毛髪が抜けるのは、鉄分が足りないから?

体内の鉄分が不足すると、頭皮の血行不良から髪が抜けやすいことも


頭皮が硬くなってきた、髪の毛が細くなってきた、ボリュームがなくなってしまった、髪にうねるような癖が出てきたなどの症状はありませんか。

こんな症状があれば、鉄分が不足している可能性があります。

体内の鉄分が不足する「鉄欠乏性貧血」になると、鉄を材料とする赤血球の成分であるヘモグロビンが減ってしまいます。

ヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ働きをしているため、不足すると、心臓や肺などの器官が必要以上に働かなくてはなりません。

貧血が起こると、動機や息切れ、めまいなどが起こるのはそのためです。

体内に酸素がいきわたらなくなるということは、頭皮の血行不良にもつながります。

酸素や、栄養が行き届きにくくなると、髪は育たず細くなり、抜け毛が増え、薄毛になってしまうというわけです。

また頭皮のコラーゲンを合成するには、鉄分が必要ですが、不足することで頭皮の老化が早まり白髪が増える原因にもなるといわれています。

鉄分は、頭皮や毛髪と深いかかわりがあるのです。

女性は特に鉄分が不足しやすいもの

女性は毎月の生理で体内の鉄分を失っています。

さらに食事制限など過度のダイエットをしている女性は多く、一人暮らしで自炊せず、インスタントラーメンなどの加工食品、総菜パンなどばかりを食べている女性は、鉄分が不足しがちです。

また、女性は妊娠すると、赤ちゃんに優先的に鉄分をおくるため、鉄分不足になりやすくなります。

このように、男性に比べて女性は鉄分がとても不足しやすいのです。

今、日本の女性の半分は鉄分が不足し、貧血の予備軍と考えられています。

鉄欠乏性貧血になると、だるさを感じ、朝起きられない、イライラする、気分が落ち込むなどの症状が出てきます。

顔色は悪くなり、肌荒れが起こったり爪がスプーン状になったりするなど見た目の変化も少しずつ感じられるようになります。

瞼を裏返してみて白っぽい色だったら、貧血を起こしている可能性大です。

気づきにくい鉄分不足


詳しい血液検査の結果や、明らかに貧血の症状があればわかりやすいのですが、鉄分不足は、本人が気づかないうちに進んでいることがあります。

例えば、子宮筋腫や胃潰瘍などの病気が隠れていて、自覚のないまま、長期に出血している場合、知らないうちに貧血の状態になっていることもあるのです。

健康な人は、体内に必要な鉄分の20~30%を肝臓や脾臓、骨髄などに予備として蓄えています。

鉄分不足の状態になると、予備として蓄えられていた鉄分を使うため、鉄分不足の状態になっていたとしても、すぐには気づきにくいのです。

この状態を「潜在性鉄欠乏」といいますが、健康診断などの簡単な血液検査ではわからないこともあるので注意しましょう。

集中力が続かない、午後になると眠い、冷えがつらいなど、一見疲れたときに出るような症状があったら、検査項目にフェリチンが含まれていて血液中に含まれるフェリチンの値が確認できる血液検査を受けてみるとよいかもしれません。

食事やサプリで鉄分を摂取しましょう

明らかな鉄分不足による貧血を起こしているときには、医師の処方による鉄剤を服用することが望ましいです。

もし、症状から、鉄分不足が気になるときには、なるべく食事から摂取しましょう。

今は、錠剤タイプやカプセルタイプなどの鉄分補給サプリがあるので、簡単に摂取することもできます。

しかし手軽なあまり、摂取量が過剰になってしまうと、血管疾患や動脈硬化などの原因になることもあるので注意が必要です。

過剰摂取になりにくい「ヘム鉄」なら悪影響も少なく済みますので、ヘム鉄を含んでいる食品を効率よく摂取しましょう。

ヘム鉄は、牛や豚のレバーなど赤身の肉、鶏のレバー、カツオやイワシに多く含まれています。

また、鉄分だけにこだわるのでなく、ビタミン類などの栄養素もしっかりとって、健康な髪を育てていきましょう。

(まとめ)毛髪が抜けるのは、鉄分が足りないから?

1. 体内の鉄分が不足すると、頭皮の血行不良から髪が抜けやすく

頭皮が硬い、髪の毛が細くなった、ボリュームがなくなった、髪にうねるような癖が出てきたなどの症状があれば、鉄分が不足している可能性があります。

2. 女性は特に鉄分が不足しやすいもの

女性は毎月の生理で体内の鉄分を失っています。

さらに食事制限など過度のダイエットをしている多くの女性や、一人暮らしで自炊せずインスタントラーメンなどの加工食品、総菜パンなどばかりを食べている女性などは、鉄分が不足しがちです。

3. 気づきにくい鉄分不足

健康な人は、体内に必要な鉄分の20~30%を肝臓や脾臓、骨髄などに予備として蓄えています。

鉄分不足の状態になると、予備として蓄えられていた鉄分を使うため、鉄分不足の状態になっていたとしてもすぐに気づきにくいものです。

4. 食事やサプリで鉄分を摂取しましょう

鉄分補給サプリで簡単に摂取することもできますが、摂取量が過剰になると血管疾患や動脈硬化などの原因になることもあります。

過剰摂取になりにくい「ヘム鉄」なら副作用も少なく済むので、ヘム鉄を含んでいる食品を効率よく摂取しましょう。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る