抜け毛と脱毛の違いはある?ない?

抜け毛と脱毛の違いはなく同じ意味で使われる場合もあります

251cea7296738e4fbf0de3f00a7a973d_s
抜け毛と脱毛は本来違うものです。

抜け毛は抜け落ちるものであるのに対し、脱毛は抜くものです。

しかし、どちらも同じように、髪が本来の生え変わりサイクルよりも早く抜ける意味で使われることもあります。

円形脱毛症や産後脱毛症などは抜け毛と同じ意味で使われているといえるでしょう。

抜け毛が多い状態を脱毛症と呼ぶ場合があるということです。

こうした症状を引き起こすのはストレスや間違ったヘアケア、ホルモンバランスの乱れなどで、抜け毛の原因と基本的には同じです。

肌と同じようにストレスがかかると、頭皮の血行が悪くなるので髪の成長を損ねます。

また、ホルモンバランスが悪くなれば、髪の生え変わりサイクルが乱れて本来の寿命よりも早く抜けてしまったり、健康な髪が生えてこなくなったりします。

また、女性の場合は髪をひっぱるヘアスタイルをすることがあり、長時間髪を引っ張ってしばっておくような髪型をしていると髪が抜けやすくなってしまいます。

抜け毛と脱毛は同じような意味で使われることもある

抜け毛と脱毛は、ともに毛が抜けるという点で似ています。

同じことのように思えますが、実は違うことをご存知でしょうか。

ひとことでいってしまえば、抜け毛は自然と抜けるもの、脱毛は抜けるのではなくて抜くものというのがまず基本的な言葉の意味です。

むだ毛の脱毛というように、健康に生えている毛を抜くことを脱毛というのが本来の語義です。

しかし、円形脱毛症に見られるように、脱毛が抜け毛と近い意味で使われることもありますので紛らわしくなります。

薄毛も正式には脱毛症と呼ばれています。

一般に抜け毛は薄毛につながるので心配な症状です。

原因はさまざまですが、原因を取り除き抜け毛をストップさせることで薄毛にならないようにすることが大切です。

脱毛は、男性型脱毛症や老人性脱毛症のように、薄毛のことをいいます。

また、円形脱毛症や産後脱毛症というものもあります。

これらは体内に何らかの原因があって、髪の発育に影響が出ています。

抜け毛の原因は 3つある

476b038a9e79d80c9c5e974073b17093_s
女性の抜け毛の原因は主に3つあります。

ストレスとホルモン、そして生活習慣です。

まず、ストレスが髪に悪い影響を与えることは男性でも女性でも同じです。

髪も肌と同じように一定のサイクルで生まれ変わりを繰り返していますから、ストレスが過剰にかかるとこのサイクルが乱れてしまいます。

自然のサイクルよりも早く抜けたり、新しい毛が生えにくくなったりします。

また、ホルモンバランスも、ストレスや加齢によって乱れます。

女性の場合は、年を重ねると女性ホルモンが少なくなるので、抜け毛や薄毛を引き起こす場合があります。

さらに、女性特有の原因としては、ヘアスタイルも原因としてあげられます。

女性は長い髪を結ぶことが多いですが、髪を引っ張ることになります。

髪を引っ張る状態が続くわけですから、髪に大きな負担をかけます。

お気に入りのヘアスタイルがあっても、たまには結わかないスタイルにする、一日中しばりっぱなしにしないなど注意が必要です。

脱毛症の原因もストレスやホルモン

脱毛症にはいくつか種類があります。

一般に薄毛のことは脱毛症と呼びます。

男性に広く見られる薄毛は男性脱毛症といいます。

ホルモンバランスなど男性特有の原因があって起こり女性には少ないものです。

逆に女性特有のものとしては、産後脱毛というものがあります。

妊娠中は女性ホルモンがたくさん分泌されているので脱毛を起こしにくくなっているのですが、産後にホルモンバランスが元に戻ると、脱毛を起こします。

一時的なもので、通常は数ヶ月〜1年ほどで改善するようです。

また、脱毛としては円形脱毛症が有名です。

髪が小さな円形の形で抜け落ちてしまうもので、全体的に薄毛になるのではなく、他の部分とははっきりした境目を作るのが特徴です。

原因としてはストレスで血行が悪くなることがあげられます。

間違ったヘアケアも脱毛症の原因になります。

また、遺伝的になりやすい傾向がある人とそうでない人がいるようです。

気がついたら、すぐに受診して適切な治療を受けることが大切です。

(まとめ)抜け毛と脱毛の違いはある?ない?

1.抜け毛と脱毛の違いはなく同じ意味で使われる場合もあります

抜け毛と脱毛は同じ意味で使われることも多く、抜け毛も脱毛も正しいサイクルではなく髪が抜けてしまう状態をさします。

原因を見てもストレスや生活習慣など同じようなことが原因になっています。

抜け毛が多い状態が「〜脱毛症」という名で呼ばれているようです。

2.抜け毛と脱毛は同じような意味で使われることもある

抜け毛と脱毛は、本来の言葉の意味としては抜けるのか抜くのかで違いがあります。

しかし、同じ意味で使われることも多く、抜け毛が多い状態を脱毛症とよんでいます。

この意味では、抜け毛も脱毛も正しいサイクルではなく髪が抜けてしまうという意味になります。

3.抜け毛の原因は 3つある

抜け毛の原因は、ストレスとホルモン、生活習慣です。

ストレスがかかると髪の毛の生え変わりサイクルが乱れるので、自然のサイクルよりも早く抜けてしまったり、健康な新しい毛が生えにくくなることがあります。

加齢によっても抜け毛は増えます。

また、女性はヘアスタイルが原因で抜け毛が増えることもあります。

4.脱毛症の原因もストレスやホルモン

抜け毛が多い状態を脱毛症と呼ぶ場合があります。

よく知られているのは円形脱毛症や産後脱毛症です。

こうした症状を引き起こすのはストレスや間違ったヘアケア、ホルモンバランスの乱れなどで、抜け毛の原因と同じです。

Pocket

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る