50代でも発毛を促すことはできる?

50代でもしっかりと対策をすれば発毛を促進させ薄毛を改善することができます


50代になると女性ホルモンはさらに急激に減少し、薄毛が目立ちやすくなります。

「年のせいだから仕方がない」と諦めてしまう人が多いですが、しっかりと対策し改善していけば、50代でも発毛を促進させることが可能です。

具体的には、女性ホルモンを意識した食事や頭皮の血行改善といった対策があります。

50代の薄毛の原因は加齢による女性ホルモンの減少が原因です

20代や30代の薄毛の原因は乱れた生活習慣や食生活、ストレスなどが主な原因ですが、50代での原因のほとんどは、加齢による女性ホルモンの分泌量の低下によるものです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

特に髪には女性ホルモンであるエストロゲンが重要であり、髪の毛を成長させたり、髪の毛の成長期間を持続させたりする働きがあるといわれています。

女性ホルモンの分泌量は20代をピークに徐々に減少していきます。

50代にもなると、女性ホルモンの分泌量は急激に減少してしまうため、髪が細く弱くなり抜けやすくなったり、ボリュームがなくなったりして薄毛が目立つようになってしまうのです。

女性ホルモンの分泌量だけでなく、代謝機能などさまざまな体の機能が低下してしまうため、今までと同じ生活をしていても薄毛になってしまうことがあります。

加齢によるものなのである程度仕方ない部分ではありますが、できるだけ女性ホルモンを減少させない生活や食生活を心がけましょう。

そのためには、生活習慣や食生活をできるだけ早めに見直して改善することが大切です。

頭皮は顔の皮膚と基本的に同じです。

顔であれば乾燥やシワ、シミなどは目に見えるため、すぐに気づきますが、頭皮は髪の毛に覆われているため、なかなか気づきません。

顔などの皮膚と同じように頭皮の皮膚も加齢とともに、乾燥しやすい状態になっているのです。

頭皮や髪のトラブルは自覚症状がないことが多いため、いつの間にか進行して気づいたときにはかなり薄毛になってしまっていたということもあります。

女性ホルモンに良い食事を心がけましょう


加齢とともに女性ホルモンが減少してしまうのを完全に止めることは不可能ですが、女性ホルモンの減少を抑えることは可能です。

そのためには十分な睡眠を取ることや、ストレスをできるだけ溜めないことも大切ですが、特に重要なのが日々の食事です。

できるだけ女性ホルモンを減少させてしまわないよう、特に食生活には十分に気をつけましょう。

下記で女性ホルモンに効果的な食事を紹介します。

豆腐や大豆製品

豆腐や大豆製品には大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きが期待できる成分です。

また、豆腐や大豆製品は髪の毛の主成分であるたんぱく質の材料になるため、女性ホルモンだけでなく髪の毛にも重要な食品です。

卵黄

卵黄にはビタミンA、B2、D、E、鉄など、生殖器系やホルモンバランスに関わったり、肌の健康を保ったりする栄養素が含まれています。

アーモンドなどのナッツ類

アーモンドをはじめとしたナッツ類に含まれるビタミンEには、脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモンの分泌をコントロールしたり、ホルモンバランスを整えたりする働きがあります。

また、抗酸化作用が高く、美肌やアンチエイジングにも効果的な食品です。

育毛剤や頭皮マッサージなど血流を良くする対策も効果的です

育毛剤などを活用する

女性ホルモンの減少が原因である50代の薄毛対策は、20代や30代のようにすぐには改善しにくいため、育毛剤などを活用しましょう。

育毛剤や育毛シャンプーには、髪に必要な栄養成分や、血行促進する成分が配合されています。

そのため、育毛剤などを使うことにより、より早く発毛を促進させることが可能です。

頭皮マッサージをする

育毛剤や育毛シャンプーと平行して、頭皮マッサージも行いましょう。

入浴中や入浴後など体が温まっている状態のときに行うとより効果的です。

頭頂部や側頭部、後頭部、生え際など頭部全体を指の腹を使い、5分程度やさしくマッサージしましょう。

しかし、長時間行えば良いというものではないので、やりすぎには注意しましょう。

このとき爪を立ててマッサージしてしまうと、頭皮に傷をつけてしまうことがあるので気をつけましょう。

頭だけでなく肩や首がこり血行が悪いと、頭皮の血行も悪くなってしまい髪に十分な栄養素や酸素を運べなくなります。

また、ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれているほど、全身の血流に関わっているため、ふくらはぎをマッサージすることで全身の血流が良くなるため、頭皮や髪にも栄養が運ばれやすくなります。

(まとめ)50代でも発毛を促すことはできる?

1.50代でもしっかりと対策をすれば発毛を促進させ薄毛を改善することができます

50代になると急激に女性ホルモンの分泌量は低下し、抜け毛が増えたり髪のボリュームがなくなったりして、薄毛に悩む人が増えていきます。

しかし、しっかりと薄毛対策を行えば、まだ薄毛を改善できる可能性は十分にあります。

2.50代の薄毛の原因は加齢による女性ホルモンの減少が原因です

50代女性の薄毛は女性ホルモンの減少が主な原因です。

女性ホルモンであるエストロゲンには髪の毛を成長させる働きがあり、50代になるとその分泌量は急激に減少してしまいます。

できるだけ女性ホルモンを減少させないように対策していくことが大切です。

3.女性ホルモンに良い食事を心がけましょう

女性ホルモンの減少をできるだけ抑える生活を心がけ、女性ホルモンに良い食事を意識しましょう。

大豆や卵黄、アーモンドなどの食べ物だけを摂れば良いというものではなく、さまざまな栄養素をバランス良く食べることが大切です。

4.育毛剤や頭皮マッサージなど血流を良くする対策も効果的です

50代の発毛対策は育毛剤などの使用や頭皮マッサージなどを行い、全身の血行を促進させることも大切です。

全身の血行が良くなることで、結果的に頭皮や髪の毛に栄養が運ばれやすくなり発毛につながります。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性の抜け毛の原因を女性用スカルプDで改善

関連記事

ページ上部へ戻る