女性の育毛において栄養素は大切?

女性の育毛のためには、複数の栄養素が必要となります


女性の育毛に必要な栄養素はひとつだけではありません。

「これさえ摂っておけば安心」という栄養素は、残念ながらないのです。

しかし、反対に言うと、バランス良くいろいろな栄養素を摂ることで総合的に育毛をサポートすることができるということです。

一汁三菜の和食を中心に、バランスの良い食生活を目指しましょう。

髪の原料だけでなく、成長に必要な栄養素も大切です

育毛のためには、様々な栄養が必要となります。

次にあげるのは直接的に髪の成長に関わる栄養素ですが、それ以外の栄養も、身体の調子を整えて育毛をサポートするのに必要となります。

タンパク質

肉や卵に含まれている栄養素です。

そもそも、髪の毛はタンパク質で出来ています。

ダイエットなどのために肉や卵を排除した生活を送っていると、タンパク質が不足しがちになり、薄毛に繋がってしまうのです。

亜鉛

レバーや鰻、ナッツなどに含まれています。

髪の毛を作るタンパク質の合成に必要で、髪に良い栄養素として知られています。

しかし、亜鉛には摂取上限があるため、サプリなどを利用して食事以外からも亜鉛を摂取する場合は摂取量に気を付けるようにしてください。

ビタミンE

ナッツや魚介類に含まれる栄養素です。

血行を良くする働きがあるので、栄養を髪の毛に届けるのに役立ちます。

また、抗酸化作用もあるため、老化防止にも役立つ栄養素です。

ビタミンB群

レバーや魚介類に含まれます。

新陳代謝を活発にする働きがあるため、頭皮の健康にも、お顔のお肌のためにも役立ちます。

皮脂分泌を抑える働きもあるため、皮脂が過剰な人にもおすすめです。

女性ホルモンには大豆イソフラボンが効きます


女性ホルモンは、女性の髪の毛を美しく保つために必須のものです。

高齢になるにしたがって薄毛の問題が起こるのは、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうためなのです。

こうした女性ホルモンの減少や、ホルモンバランスの乱れに効果的なのが、女性ホルモンエストロゲンと似た働きをすることで知られている「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボンが含まれる食材

大豆イソフラボンは、その名の通り、大豆製品に多く含まれています。

大豆そのものはもちろん、豆乳や豆腐、味噌、納豆などからも大豆イソフラボンを摂取することができます。

摂りすぎに注意

大豆イソフラボンは、摂取量に上限があり、上限値は、1日に70~75mgとされています。

これは、納豆なら約2パック、豆乳なら約300mg、豆腐なら約350gという数字です。

ただし、これは毎日継続して摂取する場合の上限値で、例えば、ある1日だけ摂取量が100mgになってしまったからといって、すぐに問題が起こるということではありません。

毎日いろいろな献立を楽しむことが育毛に繋がります

栄養素は、季節に合った食べ物に多く含まれます。

季節ごとの食材を楽しみながら、色々な献立を食べることが育毛にも繋がります。

たくさんの材料を使う

お料理をする時は、なるべく多くの食材を使うことを意識しましょう。

例えば、玉ねぎと豚肉で作ることの多い生姜焼きは、根菜やキノコ、茄子などを入れてもおいしく作れます。

また、お味噌汁も、お豆腐だけ、わかめだけ、といったものよりは、けんちん汁のようにいろいろなお野菜が入っている方が栄養価にも優れ、おいしく出来上がります。

プラスワンを心がける

食事を摂る時、「海苔」や「ゴマ」、「チーズ」、「シソ」など、トッピングとして使えるものをプラスするよう心掛けましょう。

こうした食材を追加することで、食事のバランスを整えたり、味に変化をつけておいしく食べられたりするようになります。

買い物は季節の食材を

冬の大根や白菜、夏のキュウリやトマトなど、季節にあった食材を買うように意識しましょう。

それぞれの季節に合った野菜は栄養価が高くおいしいものです。

献立を考えるときも、季節の材料を意識してみるようにしてください。

(まとめ)女性の育毛において栄養素は大切?

1.女性の育毛のためには、複数の栄養素が必要となります

女性の育毛には、様々な栄養が必要になります。

何かひとつの栄養素を摂取しているだけでは、育毛には不十分なのです。

和食を中心にバランスの取れた食生活を送りましょう。

2.髪の原料だけでなく、成長に必要な栄養素も大切です

髪の毛に必要な栄養素には、髪の毛の材料となるタンパク質や、髪を作るタンパク質の合成に必要となる亜鉛、髪に栄養を届けるのを助けるビタミンE、新陳代謝を活発にするビタミンB群などが挙げられます。

3.女性ホルモンには大豆イソフラボンが効きます

大豆や大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンエストロゲンと似た働きをします。

摂取上限である1日70~75mgを意識して、定期的に摂るようにしましょう。

4.毎日いろいろな献立を楽しむことが育毛に繋がります

季節に合った食材を中心に、いろいろな食べ物を食べることで、自然と育毛に繋がる栄養素を摂ることができます。
なるべく多くの材料を使うように意識したり、トッピングでプラスワンを意識したりするようにするとよりバランスの取れた献立になりやすくなります。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性の抜け毛の原因を女性用スカルプDで改善
頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る