薄くなってきた毛髪を増やすことはできるの?

薄くなってきた毛髪を、増やせる可能性はあります


年を重ねるうちに髪が薄くなってしまった、とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

最近、抜け毛が多い、髪が少なくなってきた、地肌が透けてきた、など自分の毛髪に変化が起きていると感じたら、すぐに薄毛の対策を始めましょう。

薄くなってきた毛を増やすのに、一番手っ取り早いのは、増毛や植毛です。

近年、技術が向上し、自毛との見分けがつかないほどに増やせるようになっています。

しかし、これらは費用がかかりますし1回だけすればそれで終わりというわけにはいきません。

どうせなら、自毛を増やしたいですよね。

薄毛になってしまった原因をなくし、育毛対策をしっかりしていけば、毛髪を増やすことは、決して不可能ではないのです。

男女差や個人差はありますが、対策を始めて、早い人では1カ月、平均しても大体6カ月ころから、毛髪に改善が見られ始める人が多いようです。

薄毛の原因には、頭皮の栄養不足、血行不良、不摂生な生活などがあります。

育毛をするには、まずはこれらをなくし、抜け毛を減らすことが大切です。

自分でできる頭皮のケアで、さっそく育毛を始めてみませんか。

頭皮クレンジングで毛穴のつまりをなくしましょう

薄毛になっている人に多く見られるのが、毛穴のつまりです。

頭皮というのは、皮脂の分泌がとても多い場所です。

頭皮が栄養不足になっていたり、血行不良になったりしていると、毛穴の皮脂が上手に押し出されなくなり、毛穴につまってしまいます。

頭皮というのは、通常、青白い色をしているものです。

もし、あなたの頭皮が黄色っぽかったり、赤くなっていたり、茶色っぽくなっていたりしたら、頭皮が汚れ、毛穴がつまっているのかもしれません。

自分の目ではなかなか確認することが難しいですが、毛穴のつまりは、マイクロスコープなどを置いているヘアサロンで見ることができます。

チャンスがあれば、頭皮の毛穴の状態を確認させてもらうと良いでしょう。

頭皮のつまりを取るには、頭皮専用のクレンジング剤やヘアオイルなどでクレンジングをするのが早道です。

ブラッシングをしてから、オイルなどを地肌になじませ、2~3分マッサージ、皮脂が浮き上がるまで5~10分待ちます。

この時、ヘアキャップやタオルなどで覆って、蒸すようにすると効果的です。

あとは、お湯で流してシャンプーをします。

正しいシャンプーで、毛穴のつまりを取りましょう


毛穴のつまりは、何も考えずに何度もシャンプーをすれば取れるというわけでもありません。

脂っぽくなるからと洗いすぎることで急激に皮脂の分泌が増え、ますます脂っぽくなってしまうことさえあります。

そこで正しいシャンプーの方法をご紹介します。

まず、シャンプーの前には、ブラッシングをしましょう。

頭皮の血行を良くします。

また、髪が絡みにくくなるので、シャンプー時の髪への負担を減らすことができます。

次に、ぬるま湯で十分洗い流すプレシャンプーをしましょう。

目安は約2分です。

これで汚れの7割を落とすことができます。

シャンプー剤は、泡立ててから使います。

この時、ごしごしと指先で強くこするのではなく、指の腹を使って、頭皮をマッサージするように洗うのがコツです。

そして、シャンプーが地肌に残らないように、しっかりと流しましょう。

頭皮マッサージで、薄毛にサヨナラ

頭には、実に多くのツボが集まっています。

頭皮の血行不良をなくすには、まず、心臓に近い肩や首の血流を良くして、できるだけ肩や首がほぐれた状態で行いましょう。

頭皮マッサージで大切なのは、決して爪を立てないことです。

力を入れすぎず、頭皮全体をトントン軽くリズミカルに、たたく、押して離す、引っ張り上げるようにする、など自分の気持ちが良い方法を試してみましょう。

時間は、5分が目安です。

できれば、シャンプーをして頭皮の血行が良い時に、育毛剤などを使用しながら行うとさらに効果が上がるでしょう。

ゆったりとした呼吸をしながら、リラックスして、マッサージしましょう。

あんまり強く、長く行うと、頭皮に傷をつけてしまうことがあります。

毛細血管や頭皮を傷つけてしまうと、抜け毛が増えてしまうことがあるので、注意しましょう。

(まとめ)薄くなってきた毛髪を増やすことはできるの?

1. 薄くなってきた毛髪を、増やせる可能性はあります

増毛や植毛もありますが、できれば自毛を増やしたい場合、薄毛の原因をなくし、抜け毛を減らすことが大切です。

薄毛の原因は、頭皮の栄養不足、血行不良、不摂生な生活などです。

2. 頭皮クレンジングで毛穴のつまりをなくしましょう

薄毛になっている人に多く見られるのが、毛穴のつまりです。

頭皮というのは、皮脂の分泌がとても多い場所です。

頭皮のつまりを取るには、頭皮専用のクレンジング剤やヘアオイルなどでクレンジングをしてみましょう。

3. 正しいシャンプーで、毛穴のつまりを取りましょう

毛穴のつまりは、工夫なく何度もシャンプーをして取れるものではありません。

洗いすぎることで皮脂の分泌が増え、ますます脂っぽくなってしまうこともあります。

ブラッシングやプレシャンプーをしてから、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗いましょう。

4. 頭皮マッサージで、薄毛にサヨナラ

頭皮の血行不良をなくすには、まず肩や首の血流を良くして、できるだけ肩や首がほぐれた状態で行います。

力を入れすぎず、頭皮全体をトントン軽くリズミカルに、たたく、押して離す、引っ張り上げるようにする、など自分の気持ちが良い方法を試し
てみましょう。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性の抜け毛の原因を女性用スカルプDで改善

関連記事

ページ上部へ戻る