男性ホルモンと女性ホルモン、髪のトラブルの原因はどちら?

ホルモンバランスが崩れることが髪のトラブルの原因になります


よく「女性は男性に比べて薄毛になりにくい」といわれます。

これは男性ホルモンに脱毛を促す働きがあり、一方で女性ホルモンには髪をゆっくりと成長させる働きがあるためです。

しかし女性だから安心、というわけにはいきません。

女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。

もちろん男性に比べればごく微量ですし、女性ホルモンには男性ホルモンの作用を抑える働きがありますから、本来ならそれほど問題にはなりません。

しかし、更年期を迎えると卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌量は激減してしまいます。

必然的に、体内では男性ホルモンが優位になり、男性のように抜け毛が増える、いわゆる「女性男性型脱毛症(FAGA)」を引き起こす可能性が高まってしまうのです。

女性ホルモンが減ってしまうこと。

相対的に男性ホルモンの比率が高くなること。

これが女性の薄毛において「ホルモンバランスが崩れる」という状態です。

髪のトラブルを招く原因は双方のホルモン分泌のバランスが狂うことなのです。

最近は20~30代の若い女性であっても、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなどから女性ホルモンの量が低下し、薄毛になる例が増えています。

女性の体にも男性ホルモンが作用している

なぜ女性の体に男性ホルモンが? と疑問に思う方もいるでしょう。

じつは、そもそも女性ホルモンは男性ホルモンを原料として作られているのです。

男性ホルモンのひとつ「テストステロン」は卵巣でアロマターゼという酵素と結びつくと、女性ホルモンのエストロゲンに変換されます。

この時に変換されなかったテストステロンがごく少量余ります。

これが、女性の体内に存在する男性ホルモンの正体です。

とはいえ、テストステロンそのものは髪にとって有害なものではありません。

むしろ血行を促進することで髪の栄養補給をサポートし、毛根を強くして髪の毛の成長を促す、女性にとっても必要な存在です。

ただ、毛母細胞にある5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT、dihydrotestosterone)という物質に変わります。

このジヒドロテストステロンが男性に多く見られる脱毛症の犯人です。

ジヒドロテストステロンが女性男性型脱毛症(FAGA)を引き起こす


ジヒドロテストステロンには毛母細胞の細胞分裂を阻害し、発毛を妨げるという厄介な性質があります。

さらに正常なヘアサイクルの期間を短くする作用があるため、髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまうのです。

このために起こるのが男性型脱毛症(AGA)。

女性にとっても他人ごとではありません。

更年期で女性ホルモンが減ると、女性ホルモンの生成に使われなくなったテストステロンが余った状態になります。

すると当然ジヒドロテストステロンも増え、その結果、女性も男性型脱毛症(AGA)を引き起こしてしまうのです。

女性の場合は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

女性ホルモンにはこのジヒドロテストステロンの活動を抑制する機能があります。

ですから、加齢による薄毛を改善するためには、ホルモンのバランスを整えて女性ホルモンの分泌を正常化する必要があるのです。

ホルモンバランスを整えるため、4つのポイントがあります

  1. 女性ホルモンを増やす

    加齢によるホルモン分泌の低下は防ぐことができませんが、更年期障害の症状緩和のためのホルモン補充療法や漢方薬、サプリメントなどの対策があります。

  2. 過度なストレスを避ける

    社会に出て働くようになった女性は長期的なストレスにさらされることが増えてきました。

    人間の脳はストレスを感じると、それに対抗するために男性ホルモンを分泌させます。

    スポーツや趣味で発散する、リラックスタイムを確保するなど、ストレスをためないように心がけましょう。

  3. 生活習慣を見直す

    不規則な生活、偏った食事、運動不足などが長期化すると、自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れます。

    栄養バランスのとれた食事、良質な睡眠を心がけるなど規則正しい生活習慣を送るようにしましょう。

    ウォーキングなどの有酸素運動は卵巣機能の低下を防ぐ効果も期待できます。

  4. 冷え症を改善

    体が冷えると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減ります。

    シャワーで済まさずにしっかり湯船につかる、ガードルなどで体をしめつけないようにするなど、冷え症対策が必要です。

    体温が1度下がるだけでもホルモンバランスが崩れるといいますから、夏場でも薄着や冷たい飲み物で体を冷やさないように気をつけましょう。

(まとめ)男性ホルモンと女性ホルモン、髪のトラブルの原因はどちら?

1. ホルモンバランスが崩れることが髪のトラブルの原因になります

男性ホルモンは脱毛を促し、女性ホルモンには髪を成長させる働きがあります。

女性ホルモンの分泌が減ると相対的に男性ホルモンの比率が高くなります。

この「ホルモンバランスが崩れる」という状態が、髪にトラブルを招く原因です。

2. 女性の体にも男性ホルモンが作用している

女性の体内にも男性ホルモンの「テストステロン」が存在しています。

テストステロン自体は血行を促進し、髪の成長を促す存在です。

しかし、5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、毛母細胞の働きを阻害するジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わります。

3. ジヒドロテストステロンが女性男性型脱毛症(FAGA)を引き起こす

ジヒドロテストステロンは発毛を妨げ、正常なヘアサイクルの期間を短くしてしまいます。

加齢から来る薄毛の改善には、このジヒドロテストステロンの活動を抑制する女性ホルモンの低下を抑え、ホルモンバランスを整える必要があります。

4. ホルモンバランスを整えるため、4つのポイントがあります

男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランスを整えるために

  • ホルモン補充療法や漢方薬、サプリで女性ホルモンを増やす
  • 過度なストレスを避けて男性ホルモンの増加を防ぐ
  • 生活習慣を見直す
  • 卵巣の機能を低下させる「冷え症」を改善する

などを心がけてください。

Pocket

アンファー スカルプD
公式通販サイトはこちら
頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る