年齢によって女性の発毛条件はどう変わる?

年齢が高い女性ほど発毛が難しくなるため注意が必要となります


女性は、50歳前後でやってくる更年期を境に女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまいます。

女性ホルモンは、女性の髪の毛を美しく保つために大切な働きをしているため、更年期を過ぎた後の女性の場合、どうしても発毛が難しくなってしまいがちなのです。

しかし、50代、60代の女性でも絶対に発毛しないというわけではありません。

女性ホルモン療法を行ったり、他の要因を排除することで、発毛を目指すことが可能です。

若い年代であっても薄毛に悩む女性が増えてきています

薄毛というと、中高年以上の男性に多いトラブルと考えがちですが、最近では若い女性の間でも薄毛に悩む人が増えています。

こうした薄毛は、次のような原因で引き起こされます。

ダイエット

痩せていればいるほどいいといった風潮が高まり、健康体重を大幅に下回る体重を目指してダイエットをする若い女性が後を絶ちません。

食事制限によって過度なダイエットを行うと、髪を作る為の栄養が不足して薄毛になってしまいます。

ストレス

女性も外で働きに出ることが一般的になった昨今、若い女性のライフワークバランスがしばしば問題になっています。

それに加えて、専業主婦が当たり前であった親世代とのジェネレーションギャップや、PTA問題、貧困問題など、女性の頭を悩ませる事柄は後を絶ちません。

こうしたストレスは発毛にとって大きなマイナスとなります。

食生活の変化

インスタント食品やファストフード店、コンビニ弁当などによって、気軽に毎日の食事を摂れるようになりました。

ところが、こうした食べ物は、脂質やカロリーが高いわりに栄養価が低く、髪の成長を阻害してしまいます。

それに加えて、洋菓子の糖分や脂質も発毛を邪魔する要因となります。

薄毛の要因は生活習慣病などの要因にもなります


薄毛の要因には、生活習慣病とも密接な関係のあるものが多々あります。

次のようなことがらに気を付けて、生活習慣を改善しましょう。

運動

運動不足は、生活習慣病の大きな要因のひとつと言われています。

メタボリックシンドロームやロコモティブシンドローム予防のためにも、日頃から適度な運動を習慣にすることが大切です。

運動をすると、代謝が上がり、血行が良くなるため、髪の健康にも効果的です。

また、運動はストレス解消にも役立ちます。

飲酒・喫煙

過度の飲酒や喫煙は、折角摂取した栄養素を破壊してしまう悪習慣です。

血行を悪くする原因にもなるため、控えるようにしましょう。

特に喫煙は、少量であっても肺がんなどのリスクを高めるものです。

ずるずると吸ってしまわずに、禁煙するようにしてください。

食生活

揚げ物やスナック菓子、生クリームを使った洋菓子などは、脂質が高く肥満や皮脂の過剰分泌の原因になります。

皮脂は頭皮の毛穴の詰まりなどを引き起こし、頭皮トラブルを引き起こします。

また、深夜帯の食事は肥満や胃腸トラブルの元にもなるため、避けましょう。

年齢を問わず頭皮やお肌を労わった生活を送ることが大切です

年齢によって、発毛条件は少しずつ変化していきますが、気を付けるべきポイントは、年齢を問わず共通しています。

ポイントを抑えて体と頭皮を労わった生活を送るようにしましょう。

紫外線対策

紫外線は、頭皮にもお肌にもよくないものです。

20代のうちから紫外線対策をきちんとするようにしましょう。

アームカバーや帽子、日傘などを利用して、頭皮と肌を紫外線から守るようにしてください。

日焼け止めはお肌に優しい素材のものを選ぶのがおすすめです。

お肌に触れるものに注意

タオルや枕、シーツなど、肌や頭皮に触れるものはなるべく清潔な状態を維持するようにしましょう。

小まめに洗濯をしたり、日に当てて干すことで雑菌を減らすことができます。

雨続きで布団が干せない時は、掃除機をかけたり布団乾燥機を使ったりすることで同様の効果が得られます。

入浴

湯船に浸かることは、心身をリラックスさせるだけでなく、血行促進にも効果があります。

夏場でもシャワーで済ませてしまわずに、湯船に浸かるようにしましょう。

(まとめ)年齢によって女性の発毛条件はどう変わる?

1.年齢が高い女性ほど発毛が難しくなるため注意が必要です

更年期を迎えた女性は、髪の発育のために必要な女性ホルモンが急激に減少してしまいます。

そのため、更年期後の女性は発毛がしづらくなってしまいます。

しかし、絶対に発毛しないというわけではありません。

2.若い年代であっても薄毛に悩む女性が増えてきています

最近では、若い女性の間でも薄毛に悩む人が増えています。

過度の食事制限によるダイエットや、過剰なストレス、コンビニ食や洋菓子などによって発毛が阻害されてしまうことが原因の一端にあります。

3.薄毛の要因は生活習慣病などの要因にもなります

運動不足や、飲酒・喫煙習慣、脂っこい食事や深夜の食事などは、発毛を阻害して薄毛の原因になるだけでなく、生活習慣病の原因にもなります。

生活習慣を改めるようにしましょう。

4.年齢を問わず頭皮やお肌を労わった生活を送ることが大切です

年齢を問わず、共通して気を付けるべきポイントを抑えて、頭皮やお肌を労わった生活を送りましょう。

紫外線対策をしっかりしたり、お肌に触れるものを清潔に保つ、入浴時は湯船に浸かるといったことが効果的です。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る