豆乳で女性ホルモンを補うのは、薄毛対策に効果的?

女性ホルモンを補える豆乳は、薄毛対策に効果が期待できます


年齢を重ねるごとに気になり始める薄毛。

できれば日常的なケアで、健康的な髪を維持したいですよね。

女性が薄毛になる原因の1つに、加齢による女性ホルモンの減少があげられます。

女性ホルモンの分泌は20歳代がピークといわれ、30歳を過ぎると徐々に減少し、45~55歳の更年期と呼ばれる時期に急激に下降を始めます。

また、妊娠・出産の時期にはホルモンバランスが大きく変化します。

このようなホルモンバランスの変動が、薄毛につながることがあるのです。

豆乳などの大豆製品に含まれるイソフラボンは、体内の女性ホルモンに似た働きをするといわれています。

イソフラボンを積極的に摂取することで、減少したりバランスが崩れたりした場合の女性ホルモンを刺激し、働きが活発になれば、薄毛対策の効果が期待できます。

最近では女性用に特化して、女性ホルモンを活性化する手助けをしてくれるサプリメントやヘアケア剤も登場しています。

薄毛には毎日の食事や生活用品を見直し、効果の期待できる品を選んで利用したいものです。

女性の薄毛はライフステージの変化や生活習慣が原因です

女性の薄毛を促進する原因の1つに、女性ホルモンの減少やバランスの変動があげられます。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、髪の健康を維持する役割を担っているのは、エストロゲンです。

その分泌量は30代を境に減少し、45歳を過ぎる頃から体の不調があらわれたり、髪質の変化や薄毛が進行したりすることがあります。

年齢によるさまざまな体の変化を知り、生活の中で対処したり補ったりしていくことで、年齢を重ねても美しい髪を維持していきたいものです。

体内の女性ホルモンバランスが崩れるきっかけには、加齢や妊娠出産があげられますが、その他、過度なダイエット、仕事や人間関係のストレス、生活習慣の乱れなども関係しています。

大豆製品が、女性ホルモンの働きを助けてくれるかも


豆乳などの大豆製品には、イソフラボンというポリフェノールの一種の抗酸化成分が含まれています。

このイソフラボンが、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする、ということはすでにご存じの方も多いと思います。

イソフラボンは、大豆の本体重量の0.2~0.4%程度と、微量な含有量でしかありません。

その微量なイソフラボンが女性ホルモンとして働くのは、例えば20代の健康な女性にとっては誤差の範囲、という文献もあるようです。

しかし、加齢によりホルモンが減少している場合や、ホルモンバランスの乱れが生じている場合には、やはり大豆製品から摂取するイソフラボンに期待ができそうです。

健康な髪を末長く維持していくために、毎日の食事や嗜好品から見直し、効果の期待できる食材を選んで摂取したいものです。

サプリメントやヘアケア剤でもホルモンにアプローチできます

日常的に摂取する食品から栄養素を摂取するのが望ましいとはいえ、年齢を重ねてエストロゲンの減少を感じている女性にとっては、さらなる効果を期待したい気持ちは大きいと思います。

イソフラボンは実は「エクオール産生菌」という腸内細菌によってエクオールに変化することで、ホルモンとして活性化するそうです。

しかもすべての人がエクオール産生菌を保有しているわけではないのだとか。

そこで、誰でも摂取できるエクオールを主成分とし、女性に嬉しいカルシウムやビタミンの成分を加えたサプリメントも登場しています。

また、「女性ホルモンの低下」に着目した豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども開発されています。

あなたに合ったサプリメントやヘアケア剤を試してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)豆乳で女性ホルモンを補うのは、薄毛対策に効果的?

1. 女性ホルモンを補える豆乳は、薄毛対策に効果が期待できます

女性が薄毛になる原因の1つに、加齢による女性ホルモンの減少があげられます。

また、妊娠・出産の時期にはホルモンバランスが崩れやすくなります。

イソフラボンを積極的に摂取することで、減少したりバランスが崩れたりした女性ホルモンの働きが活発になれば、薄毛対策の効果が期待できます。

2. 女性の薄毛はライフステージの変化や生活習慣が原因です

女性の薄毛を促進する原因の1つに、女性ホルモンの減少やバランスの変動があげられます。

髪の健康を維持する役割を担っているのは、エストロゲンです。

体内の女性ホルモンバランスが崩れるきっかけには、加齢や妊娠出産がありますが、その他、過度なダイエット、仕事や人間関係のストレス、生活習慣の乱れなども関係しています。

3. 大豆製品が、女性ホルモンの働きを助けてくれるかも

豆乳などの大豆製品には、イソフラボンというポリフェノールの一種の抗酸化成分が含まれています。

イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをするといわれているため、加齢によりホルモンが減少している場合や、ホルモンバランスの乱れが生じている場合には、やはり大豆製品から摂取するイソフラボンに期待できそうです。

4. サプリメントやヘアケア剤でもホルモンにアプローチできます

イソフラボンは「エクオール産生菌」という腸内細菌によってエクオールに変化することで、ホルモンとして活性化するそうです。

そこで、誰でも摂取できるエクオールを主成分とし、女性に嬉しいカルシウムやビタミンの成分を加えたサプリメントも登場しています。

また、「女性ホルモンの低下」に着目した豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども開発されています。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る