整髪料が育毛に良くないって本当ですか?

間違った使い方を続けていると、育毛に影響が出ることがあります。


整髪料には、スプレータイプやワックス、ジェル、ムースタイプなどがあり、きれいなヘアスタイルに仕上げてくれる優れものです。

しかし、使い方には注意が必要です。

なぜなら、整髪料が頭皮についてしまうと、抜け毛の原因になるからです。

とは言え、整髪料を使ってはいけないというわけではありません。

整髪料を使うときは、頭皮につかないように工夫し、必ず使った日はシャンプーで洗い流すようにしましょう。

整髪料が育毛を阻害する理由

整髪料を毎日のように使うと、育毛を阻害する恐れがあります。

その理由は、3つあります。

  1. 界面活性剤が配合されているから

    洗剤やシャンプーの成分として知られる界面活性剤は、整髪料にも含まれています。

    界面活性剤には、たんぱく質を弱らせてしまう性質があるため、髪の毛を細く弱くしてしまいます。

    また、界面活性剤は浸透しやすいので、頭皮についてしまうと炎症やかゆみなどのトラブルを引き起こし、育毛を妨げる可能性があります。

  2. ほこりやゴミなどの汚れがつきやすくなるから

    整髪料をつけると、髪の表面に空気中のほこりやゴミなどがつきやすくなります。

    すると、頭皮や髪で雑菌が繁殖したり、皮脂と混ざりあって酸化したりすると頭皮にダメージを与えてしまいます。

  3. 毛穴を詰まらせてしまうから

    頭皮に整髪料がついてしまうと、毛穴をふさいでしまいます。

    毛穴がふさがれた状態では、健康な髪は生えてきません。

    また、整髪料は丁寧にシャンプーをしないと落ちないので、洗い残しがないように注意が必要です。

整髪料は、頭皮につかないように使うのが鉄則です。


整髪料は、髪の毛や頭皮に影響を与えるものです。

そのため、育毛を意識するのであれば、使用しないのが一番でしょう。

しかし、大人の女性として、身だしなみは大切です。

全く使わないようにするのは難しいこともあるでしょう。

そんな時は、注意点を守って使いましょう。

整髪料を正しく使うためのポイントは、「頭皮につかないようにすること」です。

整髪料は、頭皮についてしまうとさまざまな頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

そのため、できるだけ頭皮につかないように使いましょう。

スプレータイプやミストタイプは頭皮につきやすいので、毛先につけてニュアンスを出すワックスタイプがおすすめです。

しかし、ワックスタイプは、つけ過ぎるとべたべたして汚れがつきやすくなったり、毛先が重くなりスタイルが崩れやすくなったりします。

きれいなスタイルをキープするためには、欲張らずに、少しずつ指先にとり、毛先に馴染ませるようにしましょう。

整髪料を使った日は、シャンプーで丁寧に洗い流しましょう。

整髪料を使った後のケアも大切です。

整髪料を使った日は、その日のうちにしっかり洗い流しておきましょう。

きれいに落とすというのは、無理にゴシゴシこするという意味ではありません。

頭皮を強い力でこすると、頭皮にダメージを与えてしまうので注意しましょう。

整髪料を落とすコツは、予洗いとすすぎです。

予洗いで汚れを流しましょう

予洗いとは、シャンプーをつける前に、お湯で髪の毛を洗うことです。

ぬるめのシャワーで、頭皮と髪についた大まかな汚れを落とすことができます。

ハードスプレーなどで髪を固めている場合は、乾いた状態の髪にコンディショナーを馴染ませてから予洗いすると、髪の毛に負担をかけることなくほぐすことができます。

また、予洗いには、シャンプーの泡立ちをよくする効果もあります。

すすぎで洗い残しがないようにしましょう

予洗いとシャンプーで整髪料や皮脂などの汚れは浮いてきているはずです。

ところが、せっかく汚れが浮いてきても、すすぎが不十分だと頭皮に汚れが残ってしまいます。

シャンプーで頭皮を洗う時間と同じくらい、時間をかけて丁寧に洗い流すようにしましょう。

しっかり洗い流せば、頭皮のイヤな臭いやべたつきも防ぐことができます。

(まとめ) 整髪料が育毛に良くないって本当ですか?

1.間違った使い方を続けていると、育毛に影響が出ることがあります。

整髪料が頭皮につくとさまざまな頭皮トラブルを引き起こしたり、育毛に悪影響を与えたりします。

使用方法に注意して、トラブルを防ぐようにしましょう。

2.整髪料が育毛を阻害する理由

整髪料が育毛を妨げる理由は、3つあります。

整髪料には、界面活性剤が含まれていること、頭皮や髪に汚れがつきやすくなること、毛穴を詰まらせてしまう可能性があることから、育毛中の使用には注意が必要です。

3.整髪料は、頭皮につかないように使うのが鉄則です。

整髪料を使用するのであれば、なるべく頭皮につかないようにしましょう。

さまざまなタイプの整髪料がありますが、ワックスタイプなら毛先につけることで、雰囲気を変えることができるので、おすすめです。

4.整髪料を使った日は、シャンプーで丁寧に洗い流しましょう。

整髪料を使った日は、必ずその日のうちにシャンプーで落とすようにします。

また、整髪料は落ちにくいものもあるので、いつもより丁寧な予洗いとすすぎでケアしてあげましょう。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性の抜け毛の原因を女性用スカルプDで改善
頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!

関連記事

ページ上部へ戻る