脱毛症は保険で治療を受けることができるの?

脱毛症の治療には保険適用のものとそうでないものがあります


脱毛症の治療方法には、様々なものがあります。

また、脱毛症の種類も、円形脱毛症やびまん性脱毛症、分娩後脱毛症など様々です。

こうした脱毛症の種類や治療方法の違いによって、保険が適用になるものとならないものがあります。

また、同じ症状でも、どこの病院に行くかによって、保険診療になるかどうかが異なる場合もあります。

保険適用で治療できる脱毛症は「円形脱毛症」です

脱毛症の中にも、保険診療になるものとならないものがあります。

保険が適用されない代表的な脱毛症には、「びまん性脱毛」が挙げられます。

これは、加齢などによって女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こる脱毛症です。

年齢が高くなるにつれて髪の毛が薄くなるのは、女性も男性も同じことです。

こういった自然の摂理による脱毛症は、保険で治療することはできません。

一方、保険診療になる脱毛症には、「円形脱毛症」があります。

円形脱毛症は、自己免疫疾患によって起こることが多く、若い人でもなることがあります。

この場合は、皮膚科にかかれば保険適用の治療を受けることができます。

基本的に、保険適用になるかどうかは、医師の診断によって異なります。

保険適用で治療できる脱毛症かどうかわからない場合は、まず皮膚科で相談してみましょう。

処方された薬などの金額がどのくらいになるのかも、事前に聞けば教えてもらえます。

診療の金額について不安がある場合は、積極的に質問してみることをおすすめします。

円形脱毛症でも保険適用外の治療もあります


「円形脱毛症は保険適用で治療ができる」といっても、全てのクリニックであらゆる治療方法が保険適用となるわけではありません。

脱毛症専門クリニック

脱毛症専門のクリニックは、ほとんどの場合で自由診療(保険適用外)となります。

薬だけでなく、診察を受けるのも自費になるため、治療費は非常に高額になってしまうこともあります。

その代わり、専門的な治療器具が揃っていたり、いろいろな治療法を紹介してもらえるなど、幅広く専門的な治療が可能です。

また、初回のカウンセリングに関しては、無料というクリニックも多いので、まずは説明を聞いてみるというのも良いでしょう。

局所免疫療法等の特殊な治療法

ステロイドによる治療は、皮膚科で行う場合ほとんどが保険診療で受けることができます。

しかし、局所免疫療法や、医療用ウィッグの購入など、保険治療の適用とならない治療方法や対処方法をとった場合は、たとえ円形脱毛症だったとしても10割を自己負担する必要があります。

どのくらいお金と労力をかけられるか考えてみましょう

脱毛症の治療を行う時は、どのくらいのお金と時間をかけられるのか考えてみましょう。

お金も時間もいくらでもかけられる

この場合は、脱毛症専門クリニックに相談に行ってみましょう。

様々な治療方法があるので、説明を聞きながら納得して行うことが大切です。

継続して通院する必要がある場合がほとんどなので、通いやすい立地の病院を見つけるようにしましょう。

あまりかけられない

お金や時間をあまりかけられない場合は、皮膚科に行って、保険適用でできる治療を受けるようにしてください。

治療方法はある程度限られますが、ステロイドなどは脱毛症に効果的だと認められている薬剤ですから、安心して医師の判断を仰ぎましょう。

なお、病院に行く時間すらない場合は、まず、禁煙したりなるべく栄養のある食事を摂るなど、生活を見直すようにしてください。

このほか、時間をかけて行う対処には、入浴による血行促進や適度な運動、頭皮マッサージなどが挙げられます。

ヘッドスパや温泉、ファッションウィッグなどもおすすめです。

(まとめ)脱毛症は保険で治療を受けることができるの?

1.脱毛症の治療には保険適用のものとそうでないものがあります

脱毛症は、種類も治療方法も様々です。

こうしたたくさんの脱毛症の中には、保険診療になる種類の脱毛症や治療方法もあります。

ただし、同じ症状でも、かかる医者によって保険適用にならない場合もあるので注意しましょう。

2.保険適用で治療できる脱毛症は「円形脱毛症」です

脱毛症の中には、保険で診察ができるものとできないものがあります。

加齢に伴う脱毛症などは保険適用外ですが、自己免疫疾患などが原因で起こる円形脱毛症については、保険適用で治療が受けられます。

3.円形脱毛症でも保険適用外の治療もあります

円形脱毛症は保険適用になるものの、脱毛症の専門クリニックで治療をうけた場合や、局所免疫療法や医療用ウィッグの購入といった、保険適用とならない治療や対処を行った場合は全額自己負担する必要があります。

4.どのくらいお金と労力をかけられるか考えてみましょう

どのような治療方法を選択するかは、どのくらいお金や時間をかけるつもりがあるのかによって選びましょう。

保険適用外の治療は高額で時間もかかるため、難しい場合は皮膚科での治療や、ファッションウィッグの利用などもおすすめです。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性の抜け毛を女性用スカルプDで予防改善

関連記事

ページ上部へ戻る