女性ホルモンが少ないと薄毛になる?

女性ホルモンが少ないと、薄毛の原因になると言われています


女性ホルモンは20代後半くらいにピークを迎え、その後分泌量は徐々に低下していくと言われています。

閉経するとその分泌量はごくわずかになるとも言われており、これが女性の薄毛の原因のひとつと考えられています。

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」にはお肌を美しく保つ働きのほか、健やかな髪をつくるなどのさまざまな働きがあります。

女性ホルモンの働きや増やし方を知り、薄毛を対策して美しい髪をキープしていきましょう。

女性ホルモンは更年期になると、急激に減少してしまいます

エストロゲンは女性ホルモンのひとつですが、このエストロゲンには髪の毛やお肌を美しく保つ働きがあると言われています。

エストロゲンはひとりの女性の一生で、ティースプーン1杯ほどしか分泌しないとも言われているホルモンです。

初潮を迎える頃から少しずつ分泌され始め、その後量が増えていき20代後半くらいにピークを迎えると言われています。

ピーク後は徐々に分泌量は減っていき、40代後半~50代にかけて卵巣の機能は低下していきます。

その低下に伴い、女性ホルモンの分泌量は急激に減少し更年期に入ります。

エストロゲンの働き

生理前になると肌荒れし、生理後にはお肌がキレイになるという経験がある人がほとんどではないでしょうか。

これはエストロゲンの分泌量の変化による影響です。

エストロゲンは若さを保つホルモンとも言われており、分泌されることでお肌がキレイになったり、気分がアップしたりという効果があるとされています。

エストロゲンは髪の成長にも大きく関わりがあるホルモンで、髪の毛の成長を促す効果があるため、減少すると薄毛や抜け毛につながってしまいます。

女性ホルモンの分泌を促し、薄毛を対策していきましょう


加齢による女性ホルモンの分泌量の低下は、完全に食い止めることはできません。

しかし、生活習慣や食生活などを見直すことで女性ホルモンを増やし、薄毛の進行を緩めることができると考えられています。

女性ホルモンの増やし方について、いくつかご紹介していきます。

大豆・大豆製品を積極的に取り入れる

大豆製品などに含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンと似たような働きがあり、体内のエストロゲンの活性化にもつながると言われています。

大豆製品を積極的に食事に取り入れましょう。

ただ、摂りすぎは逆効果になってしまうこともあるため、バランスを考えて摂るようにしましょう。

髪の毛の主成分であるたんぱく質や、その合成に使われるビタミンやミネラルも必要なので、バランスの良い食事を意識しましょう。

適度な運動をする

週に1回でもいいので、定期的な全身運動が効果的です。

筋トレのような無酸素運動ではなく、ウォーキングなどのような有酸素運動を30分以上行って、汗をかくことが理想的とされています。

睡眠時間を確保する

髪の毛の成長は夜寝ている間に行われるため、22~24時の間に寝ているのが理想的だとされています。

仕事などの都合で難しいという人もいるかもしれませんが、良質な睡眠を確保するためにも、6時間は睡眠時間を確保するようにしていきましょう。

また、休日だからと寝溜めするのではなく、就寝・起床時間を一定にすることで生活リズムも整いやすくなります。

ホルモンバランスを乱す食事は避けましょう

大豆製品は女性ホルモンのバランスを整えるのに効果的と言われていますが、反対にホルモンバランスを乱してしまう食事もあります。

たとえば、化学調味料が多量に含まれた食品などは避けましょう。

ファストフードやインスタント食品などには特に化学調味料が多量に使われており、体内のミネラルやビタミンを奪ってしまいホルモンの分泌の妨げとなってしまうと言われています。

また、冷たい食べ物や飲み物は摂り過ぎると、体が冷えてしまいます。

体が冷えると自律神経に支障をきたし、自律神経と相互作用のあるホルモンのバランスを崩してしまうことがあるのです。

ほかにも、お肉を食べないことが、悪影響になることもあります。

ダイエットをしているなどの理由から、肉類を食べないという人も少なくないでしょう。

しかし、肉類を極端に制限してしまうことも、実はホルモンバランスを保つためにはよくありません。

髪やお肌はたんぱく質でできているため、健康な髪やお肌がつくれなくなってしまうのです。

さらに、ホルモンを調節するために必要となるたんぱく質が不足し、ホルモンバランスが崩れる引き金にもなってしまうため、注意が必要でしょう。

(まとめ)女性ホルモンが少ないと薄毛になる?

1.女性ホルモンが少ないと、薄毛の原因になると言われています

女性ホルモンにはエストロゲンやプロゲステロンなどがありますが、エストロゲンは髪の成長にも関わっています。

そのため加齢とともに女性ホルモンが少なくなると、薄毛や抜け毛につながると言われています。

薄毛の対策は早めに行うことが大切です。

2.女性ホルモンは更年期になると、急激に減少してしまいます

女性ホルモンであるエストロゲンには髪の毛の成長を促す働きがあり、健やかな髪の毛やお肌をキープするのに不可欠なホルモンのひとつです。

20代後半頃にピークを迎え、その後徐々に減少し、更年期には急速に減少し薄毛になりやすくなるとされています。

3.女性ホルモンの分泌を促し、薄毛を対策していきましょう

女性ホルモンは更年期になると急速に減少しますが、女性ホルモンを増やすよう意識することで、薄毛などのスピードを緩めることにつながります。

積極的に大豆製品を摂る、適度な運動を行う、睡眠時間を確保することなどが効果的でしょう。

4.ホルモンバランスを乱す食事は避けましょう

化学調味料や冷たいものの摂り過ぎ、肉類などのたんぱく質の摂取不足はホルモンバランスを乱す原因となってしまいます。

バランスの良い食生活を心がけ、化学調味料や冷たいものの摂取は控えていきましょう。

Pocket

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る