毛髪が細くなる原因にはどのようなことが考えられる?

毛髪は、加齢やストレス、栄養バランスの影響で細くなります


髪をゆっくり梳かしながら、毛髪の状態をじっくりと見るような機会は、忙しい日々の中ではあまりないかもしれません。

しかし、枕についた毛髪やタオルドライ後に抜け落ちた毛髪を見て、その細さを実感したことはありませんか?

髪がいつの間にか細くなり傷ついていたとしても、お肌がそうであったときのように痛みを感じることはありません。

ですから、ふと気づいたその瞬間がヘアケアをしていく上で大切です。

さて、そもそも毛髪は、何故、細くなるのでしょう。

まずは睡眠不足、栄養バランスをはじめとする生活習慣の乱れが考えられます。

無理なダイエットは栄養バランスを欠く場合が多いので、毛髪が痩せやすくなり、注意が必要です。

さらにストレスやホルモンバランスの影響を強く受ける場合もあります。

この場合は、症状が急激に進むという点が特徴的です。

また加齢が原因となることもありますが、こちらは緩やかに症状が進むという特徴があります。

以上のように、毛髪が細くなる原因は様々あって、ひとつに特定することは難しいということを覚えておきましょう。

毛髪が急激に細くなってきたなら、まず原因を考えましょう

急激に髪が細くなっても、対策を練らずにそのままにしていると、症状が悪化して薄毛や抜け毛になりかねません。

毛髪の細さに気づいたら、原因を考えて、対策を練るようにしましょう。

生活習慣の乱れに原因があるのであれば、少しずつ、改善するようにすることが大切です。

質の良い睡眠は、毛髪の成長を促す効果がある上に、ストレス解消にも繋がります。

就寝3時間前までには食事を済ませ、睡眠のゴールデンタイムといわれる夜10時~2時の間にぐっすり眠っていられるように工夫をしましょう。

よりリラックスして就寝できるよう、スマホの操作はせず、好きな音楽を聴いたり本を読んだりといった工夫も良いのではないでしょうか。

頭皮や髪のダメージが広がり、毛髪が細くなることがあります


毛髪は一度ダメージを受けてしまうと、お肌のように再生して元通りになる、ということはできません。

つまりダメージを受けたら積極的にケアをしない限り、ダメージは広がり続けてしまうのです。

皆さんは日々の紫外線ダメージや、パーマやカラーリング、ドライヤーの熱などで受けたダメージを、しっかりケアしていますか?

毛髪が細くなったと感じたら、まずは毛髪がダメージを受けやすいことは控え、ヘアケアをするようにしましょう。

手軽にケアできる方法として、お風呂に入って温まりながらの「ヘアパック」がオススメです。

シャンプーしたての髪にトリートメントを馴染ませて、ホットタオルで、長い髪も毛髪ごと、頭を包み込みましょう。

トリートメントの効果を水蒸気がより引き出してくれます。

ストレスを溜め込まずに、上手に付き合いましょう

仕事や育児、介護などに追われて、女性もフル回転の毎日です。

そのような背景もあるのか、育「毛」の悩みや問題は、今や男性だけのものではなくなってきているようです。

女性も、育毛トラブルの専門機関を受診するケースが少なくない時代です。

育毛トラブルの原因は、ひとつに限定できるものではなく様々ありますが、その中でも、ストレスは、軽くとらえることはできません。

ストレスは溜め込んでいるだけで、毛髪を細くしてしまう原因となるからです。

規則正しい生活をすることで、ホルモンバランスを整えて、ストレスを軽減する効果が期待できます。

しかし、是非、それとは別に定期的にストレスを発散する方法をみつけましょう。

(まとめ)毛髪が細くなる原因にはどのようなことが考えられる?

1. 毛髪は加齢やストレス、栄養バランスなどの影響で細くなります

毛髪が細くなる原因には、睡眠不足、栄養バランスをはじめとする生活習慣の乱れが考えられます。

無理なダイエットは栄養バランスを欠く場合が多いので、毛髪が痩せやすくなり注意が必要です。

ストレスやホルモンバランスの影響を強く受ける場合もあります。

2. 毛髪が急激に細くなってきたなら、まず原因を考えましょう

急激に髪が細くなっても対策を練らずにそのままにしていると、症状が悪化して、薄毛や抜け毛になりかねません。

毛髪のダメージに気づいたら、原因を考えて対策を練るようにしましょう。

生活習慣の乱れに原因があるのであれば、少しずつ、改善するようにすることが大切です。

3. 頭皮や髪のダメージが広がり、毛髪が細くなることがあります

日々の紫外線ダメージや、パーマやカラーリング、ドライヤーの熱などで受けたダメージをそのままにしていると、ダメージが広がり続けて髪が細くなることがあります。

毛髪が細くなったと感じたら、まずは毛髪がダメージを受けやすいことは控え、ヘアケアをするようにしましょう。

4. ストレスを溜め込まずに、上手に付き合いましょう

女性も、育毛トラブルの専門機関を受診するケースが少なくない時代です。

規則正しい生活をすることで、ホルモンバランスを整えて、ストレスを軽減する効果が期待できます。

しかし、是非、それとは別に定期的にストレスを発散する方法をみつけましょう。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る