女性の抜け毛と切れ毛、自分でできる見分け方はある?

抜け毛と切れ毛を見分けるポイントは、抜けた髪の根元チェックです

471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s
「抜け毛」と「切れ毛」は、どちらも「抜けている髪の毛」なので、原因や対策は同じものと思っている方もいるかもしれません。

しかし、このふたつは違います。

間違った認識で対策をしても効果はありませんので、正しく見分けられるようにしましょう。

見分けるポイントは、根元のチェックです。

抜け毛は「抜けた髪」なので毛根がついています。

マッチ棒のような丸い毛根の場合は健康な抜け毛、細く尖っていたり白いヒゲのようなものがついていたりする場合は、不健康な抜け毛です。

一方の切れ毛は「切れた髪」なので毛根がありません。

切れた髪の根元は、ハサミでパツンと切ったような断面になっています。

また、髪がダメージを受けて簡単に切れてしまうことが多いため、抜けた髪にパサつきや枝毛などのトラブルが見られることもあります。

このように抜けた髪の根元を中心に確認することで、抜け毛か切れ毛か見分けることができます。

正しく見分けて、抜け毛には頭皮マッサージなどの頭皮ケア、切れ毛にはトリートメントなどのダメージケアをしていきましょう。

さらに、いずれの症状にも栄養バランスのよい食事や良質な睡眠は重要ですので、生活習慣の見直しも大切です。

抜け毛の状態

抜け毛には、自然な生え変わりによって抜け落ちた抜け毛と、毛周期の乱れによって成長の途中で抜けてしまった抜け毛があります。

自然な生え変わりによる抜け毛は、毛根がマッチ棒のように丸くなっています。

さらに毛先は、美容院でカットした状態で伸びていますので、根元から毛先まで同じ太さです。

不健康な抜け毛の場合、毛根は細く尖っています。

あるいは、毛根の先に細いヒゲ状のものがついていたり、毛根に白い付着物があったりすることもあります。

このように毛根が丸くなくいびつな形をしている抜け毛は、注意が必要です。

また、不健康な抜け毛には、髪全体が細い、弱々しい、などの特徴もあります。

これらが、抜け毛を見分けるポイントです。

切れ毛の状態

Fotolia_91239765_Subscription_Monthly_M
切れ毛は、絡まっている髪を無理にとかそうとして引っ張ったときにちぎれることもありますが、無理なブラッシングではなく通常のケアで切れる場合もあります。

また、寝ている間に枕でこすれたり、ジョギング中に髪同士がぶつかったりすることでも切れます。

このように簡単に切れるのは、髪がダメージを受けているからです。

ダメージを受けて切れた髪は、毛根がありません。

切れた髪の根元には断面があり、ハサミでパツンと切ったような状態となっているケースが大半です。

また、ダメージを受けているため、抜けた髪がパサついている、毛先に枝毛がある、などのトラブルが見られます。

さらに、切れて頭皮に残っている方の髪は、スタイリングするときにピンピンはねることもあります。

こうした状態の髪があるときは、抜け毛ではなく切れ毛です。

正しく見分けて適切なケアを

上記のように、抜け毛と切れ毛は違うものですので、適したケアも異なります。

それぞれ原因は複数ありますが、大きく「抜け毛は頭皮環境の悪化」「切れ毛は髪のダメージ」と分けることができます。

ですから、「抜け毛対策としては、頭皮環境を正常にして毛周期を整えること」「切れ毛対策としては、丁寧なお手入れをしてダメージを減らすこと」となります。

頭皮環境を整えるためには、頭皮の凝りをほぐす、血行をよくする、といった効果が期待できる頭皮マッサージがおすすめです。

ダメージを減らすためには、トリートメントをしっかりすることやシャンプー剤の見直し、ドライヤーできちんと乾かすこと、などが挙げられます。

こうしたケアのほか、抜け毛と切れ毛に共通している対策として「充分な栄養と休養」があります。

栄養バランスのよい食事と良質な睡眠は、健康な頭皮と髪に重要です。

ですから食事と睡眠を見直しましょう。

そのほか、ストレスを溜めないようにすることも大切です。

(まとめ)女性の抜け毛と切れ毛、自分でできる見分け方はある?

1. 抜け毛と切れ毛を見分けるポイントは、抜けた髪の根元チェックです

抜け毛と切れ毛は、どちらも抜けた髪ですが原因や対策は異なります。

見分け方は、抜け毛は抜けた髪なので毛根がついていることに対し、切れ毛は切れた髪のため毛根がなくパツンとした断面が確認できます。

2. 抜け毛の状態

抜け毛の根元には毛根がついています。

健康な抜け毛はマッチ棒のように丸く、不健康な抜け毛は細く尖っていたり、白いヒモ状のものがついていたりします。

また根元から毛先まで同じ太さなのも特徴です。

3. 切れ毛の状態

切れ毛は途中から切れてしまった髪のため、毛根がついていません。

切れた髪には断面があり、ハサミでパツンを切ったような状態です。

また、簡単に切れるのは髪がダメージを受けているためなので、パサつきや枝毛などのトラブルも見られます。

4. 正しく見分けて適切なケアを

抜け毛対策としては、頭皮マッサージなどで頭皮の凝りをほぐしたり血行をよくしたりすることが大切です。

切れ毛対策としては、トリートメントやドライヤーの使い方などを見直しダメージを減らすことがポイントです。

Pocket

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る