フケにはにおいがあるの?

フケが出ている頭皮はにおいも強い場合があります


フケとにおいが気になる場合、フケが発生している頭皮そのものが臭くなってしまっている可能性があります。

においの原因にはいろいろなものがありますが、フケと頭皮のにおいは同じものが原因で起こる場合も多いため、同時に発生する場合があるのです。

頭皮のにおいは、自分では気づけないこともあります。

フケが出ていると感じたら、同時ににおいについても発生していないかどうか確認することをおすすめします。

頭皮のフケやにおいは皮脂によって起こります

頭皮のにおいやフケは、同じ原因から起こっている場合があります。

頭皮トラブルの原因を知って、早めに対処しましょう。

皮脂

油脂は、酸化すると不快なにおいを発します。

通常の分泌量であれば、毎日の入浴などで余剰分が落とされ、必要な分だけが残るため問題ありませんが、過剰に分泌されてしまうと、毛穴などに皮脂がたまって古くなり、いやなにおいの元になります。

また、こうした皮脂の過剰分泌は、脂性フケの原因にもなるものです。

雑菌の繁殖

頭皮や毛穴には、多くの常在菌が存在しています。

これも、余分な皮脂を食べてくれるなどよい働きをするものですが、皮脂の過剰分泌や不衛生な環境などによって異常繁殖してしまうと、ターンオーバーを速めて皮膚の炎症やフケを引き起こしたり、においを発したりすることになります。

人は、頭皮にも汗をかきます。

こうした汗を拭きとらずにそのままにしておくと、汗くさくなってしまったり、雑菌の繁殖を引き起こしたりします。

さらに、皮脂と汗が混ざり合って固まってしまうと、嫌なにおいを発するほか、毛穴が詰まって皮膚トラブルの元になります。

自律神経やホルモンバランスの乱れもフケやにおいの原因になります

外的な環境だけでなく、内面的な問題からフケや頭皮のにおいが起こる場合もあります。

皮脂や汗の分泌は、自律神経によって調整されているものです。

そのため、自律神経やホルモンバランスが崩れると、体の調子を整える機能が低下してしまいます。

こうなると、過剰な皮脂分泌が起こることや、お肌のターンオーバーがうまくいかずに肌荒れを起こして、フケやにおいが起こる可能性があるのです。

自律神経やホルモンバランスの崩れを防ぐためには、生活リズムを整えて健康的な生活を送ることが大切です。

目覚めた後で朝の光を浴びることや、夜はブルーライトなどの明るすぎる光を避けてリラックスすることなどを心がけましょう。

また、女性はホルモンバランスの周期があるため、特にバランスの維持が困難です。

女性ホルモンエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンなどを摂取して、ホルモンバランスの維持に努めましょう。

また、ストレスをためないことも大切です。

ストレスは、体のバランスを崩す大きな原因となります。

悩み事をいつまでも考えすぎないようにするほか、心身を休めて穏やかに過ごせる時間を、意識して作るようにしましょう。

ケア方法を見直してスッキリ頭皮を目指しましょう

頭皮のフケやにおいを改善させるためには、頭皮のケア方法を見直す必要があります。

過剰に分泌されている皮脂や、出てしまったフケをすっきり落とすためのケア方法を紹介します。

頭皮の洗い方

大きなフケや汚れを取り除くためにも、洗髪前にブラッシングを行うようにしてください。

その後、お湯で頭皮と髪を十分に濡らして、泡立てたシャンプー剤で頭皮を洗います。

お湯の温度を40度弱にすることで、乾燥を防いで洗うことができます。

洗髪後はしっかりすすいで、間を開けずに完全に乾かすようにしてください。

ふき取り

ウーロン茶や緑茶、甜茶などのお茶で、においが気になるところをふき取ると、においを軽減させることができます。

市販のウエットティッシュなどを利用する場合は、刺激の強いアルコールなどが入っていないものを選びましょう。

また、スッキリしないからと水洗いなどをして、濡れたまま頭を放置すると、湿気によってかえって雑菌が繁殖してにおいの元になることがあるので注意が必要です。

(まとめ)フケにはにおいがあるの?

1.フケが出ている頭皮はにおいも強い場合があります

フケが出ている場合、頭皮になんらかのトラブルが起こっていると考えられます。

こうしたトラブルは、においの原因にもなるものですから、フケに気づいたらにおいについてもチェックしてみましょう。

2.頭皮のフケやにおいは皮脂によって起こります

頭皮のにおいとフケは、皮脂の過剰分泌や、それによる雑菌の繁殖、汗と皮脂が混ざりあうことなど、同じ原因から起こる場合があります。

どちらも頭皮のトラブルですから、早めの対処が必要です。

3.自律神経やホルモンバランスの乱れもフケやにおいの原因になります

自律神経やホルモンバランスの乱れがあると、皮脂や汗の分泌量が調整できなくなるほか、肌のターンオーバーに異常が起こって肌トラブルが起こりやすくなります。

生活リズムを整えてストレスの少ない生活を送りましょう。

4.ケア方法を見直してスッキリ頭皮を目指しましょう

フケやにおいを軽減させるためには、頭皮のケアが大切です。

シャンプー前のブラッシングや、その後のヘアドライ、お茶などを使った頭皮のふき取りなどで、スッキリした頭皮を目指しましょう。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る