女性の抜け毛はホルモンが原因?

女性の抜け毛は、ホルモンの減少や変動が原因の1つです


抜け毛に悩む女性は少なくないと思います。

女性の抜け毛は大きく6タイプに分けられることが多いのですが、それらの半分以上が、ホルモンの変動と関わっている可能性があります。

ここでとりあげる「ホルモン」とは、「女性ホルモン」と、「成長ホルモン」です。

女性ホルモンのうち、髪の健康に関わるのは「エストロゲン」です。

女性ホルモンは、妊娠・出産に伴ってバランスが著しく変動したり、年齢を重ねることで減少したりします。

成長ホルモンも、30歳を過ぎる頃から急激に分泌が減ります。

ホルモンの変動や減少を完全に抑えることは難しくても、毎日の生活習慣の工夫で、ホルモンのバランスやリズムが整っていく可能性があります。

ホルモンバランスを整える食事を心がける、睡眠の質を上げる、頭皮環境を整えるヘアケアを実践する、などです。

また、ホルモンの分泌にはメンタルの部分も大きく関わっているといわれています。

ストレスをできるだけ減らす、ひとりで悩み続けない、といった、心の健康を維持することが、抜け毛を防止するよりよい育毛環境への近道です。

女性の抜け毛は6タイプ

女性の抜け毛は大きく次の6タイプに分けられます。

びまん性脱毛症

加齢やストレス、極端なダイエットなどから、頭髪全体が薄くなる

分娩後脱毛症

出産後のホルモンバランスの変動から、毛髪が一斉に休止期に入ることで起こる

円形脱毛症

リンパ球が毛根を攻撃してしまう自己免疫疾患の一種

脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌により、頭皮に炎症が生じて起こる

ひこう性脱毛症

フケが毛穴をふさぐことで炎症が生じて起こる

牽引性脱毛症

長期間、髪をきつく縛ることで頭皮に負担がかかり、起こる

いずれも直接の原因はさまざまですが、体内のホルモンの減少や変動が関わっていることも考えられます。

ホルモンバランスを整える工夫を続けることで、抜け毛症状の予防や改善が望めるかもしれません。

生活習慣の工夫でホルモンバランスを整えましょう

ホルモンバランスを整える食事を心がける

大豆製品などに含まれるイソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるといわれているため、継続的に摂取するのがよいとされています。

また、ホルモンバランスを整えてくれる栄養素としては、マグロやカツオに多いビタミンB類、ナッツ類やアボカドに多いビタミンE、アサリや納豆に多いミネラル類(鉄・亜鉛など)が挙げられます。

睡眠の質を上げる

成長ホルモンが最も分泌されるのは、入眠直後の90分間といわれています。

また、毛根部の細胞分裂は午後9時頃がピークで、髪が最も成長するのは午後10時から午前2時頃といわれています。

このことを考え合わせて、夜12時までには就寝して、上質な睡眠を確保しましょう。

頭皮環境を整えるヘアケアを実践する

頭皮の補修や髪の成長が、夜におこなわれることを考えると、洗髪は夜おこなって頭皮を清潔にしてから就寝するのがよいでしょう。

また、女性のために開発された、豆乳発酵液を配合したヘアケア剤や、サプリメントなども試してみてはいかがでしょうか。

心の健康状態も上げて育毛環境をよりよく


仕事や子育て、家族の介護など、女性には、世代に応じてさまざまな悩みやストレスがあることでしょう。

悩みやストレスが、ホルモンバランスの乱れにつながり、ひいては抜け毛などを引き起こすこともあるようです。

髪は心と体の健康のバロメータといえます。

難しいことですが、悩みや心配ごとをひとりで抱え込まず、誰かに相談したり、解決や解消に向けて行動したりすることも、必要かもしれません。

また、今現在「抜け毛」について悩んでいるなら、皮膚科や頭髪専門の外来などを受診してみるのも、選択肢の1つです。

最近では、女性専用の頭髪外来やクリニックも登場しているようです。

「抜け毛が増えているような気がする」「大丈夫かな……」といった不安が続くようなら、その今の不安を専門家に相談してみることも、未来の頭髪への投資となるのではないでしょうか。

(まとめ)女性の抜け毛はホルモンが原因?

1. 女性の抜け毛は、ホルモンの減少や変動が原因の1つです

女性の抜け毛は、ホルモンの変動と関わっている可能性があります。

ここでとりあげる「ホルモン」とは、「女性ホルモン(エストロゲン)」と、「成長ホルモン」です。

ホルモンバランスを整える食事を心がける、睡眠の質を上げる、頭皮環境を整えるヘアケアを実践する、ストレスをできるだけ減らす、ひとりで悩み続けない、といった生活を維持することが、抜け毛防止につながります。

2. 女性の抜け毛は6タイプ

女性の抜け毛は大きく6タイプに分けられ、いずれも直接の原因はさまざまですが、体内のホルモンの減少や変動が関わっていることも考えられます。

加齢やストレスによってホルモンが減少する、あるいはホルモンの変動によって皮脂の過剰分泌が起こる、といったことが抜け毛へと進行する、ということです。

3. 生活習慣の工夫でホルモンバランスを整えましょう

イソフラボン、ビタミンB類、ビタミンE、ミネラル類(鉄・亜鉛など)などを意識してとり入れ、ホルモンバランスを整える食事を心がけましょう。

睡眠の質を上げてホルモンの分泌を促すために、夜洗髪して12時までには就寝しましょう。

また、女性のために開発された、豆乳発酵液を配合したヘアケア剤や、サプリメントなどもおすすめです。

4. 心の健康状態も上げて育毛環境をよりよく

悩みやストレスが、ホルモンバランスの乱れにつながり、ひいては抜け毛などを引き起こすこともあるようです。

悩みや心配ごとをひとりで抱え込まず、誰かに相談したり、解決や解消に向けて行動したりすることも、必要かもしれません。

また、今現在「抜け毛」について悩んでいるなら、皮膚科や頭髪専門の外来などを受診してみるのも、選択肢の1つです。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る