フケと年齢は関係ある?

フケの原因となる皮脂の分泌量は年齢で変わるといわれています


赤ちゃんもフケが出るし、高齢の方でもフケが出るように、フケは年齢に関係なく出るものです。

ただし、フケの原因ともなる皮脂の分泌量が年齢によって変わります。

そのため皮脂の分泌が少ないと乾燥フケなどの原因になります。

皮脂の分泌は年齢によって減少し、フケも出やすくなるといえますが、子どもでも乾燥フケになりやすいものです。

原因はシャンプーの方法や生活習慣にあるため、シャンプーや生活習慣を改めることが必要です。

年齢別にフケの原因は異なります

10代でも20代でも、40代や60代でもフケは出ます。

しかしフケの原因は年齢によって異なることがあります。

年齢別に考えられるフケの原因について見てみましょう。

赤ちゃんもフケが多くなることがあります。

主な原因は乳児性湿疹です。

大人でいう脂漏性皮膚炎と症状は同じですが、かゆみはありません。

最初は軽いフケなのですが、時間が経過するとともにかさぶたになり赤みを伴います。

成長期の子どもに多いのが乾燥フケです。

新陳代謝が活発なこの年代は、古い角質がたくさん剥がれ落ちます。

その中には塊となって落ちるものがあり、それがフケです。

フケが出るとシャンプーをし過ぎてしまい、頭皮が乾燥してフケになりやすいです。

10代は皮脂分泌が活発になる年代で、ニキビに悩むことも多いです。

頭皮にもニキビができると、シャンプーをしすぎたりして乾燥させてしまうこともあります。

10代ではフケが出ても正しい改善策が分からず間違ったヘアケアをしてしまい、フケを増やしてしまう傾向にあります。

20~30代になると皮脂の過剰な分泌がおさまり、ホルモンバランスも正常で頭皮環境も悪くなる要因が少なくなります。

フケも少なくなる年代です。

40代以降になると皮脂の分泌が少なくなり、頭皮が乾燥しやすくなります。

ホルモンバランスも乱れやすくなり、フケが出やすくなることもあります。

フケの原因があれば年齢に関係なくフケは出るといえます


新陳代謝が活発な成長期、皮脂の分泌が活発な10代、ホルモンバランスが乱れはじめる40代など、フケの原因は年齢によって異なることがありますが、その年齢だからといってフケが出ない、とは限りません。

フケの原因があれば、年齢に関係なくフケが出ます。

フケの原因には次のようなものがあります。

一つはシャンプーのしすぎです。

フケやかゆみがあると、シャンプーを念入りに行ったり、汗をかく日などは1日に何度もシャンプーをしたりすると、頭皮の角質層にダメージを与えて、頭皮のバリア機能が損なわれ、水分保持力が低下してしまい頭皮が乾燥してしまうのです。

頭皮が乾燥するとフケが出やすくなります。

シャンプーの際に爪を立ててしまうことも原因になります。

フケやかゆみがあるとつい力を入れてしまい、必要な皮脂も剥がしてしまうのです。

また、皮脂が過剰に分泌されるのもフケの原因となります。

洗髪をしないで頭皮が清潔でなかったり、洗い方が間違っていたりすると、頭皮に余分な皮脂や汚れが付着したままなのでフケの原因になります。

さらに、脂っこい食生活も皮脂を過剰に分泌するためフケの原因になります。

ほかには、ホルモンバランスが乱れて血行が悪くなる、栄養が頭皮に行き届かないなどといったことも頭皮の乾燥を招いたり、皮脂の分泌が過剰になったりすることでフケが出やすくなります。

年齢に関係なく出るフケの対策はシャンプーと生活習慣の見直しです

フケを改善するには、シャンプーを正しく行うことと、生活習慣を見直すことが重要です。

シャンプーの回数は1日1回でいいでしょう。

朝シャンをする人は朝はシャンプーを使わずにぬるま湯で洗うのもおすすめです。

洗浄力の強いシャンプーを避けて、アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。

洗う際には、爪を立てずに指の腹を使ってていねいに洗いましょう。

すすぎ残しがないようしっかりシャンプーを洗い流すことも忘れないようにすることが大事です。

生活習慣においては、まず規則正しい生活を心がけることです。

決まった時間に起きて決まった時間に寝ることを心がけ、夜更かしをしないようにしましょう。

睡眠はしっかり取ることが大事なので、寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまうなどといったトラブルがある人はそれを解決することが大事です。

食生活においては揚げ物やスナック菓子などを控えて、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどをしっかり取り、バランスのよい食事を心がけます。

冷たい飲み物ばかり飲んでいると血行不良を起こしてしまうので、温かい飲み物を飲む習慣をつけるといいでしょう。

血行をよくするために、またストレス解消にもなるので適度な運動も大事です。

(まとめ)フケと年齢は関係ある?

1.フケの原因となる皮脂の分泌量は年齢で変わるといわれています

赤ちゃんもフケが出るし、高齢の方でもフケが出るようにフケは年齢に関係なく出るものです。

原因はシャンプーの方法や生活習慣であるため、シャンプーや生活習慣を改めることが重要です。

2.年齢別にフケの原因は異なります

年齢によって皮脂の分泌量やホルモンバランスの乱れなど体調も異なるため、フケの原因も異なります。

フケの心配が少なくなるのは20~30代ですが、すべての20~30代がフケに悩んでいないとは限りません。

3.フケの原因があれば年齢に関係なくフケは出るといえます

フケの原因には、シャンプーのしすぎ、爪を立てて洗う、皮脂の過剰な分泌、脂っこいものをよく食べる、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

年齢に関係なくこのような原因があればフケが出ます。

4.年齢に関係なく出るフケの対策はシャンプーと生活習慣の見直しです

フケを改善するには、正しい方法でシャンプーを行うことと、生活習慣を見直すことが重要です。

規則正しい生活を心がけ、睡眠不足やストレスを解消することもフケの改善につながります。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る