髪が薄いのが気になる…。女性ホルモンが影響しているの?

薄毛はホルモンバランスの乱れが影響している場合があります


女性の抜け毛・薄毛は、女性ホルモンの減少がおもな原因になっている場合があります。

女性ホルモンには、血流を促進する力があり、それにより肌のツヤや柔軟性を保っています。

それは、頭皮の環境にも同様で、頭皮の毛細血管のすみずみまで血液が行きわたることにより、髪の成長を促しているのです。

そのため、ホルモンバランスが崩れると血流が滞り頭皮にも栄養が行きわたりづらくなります。

頭皮の栄養不足によって、髪が抜けやすくなったり、毛質が細くなるなどしたりして徐々に薄毛が進行してしまうことになるのです。

女性ホルモンが乱れる理由はさまざまありますが、出産した後や更年期に入ると抜け毛が多くなるといわれています。

また、生活習慣や食生活、過度なストレスにさらされているなどの理由でも、ホルモンバランスが乱れがちになります。

髪が薄い・抜け毛が多くなったと気づいたら、なるべく早い段階で生活習慣などを整えていくよう心掛けていくのが、薄毛を防ぐのに重要といえるでしょう。

エストロゲンの減少が薄毛の原因になっているかもしれません

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの種類があります。

そのうちのエストロゲンは、女性らしさを作るホルモンとして知られていますが、じつは髪や頭皮の健康に大きく影響を及ぼしています。

エストロゲンの分泌が正常だと、全身の血流が促進され、肌や髪に潤いをもたらしてくれますが、年齢を重ねる・強いストレスを感じるなどで、少しずつ分泌量が減ってしまいます。

そうなると、頭皮の毛細血管にまで血液が行きわたりづらくなり、その結果、頭皮が栄養不足を起こして髪が抜けやすくなるのです。

髪の新陳代謝にも関係するとされるエストロゲンが減るということは、新しく生えてくる髪の成長をうまく促せなくなることに繋がります。

健康的な髪の成長にも影響を及ぼすホルモンであるということを、まずは知っておきましょう。

産後や更年期などにホルモンバランスが乱れやすくなります


女性のホルモンバランスが乱れるターニングポイントは、2つあります。

妊娠・出産でホルモンバランスが急激に変化

出産後約3カ月経ったくらいから、抜け毛が増えることが一般的に多くなります。

妊娠すると「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの女性ホルモンの分泌量が、出産準備のため増加します。

出産後は、大量に作られた2つのホルモンが必要なくなって、急激に元の量に戻り、この変化によって抜け毛が増えてしまうためです。

この場合、一定期間を過ぎればホルモンバランスが正常になるので、抜け毛は解消されていきます。

更年期は髪が薄くなりやすい時期

およそ45~55歳の女性が経験する更年期。

この原因は女性ホルモンの分泌量低下にあります。

髪の毛の成長を促す「エストロゲン」の分泌が急激に減少するため、抜け毛が増え、さらには髪の成長も妨げてしまうのです。

すると、髪そのものが細くなったり、毛色が薄くなったりしてヘアボリュームがなくなって、薄毛が顕著になっていきます。

女性ホルモンを減らさないよう、生活習慣を見直しましょう

女性が髪の薄さを気にしだしたら、まずは女性ホルモンの乱れと深い関係性のある、「生活習慣」や「食生活」が乱れていないか、「過度なストレス」にさらされていないかを確認しましょう。

日頃の食事の栄養バランスが偏っていたり、無理なダイエットをして栄養不足になっていたりすると、ホルモンバランスが乱れる場合があります。

当てはまる人は、女性ホルモン量を整えるのに効果的な、適度な運動(ウォーキングなどの有酸素運動)をして、体の代謝を上げることを心掛けて。

また、体が冷えていると血行が悪くなり、頭皮の健康にも良くありません。

体内を温めるため、腰回りにカイロを貼る、毎日のお風呂は湯船にお湯を張るなどして冷え対策をすることが、ホルモンバランスを整えるのに効果的といわれています。

(まとめ)髪が薄いのが気になる…。女性ホルモンが影響しているの?

1. 薄毛はホルモンバランスの乱れが影響している場合があります

女性ホルモンには、血流を促進する効果があるといわれています。

ホルモンバランスが乱れると、血液の流れが悪くなり、頭皮の毛細血管に栄養が行きわたらず、髪が抜けやすくなったり毛質が細くなったりして、薄毛の原因になってしまうのです。

2. エストロゲンの減少が薄毛の原因になっているかもしれません

エストロゲンは、血流を促進し、頭皮を健康な状態に保ってくれるホルモンです。

そのホルモンの分泌量が減少すると、頭皮の潤いが保てなくなり、髪の新陳代謝を阻害するなどして、抜け毛を増やしてしまいます。

薄毛を進行させてしまう原因になる、重要な女性ホルモンであることを理解しましょう。

3. 産後や更年期などにホルモンバランスが乱れやすくなります

女性の髪が薄くなる時期が2つあります。それは、「妊娠・出産」と「更年期」です。

ホルモンバランスが急激に変化し、髪の成長に欠かせない「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが減ってしまい、抜け毛が増加してしまうためです。

4. 女性ホルモンを減らさないよう、生活習慣を見直しましょう

女性ホルモンの乱れは、「生活習慣」や「食生活」、「過度なストレス」などが原因になっている場合があります。

ホルモンバランスを整えるため、適度な運動や冷え対策をして、体の代謝を上げていくようにするのが女性ホルモンを正常化させるのに効果的といわれています。

Pocket

アンファー スカルプD
公式通販サイトはこちら
頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る