女性の抜け毛は、ホルモン異常の病気のサインなの?

女性の抜け毛の背景に、病気がひそんでいることもあります


女性の抜け毛の発生には、さまざまな原因因子が考えられます。

たとえば、ホルモンバランスの乱れや生活習慣、食生活、ストレスなどがあります。

しかし、女性の抜け毛の背景に、病気が隠れているケースもあるので注意が必要です。

特に女性の場合は、ホルモン異常を起こしてしまう卵巣や子宮系の病気や甲状腺ホルモンの異常などの病気が隠れていることがあります。

まずは自分の抜け毛が正常な抜け毛なのか、異常な抜け毛なのかを見分け、必要に応じて病院を受診しましょう。

抜け毛には、正常な抜け毛と異常な抜け毛があります

抜け毛には正常なヘアサイクルによって抜ける自然な抜け毛と、何らかの原因によって抜けてしまうものがあります。

抜け毛が病気のサインかどうかは、その抜け毛が正常なのか、異常なのかを見分けなければなりません。

ここでは、抜け毛が自然に起こったものなのかを判断するための基準を紹介します。

正常な抜け毛

毛髪は、ヘアサイクルによって生え変わりをしているため、抜け毛が起こるのは当たり前のことです。

自然に抜ける髪は、一日平均100本前後だといわれています。

もちろん抜ける本数は個人差はあるので、抜けた髪をじっくり観察してみましょう。

自然に抜けた髪の毛根は、丸くなっており、髪は長く、太くしっかりとしています。

異常な抜け毛

自然に抜けた髪でない場合は、毛根が歪な形になっていたり、毛根に白い汚れが付着していたりする場合があります。

また、髪の毛がヒョロヒョロと細く、短いという特徴をもつケースもあります。

抜ける本数も、目安の100本以上抜ける、あるいはいつもより本数が急激に増えたというときは、異常な抜け毛の可能性があるので注意が必要です。

病気の中には、抜け毛症状が現れるものがあります


女性の抜け毛は、女性ホルモンや甲状腺ホルモンの異常を引き起こす病気によって起こるものがあります。

卵巣嚢腫や多嚢胞性卵巣といった卵巣や子宮系の病気

女性ホルモンはおもに卵巣で作られます。

ところが、卵巣や子宮などに疾患があると、女性ホルモンの分泌が正常に行われなくなります。

女性ホルモンのエストロゲンは、ヘアサイクルを長くし、髪の成長に関わっているので、髪の毛に影響が出やすくなってしまうのです。

甲状腺機能低下症などの甲状腺ホルモンの異常

甲状腺の機能が低下すると、甲状腺ホルモンが正常に分泌されなくなります。

甲状腺ホルモンは、細胞分裂に関与しているホルモンだといわれており、正常に分泌されないと、髪の毛のもとである毛母細胞の分裂が阻害され、健康な髪の成長を妨げます。

これにより、抜け毛の増加が起こるといわれているのです。

異常な抜け毛は、専門医に相談しましょう

女性の抜け毛症状は、上記で紹介した病気以外にも、さまざまな病気によって起こっていることがあるので注意が必要です。

もし、急に抜け毛が増えたという場合は、専門医に相談するようにしましょう。

とはいえ、抜け毛から何科を受診するのかを自分で見極めるのは難しいものです。

そんなときは、まず、頭皮の状態と他に悩んでいる症状などがないかを確認してみてください。

たとえば、抜け毛に加えて、頭皮の荒れやフケ症状などが出ているのであれば皮膚科を、生理不順や不正出血などがあるのであれば婦人科を受診するのがよいでしょう。

また、体重の減少、イライラ、疲れやすいなどの全身の症状を伴っている場合は、内科の受診を検討しましょう。

それでもどこを受診するのか決められないという方は、毛髪専門の外来を行っているクリニックを探してみるのもおすすめです。

毛髪専門外来では、抜け毛症状の原因を特定するために、血液検査やホルモンの量を測定するといった検査を実施しているところもあります。

こういった検査を通じて、何らかの疾患が隠れていないかを判断しているのです。

もし、どこの病院がよいのかわからないのであれば、毛髪専門外来に相談するのも一つの手です。

いずれにせよ、異常な抜け毛は、対策が必要です。

自分にあった対策を見つけるためにも早めに病院を受診するようにしましょう。

(まとめ)女性の抜け毛は、ホルモン異常の病気のサインなの?

1. 女性の抜け毛の背景に、病気がひそんでいることもあります

女性の抜け毛の発生には、さまざまな原因因子が考えられます。

抜け毛の原因が病気の場合もあるので注意が必要です。

卵巣や子宮系の病気や、甲状腺ホルモンの異常など、ホルモン異常を引き起こす病気が隠れていることがあるので、必要に応じて専門医に相談するようにしましょう。

2. 抜け毛には、正常な抜け毛と異常な抜け毛があります

抜け毛には正常なヘアサイクルによって抜ける自然な抜け毛と、何らかの原因によって抜けてしまうものがあります。

前者の場合は、比較的長く、しっかりとした太さがあります。

後者の場合は、細くヒョロヒョロしていたり、短かったりといった特徴があります。

また本数も、一日あたり100本程度であれば正常です。

3. 病気の中には、抜け毛症状が現れるものがあります

女性の場合、ホルモン異常を引き起こす病気が原因で、抜け毛症状が起こっているケースがあります。

卵巣嚢腫や多嚢胞性卵巣といった卵巣や子宮系の病気や、甲状腺ホルモンの異常を引き起こす甲状腺機能低下症などがその代表的なものです。

4. 異常な抜け毛は、専門医に相談しましょう

女性の抜け毛には、ホルモン系の病気以外にも、さまざまな病気が隠れていることがあります。

急に抜け毛が増えたという場合は、なるべく早く専門医を受診するようにしましょう。

皮膚科や婦人科、内科の他にも、毛髪専門外来という選択肢があります。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る