのピンの部分も木製で、先が丸くなっているものが頭皮によいようです。

シャンプー時専用のブラシは、乾いた髪には使わないほうがよさそうです。

3. シャンプー前のブラッシングは、汚れを浮かす感覚で

ブラッシングには、頭皮や髪の汚れを浮かせて、シャンプー時に汚れをより落としやすくする効果があります。

頭皮のブラッシングは、髪の生え際(下)から頭頂部(上)に向かって、ゆっくりブラシを動かしておこないましょう。

頭皮の血流がよくなることで栄養がいき渡るようになれば、健康な頭皮への道筋ができるでしょう。

4. 過剰なブラッシングは逆効果になることがあります

フケやかゆみを気にするあまり、頭皮を強くブラッシングしたり、無理にフケを取ろうとしたりしないよう注意しましょう。

シャンプー時、シャンプー専用ブラシを使ってブラッシングする際には強く洗いすぎないように気をつけましょう。

Pocket

アンファー スカルプD
公式通販サイトはこちら
この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る