女性はパーマやヘアカラーをかけると抜け毛が増える?

パーマやカラーリングは抜け毛の可能性を高めます


パーマやカラーリングを頻繁にやりすぎると髪が傷み、抜け毛が増えると言われています。

確かにパーマやカラーリングの後、髪がパサついていると感じる人は多いでしょう。

しかし、パーマやヘアカラーの薬剤が髪の毛に与えるダメージは抜け毛の直接の原因というわけではありません。

弱った髪が切れやすくなるため、抜け毛が増えたように感じますが、抜け毛が進行しているわけではないのです。

問題は「髪」ではなく、「頭皮」が受けるダメージです。

強い刺激を持つ薬剤が頭皮についてしまうと、湿疹やかぶれといった肌荒れを起こすことが多いのです。

頭皮の荒れは毛乳頭や毛母細胞に影響を及ぼし、新しく生えてくる髪の毛が十分に育つ前に抜け落ちてしまいます。

すると毛周期に乱れが生じ、新たな髪の毛が生えてこなくなるケースが生じます。

薬剤が頭皮に与えるダメージは、間接的に抜け毛の原因となってしまうのです。

抜け毛が気になる時期には、頭皮に負担がかかるパーマやカラーリングはできるだけ控えたほうがよいでしょう。

また、普段から髪にダメージを与えにくい薬剤を選ぶなど、頭皮の荒れを防ぐ対策をとることが抜け毛の予防にもなります。

薬剤が頭皮を傷め、育毛が阻害されます

パーマ中に頭皮がヒリヒリすると感じたことはありませんか?

通常、パーマで使う薬剤にはアルカリ性成分の「1液」と酸性成分の「2液」という2種類の液体を使います。

頭皮が痛みを感じるのはアルカリ性の1液の刺激で接触性皮膚炎を起こしているからなのです。

刺激が強すぎると頭皮に湿疹や脂漏性皮膚炎、フケ、かゆみといったトラブルが起きます。

またカラーリング剤には「酸性染料」が多く含まれており、これも頭皮を荒らす原因になります。

頭皮には毛細血管が通っていて、髪の育成に必要な栄養素を毛乳頭まで運んでいます。

しかし、パーマ液やカラー剤の影響で頭皮環境が悪化すると、毛乳頭に十分な栄養素を送れず、髪の毛が成長しきらないまま抜け落ちてしまうのです。

髪の毛が育つ前に抜け落ちてしまうと、毛周期が乱れて新たな髪の毛も生えてこなくなる可能性もあります。

残留アルカリが抜け毛のリスクをさらに高めます


アルカリ性の薬剤には毛髪のキューティクルを開かせる作用があります。

これを利用して毛髪内部に薬剤を浸透させ、髪の形や色を変えるのがパーマやカラーリングの原理です。

しかし、開いたキューティクルはすぐには閉じることはありません。

パーマが定着するまでにおよそ1週間程度かかります。

その間、アルカリ性の薬剤は髪の内部に残留し、キューティクルは内部の細胞を守れず、たんぱく質などを流出させてしまいます。

これを「残留アルカリ」と呼びます。

カラーリングに至っては染めてから1ヶ月間はアルカリ剤の影響でキューティクルが開きっぱなしになります。

パーマやカラーリングをしたからといって、すぐに抜け毛が増えるわけではありません。

しかし、月に1回以上の頻度でパーマやヘアカラーを繰り返していると、徐々に髪や頭皮はアルカリ性へと傾いてしまいます。

頭皮のダメージが回復せず、抜け毛のリスクが高まるのです。

パーマやカラーリングから頭皮を守るために

毛髪や頭皮が傷んでいる場合はもちろん、普段でもパーマやカラーリングをする際には頭皮を守るための対策をとっておきましょう。

  • 美容師と相談して髪にダメージを与えにくい薬剤を選択する
  • 連続してパーマとカラーリングを行わず、少なくとも1週間はあける
  • 頭皮に炎症があるときは避ける
  • パーマをかける前日に髪を洗わない
  • パーマをかけた当日も髪を洗わない
  • パーマ後2~3日は、過度なシャンプーやブラッシングなどで髪や頭皮に刺激を与えない
  • できれば美容院で専門家にやってもらう
  • 自宅でのヘアカラーならヘナなどの天然成分のカラー剤を使う
  • かぶれやアレルギー反応を回避するためにパッチテストを行う

洗髪には頭皮への刺激が少なく、保湿効果に優れたアミノ酸系シャンプーを使うこともおすすめです。

(まとめ)女性はパーマやヘアカラーをかけると抜け毛が増える?

1.パーマやカラーリングは抜け毛の可能性を高めます

パーマやヘアカラーの薬剤は確かに髪の毛を傷めます。

しかし「抜け毛」の原因はむしろ頭皮へのダメージです。

薬剤が頭皮に触れると頭皮が荒れ、毛髪の生成に悪影響を与えるのです。

抜け毛が気になるときはできるだけパーマやカラーリングは控えたほうがよいでしょう。

2.薬剤が頭皮を傷め、育毛が阻害されます

パーマやカラーリングに使うアルカリ性薬剤の刺激で頭皮は接触性皮膚炎を起こす可能性があります。

頭皮環境が悪化すると、毛乳頭に十分な栄養素を送れません。

髪の毛が育つ前に抜け落ちることで毛周期が乱れ、新たな髪の毛も生えてこなくなる可能性もあります。

3.残留アルカリが抜け毛のリスクをさらに高めます

パーマやカラーリングではアルカリ性薬剤でキューティクルを開かせます。

キューティクルはすぐには閉じず、その間たんぱく質などを流出させてしまいます。

繰り返しパーマやヘアカラーを続けていると、この「残留アルカリ」のために抜け毛のリスクはさらに高まります。

4.パーマやカラーリングから頭皮を守るために

パーマやカラーリングの際には、頭皮のダメージを防ぐため、以下のような対策を心がけましょう。

  • 髪にダメージを与えにくい薬剤を選択する
  • 連続してパーマとカラーリングを行わない
  • パーマ前後に髪を洗わない
  • できれば美容院で行なう
  • 天然成分のカラー剤を使う
Pocket

抜け毛の原因を読んだ後は予防と改善もチェックしましょう
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る