皮脂がフケになることもあるの?

皮脂はフケを引き起こす原因になるものです


べたつくタイプのフケであっても、それが皮脂でできているというわけではりません。

このような脂性フケの原因は、過剰な皮脂分泌やそれによる皮膚の炎症です。

皮膚が剥がれ落ちたものが皮脂と混ざり合って、脂性フケができるのです。

そのため、脂性フケは皮脂のようにべたついていて、においなどを発することもあります。

皮脂そのものがフケになるわけではなく、皮脂が原因で起こるのが脂性フケだということです。

脂性フケは皮脂の過剰分泌が原因で起こります

フケには、乾性フケと脂性フケのふたつの種類があります。

皮脂が多く分泌していてフケが出ている場合は、脂性フケの可能性がありますが、まずどちらのフケに該当しているのかチェックしてみましょう。

服などにパラパラと落ちるタイプの、白く粉っぽいフケは乾性フケです。

これは、頭皮の乾燥が原因で起こっているものです。

皮脂分泌が過剰であるように思えても、頭皮の一部だけが乾燥していることもありますから、注意してください。

一方の脂性フケは、頭をかいたときに爪の間に挟まったり、ブラシに付着したりする脂っぽいフケです。

一般的に乾性フケよりもサイズが大きく、黄色っぽいという特徴があります。

また、同時に頭皮のかゆみや赤みが現れる場合もあります。

こうした脂性フケは、皮脂が過剰分泌することによって、もともと頭皮に存在していた常在菌が異常繁殖してしまい、肌が炎症を起こすことから起こります。

つまり、脂性フケを防ぐためには、その原因となる皮脂の過剰分泌を防ぐ必要があるということです。

皮脂の分泌量を正常化するために生活を見直しましょう

皮脂の過剰分泌を防ぐためには、皮脂の出にくい体を作ることが大切です。

皮脂が出やすい生活をしてしまっていないかどうか、生活習慣を見直してみましょう。

食生活

スナック菓子やファーストフードなど、脂質の高い食べ物をたくさん食べていると、それだけ皮脂の分泌も過剰になってしまいます。

また、分解に皮脂のコントロールをするビタミンBを利用する糖質についても、食べ過ぎに注意が必要です。

ただし、脂質は、炭水化物、タンパク質と共に三大栄養素とされているものです。

一切摂らないと、かえって体のためにならないため、適度に良質の油を摂取するようにしましょう。

生活の乱れ

夜眠る時間が不規則だったり、強いストレスを感じる生活を続けたりしていると、自律神経が乱れてしまい、皮脂のコントロールがうまくいかなくなってしまいます。

適度な運動には、ストレス発散や、新陳代謝を高めたり血行を促進したりする効果がありますから、生活に採り入れてみましょう。

皮脂を落としすぎることでも過剰な皮脂分泌が起こることがあります

脂性フケを改善するために、頭皮の余分な皮脂を除去することは悪いことではありません。

しかし、もともと、人間のお肌の表面には一定の皮脂があり、その皮脂によってお肌の中の水分が蒸発するのを防がれています。

そのため、皮脂を無理に取り除きすぎてしまうと、肌を守るためにより多くの皮脂が分泌される結果にもなりかねません。

そうならないためには、皮脂を落としすぎないシャンプー方法を心がける必要があります。

皮脂を落としすぎないためには、シャンプーをするときに「洗いすぎない」ことが大切です。

長い時間をかけて洗いすぎると、頭皮がシャンプー剤の刺激にさらされ続けてしまいますし、ごしごしと力を入れて洗うのもおすすめできません。

頭皮に負担がかからないように、十分に髪と頭皮を濡らしてから、泡立てたシャンプー剤をのせて手早く洗うようにしましょう。

また、洗髪する頻度は1日に1回までが目安です。

1日2回以上シャワーなどを浴びる場合も、髪を洗うのは1度にしておきましょう。

(まとめ)皮脂がフケになることもあるの?

1.皮脂はフケを引き起こす原因になるものです

べたつきのある脂性フケの原因は、皮脂の過度な分泌によって皮膚がトラブルを起こすことです。

炎症によってはがれた皮膚と皮脂の混ざり合ったものであるため、べたべたしているのです。

2.脂性フケは皮脂の過剰分泌が原因で起こります

乾燥によって起こる乾性フケに対して、皮脂の過剰分泌によって常在菌が異常繁殖することで起こるフケを脂性フケと呼びます。

脂性フケには、べたつきがある、黄色っぽい、かゆみを伴うといった特徴があります。

3.皮脂の分泌量を正常化するために生活を見直しましょう

皮脂の分泌量を正常に維持するためには、脂質や糖質の過剰摂取に注意する必要があります。

また、自律神経を乱す睡眠不足やストレスなども皮脂の過剰分泌の原因となります。

4.皮脂を落としすぎることでも過剰な皮脂分泌が起こることがあります

頭皮の余分な皮脂を落とすことは大切ですが、やりすぎるとかえって皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。

こうした事態を防ぐために、シャンプーのし過ぎに注意しましょう。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る