夏にフケが出てしまう原因は一体なに?

夏の強い日差しや高い気温は頭皮トラブルを招きフケが出る原因になりやすいといえます


夏は、高い気温や照り付ける太陽など、春、秋、冬の季節にはない、様々な問題が頭皮に訪れる季節でもあります。

こうした刺激にさらされることから、夏は頭皮が荒れやすくなってしまいます。

フケは、頭皮のターンオーバーがうまくいかなかったり、皮脂分泌が過剰になったりすることで起こるため、こうした肌トラブルがフケにつながる可能性があるのです。

夏特有の様々な事柄がフケの原因となります

夏に起こるフケの原因には、次のような事柄が挙げられます。

紫外線

紫外線を浴びると、皮脂が酸化して頭皮が炎症を起こしてしまったり、皮膚の中の細胞が破壊されてしまったりする恐れがあります。

こうした現象は、頭皮の皮脂の過剰分泌や、ターンオーバーの異常、皮膚の乾燥などを引き起こし、肌荒れやフケの原因となります。

夏の焼けつくような紫外線は、顔や体だけでなく、頭皮にも大きな絵協を与えるのです。

人は、脇や背中などだけでなく、頭皮にも汗をかきます。

しかし、頭皮にかいた汗はふきとらずに放置してしまう方も多く、雑菌の増殖を招いてしまいます。

また、汗が皮脂などと混ざり合って毛穴に詰まることでも頭皮の炎症が起こることがあります。

こういった炎症によって皮脂分泌が過剰になると、皮脂を好んで繁殖する常在菌が異常繁殖し、脂漏性皮膚炎や脂性フケの原因になります。

クーラー

クーラーの風を直接顔に受けていると、肌がぴりぴりしたり、乾燥したりするのがわかるでしょう。

これは、顔だけでなく、頭皮であっても起こることです。

頭皮も、クーラーの風にあたり続けることで乾燥し、乾性フケが起こってしまうことがあるのです。

夏の頭皮ケアと毎日の生活を見直しましょう

夏のフケ対策のためには、毎日の生活の中でこまめなケアが大切です。

季節に応じた頭皮ケアを行うようにしましょう。

洗髪

汗はきちんと流す必要があるため、毎日1回、夜にお風呂に入って頭を洗うようにしましょう。

ただし、洗いすぎも乾燥の原因となるため、1日に何度も髪を洗うのはよくありません。

暑い夏は、クーラーや扇風機の風で髪を乾かしてしまうという方もいるかもしれませんが、長い時間頭皮を濡れたままにしておくと雑菌が繁殖してしまうため、ドライヤーで十分に乾かすようにしてください。

紫外線対策

夏の紫外線対策は、顔やお肌だけでなく、頭皮にもしっかり行うようにしましょう。

頭皮にも使えるUVスプレーなどのほか、UVカット用の帽子や日傘などでも十分紫外線対策が行えます。

ゴミ捨てや洗濯物干しなど、ちょっとした時間であっても面倒くさがらずに利用するようにしましょう。

折りたためるタイプの帽子などをカバンにひとついれておくと安心です。

保湿対策

クーラーが効いた室内では、湿度が適切に保たれているかどうかチェックして、乾燥しているようであれば加湿器などを利用しましょう。

頭皮用のローションなどで直接保湿をするのもおすすめです。

夏のフケを放置すると秋の抜け毛の原因になることもあります

1年の中で、一番抜け毛が多くなる季節が秋です。

夏にフケが出ているということは、抜け毛が増える秋を目前にして、頭皮の状況が悪くなっていることを示します。

このときにきちんとフケ対策をして頭皮の状況を改善しておかなければ、秋になって突然大量の抜け毛が出てしまったり、生え際が気になってきたりということにもなりかねません。

夏のフケは、汗や皮脂が付着して見た目にもよくないものですが、その後の薄毛対策という意味でも、気づいたときに十分なケアを行うことが大切です。

紫外線や保湿などを心がけるとともに、毎日の生活リズムや睡眠時間、運動時間、食事内容などを見直して、体の中から健康な皮膚を作っていけるようにしましょう。

頭皮を作るためには、まず、十分な栄養を摂って、それから、栄養をしっかり活かせる環境づくりをすることが大切です。

暑い夏は、食欲がなくなることや、寝苦しさを感じることも多いものですが、健康を意識して毎日を過ごすようにしてください。

(まとめ)夏にフケが出てしまう原因は一体なに?

1.夏の強い日差しや高い気温は頭皮トラブルを招きフケが出る原因になりやすいといえます

高い気温や強い日差しといった夏の季節特有の刺激は、頭皮トラブルの原因になります。

フケは頭皮の異常によって起こるものですから、こうした刺激によってフケが出てしまう可能性があります。

2.夏特有の様々な事柄がフケの原因となります

夏は、強い紫外線や汗、クーラーの風など、様々なものによって頭皮がダメージを受けてしまいます。

脂性フケも乾性フケも、どちらも起こりやすい季節だといえるでしょう。

3.夏の頭皮ケアと毎日の生活を見直しましょう

夏のフケを防ぐためには、夏特有の肌トラブルの原因についてしっかり対策をとっておくことが大切です。

1日1回の洗髪や、帽子や日傘による紫外線対策、保湿対策などを行いましょう。

4.夏のフケを放置すると秋の抜け毛の原因になることもあります

夏にフケが多いと、その後、秋の抜け毛につながってしまう恐れがあります。

フケが気になったら、夏のうちにしっかりケアしておきましょう。

睡眠や食事を見直して健康な体を作ることも大切です。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る