フケが出やすいのは整髪料が関係しているの?

整髪料は頭皮へのダメージとなりフケが出やすくなります


整髪料の成分が頭皮に刺激となることで、頭皮が乾燥したり、また皮脂の分泌を過剰にしたりすることでフケが出やすくなります。

また、シャンプーでしっかり整髪料を洗い流していないことや、反対にしっかり洗い過ぎて頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうこともフケの原因になります。

整髪料を使う際には、選び方やシャンプーの方法に注意しましょう。

整髪料の成分が頭皮に刺激を与えてしまうことがあります

整髪料がフケの原因になることがあります。

整髪料には頭皮への刺激となる成分が含まれていることもあります。

普段はなんともなかったとしても、頭皮環境が悪い状態だったり、肌が敏感になっていたりする状態のときは、整髪料に含まれている成分が頭皮に刺激となり、頭皮の乾燥を招くのです。

そのため、フケが出やすくなります。

整髪料にはワックスやクリームのほか、スプレータイプもあります。

ワックスやクリームであれば頭皮に直接つくことはありませんが、スプレータイプの整髪料は頭皮にかかってしまうことがあります。

それが刺激となることがあるのです。

頭皮に付着した整髪料はシャンプーでしっかり取り除くことが必要です。

しかしシャンプーがおろそかになっていると、汚れがきれいに取れずにそのまま頭皮に付着したままになり雑菌が繁殖しやすくなります。

反対に汚れをしっかり取り除くために、洗浄力の強いシャンプーを毎日使っていたり、洗う際に力を入れてこすったりしていると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、頭皮が乾燥し乾燥フケが出やすくなります。

また乾燥がひどいと皮脂の分泌が過剰になり、頭皮環境が悪化して脂性フケの原因になることもあります。

フケの原因となる整髪料の種類と特徴を知りましょう


フケの原因ともなる整髪料にはさまざまな種類があります。

それぞれの特徴を把握して、できるだけ頭皮にダメージを与えない整髪料を選びましょう。

女性がよく使う整髪料にジェルタイプがあります。

ジェルタイプの整髪料はゼリー状で、手の平で伸ばし、髪をセットします。

ジェルタイプなので洗い流しやすいですが、中には髪を固めるタイプもあり、しっかりと洗い流さなければならないものもあります。

ワックスもよく使用される整髪料です。

クリーム状のものが多く、ジェルと同じように手で取って髪をスタイリングするものです。ハードとソフトがあり、ハードタイプにはかなりがっちりと髪を固めるものもあります。

スタイリングフォームは泡状のもので、手の平に泡を出して髪をスタイリングします。

髪に浸透しやすく、使いやすいです。

スタイリングスプレーは髪に吹きかけてヘアスタイルをキープするものです。

髪だけではなく頭皮にも成分が付着しやすいです。

ヘアクリームは髪に水分や油分を与えてくれるものなので、髪がパサつきやすい人におすすめの整髪料です。

髪のスタイリングも重要ですが、シャンプーで洗い流しやすく、頭皮にダメージを与えにくい整髪料を選ぶようにしましょう。

フケを出さないためにも整髪料の使い方に注意しましょう

整髪料を使うことでキレイにスタイリングできるのはメリットです。

ただし整髪料の中には、髪をなめらかにする働きのある界面活性剤という成分が含まれています。

界面活性剤はタンパク質を奪い、枝毛や切れ毛などの原因になることがあります。

さらに、整髪料を頭皮に付着さえることで、ゴミやホコリがつきやすくなります。

頭皮に汚れやゴミが付着すると毛穴がふさがれてしまいます。

毛穴がふさがれてしまうと、皮脂が外に出られなくなり、髪には栄養が行き届かず抜け毛を引き起こすことになります。

頭皮環境の悪化はフケやかゆみを引き起こします。

そうならないためにも、整髪料を使うときにはできるだけ頭皮に付着させないことです。

また、整髪料の成分が直接頭皮につかないタイプのものを選ぶといいでしょう。

頭皮についた整髪料はできるだけ早く洗い流すことで、頭皮へのダメージを減らすことができます。

家に帰ったらできるだけ早急に髪や頭皮を洗い流しましょう。

頭皮や髪についた整髪料をしっかり洗い流すことがフケ対策になります。

しかし洗い過ぎると反対に頭皮環境を悪化させてしまうため注意しましょう。

フケが出ているときには、整髪料の必要ないヘアスタイルにするといいでしょう。

(まとめ)フケが出やすいのは整髪料が関係しているの?

1.整髪料は頭皮へのダメージとなりフケが出やすくなります

整髪料の成分が頭皮に刺激となることで、フケが出やすくなります。

また、シャンプーでしっかり整髪料を洗い流していないことや、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうこともフケの原因になります。

2.整髪料の成分が頭皮に刺激を与えてしまうことがあります

整髪料には頭皮にダメージを与える成分が含まれていることがあり、頭皮に付着すると頭皮環境が悪くなるのです。

さらにシャンプーできれいに洗い流せなかったり、反対に洗い過ぎたりすると頭皮が乾燥しフケの原因になります。

3.フケの原因となる整髪料の種類と特徴を知りましょう

整髪料にはさまざまな種類があります。

それぞれの特徴を把握して、成分が頭皮に付着しにくい、洗い流しやすいなど、できるだけ頭皮にダメージを与えない整髪料を選びましょう。

4.フケを出さないためにも整髪料の使い方に注意しましょう

フケやかゆみを引き起こさないためには、整髪料を使うときにはできるだけ頭皮に付着させないことです。

頭皮についた整髪料はできるだけ早く洗い流すことで、頭皮へのダメージを減らすことができます。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る