添加物をたくさん摂ると脱毛症になるの?

添加物のなかには脱毛症を引き起こす可能性があるものもあります


添加物には多くの種類があり、同時に複数の添加物を摂取することで、体内で危険な物質に変わってしまうこともあります。

亜硫酸ナトリウムは食品の黒ずみを防ぐためにハムや明太子などに含まれていますが、体内に入ると血液にダメージを与え細胞を破壊するといわれています。

そのため、頭皮など体の隅々にまで十分な酸素を運べなくなり、髪は弱くなって抜けやすくなってしまうのです。

私たちの食生活のなかには危険な添加物などが多く存在します

添加物や食物に残っている農薬(残留農薬)、病気を防ぐために投与される抗生物質や成長を早めるために使われるホルモン剤など、私たちの生活のなかには体に危険な物質が多く存在しています。

これらの中には毒性があるものも多く、体内に蓄積されると肺や肝臓、腎臓などの臓器に負担がかかります。

肝臓は体内に入った毒を解毒する臓器です。

しかし、毒素の分解にも限界があり、疲弊してしまうと肝機能が低下してしまいます。

合成保存料や合成着色料が入った食べ物は肝機能が低下したり、腎機能に大きな負担がかかったりしてしまう恐れがあります。

また、合成甘味料は壮年性脱毛症の原因の1つです。

健康を害してしまうと代謝機能や生理機能が低下し、髪の発育もうまくできず弱くなり抜け毛や白髪の原因になってしまいます。

また、膨張剤や乳化剤、酸化防止剤などの添加物は亜鉛を吸収を邪魔をしてしまう性質があります。

亜鉛は健康な髪を作るのに必要な栄養素のひとつであり、亜鉛が不足することで髪が弱ってしまい抜けやすくなるのです。

新陳代謝にも亜鉛は大きく関わっているため、不足すると髪の毛が生えにくくなってしまいます。

添加物をできるだけ摂らないように気を付けることが大切です


コンビニやスーパーに売っているカット野菜やサラダにまで添加物が入っているのをご存知ですか。

その他にも添加物は、調味料や総菜などにも多く含まれています。

そのため、添加物を極力摂らないように食事を改善することが大切です。

添加物をゼロにすることはなかなか難しいので、できるだけ減らしていくように努力しましょう。

買い物をする際に、パッケージの裏にある原材料名のラベルを確認してできるだけ添加物が少ないものを選ぶのがおすすめです。

また、添加物を摂らないように気を付けるだけでなく、バランスが取れた食事も大切です。

お肉などは抗生物質やホルモン剤なども摂取してしまう恐れがあるため、たんぱく質は魚などから摂ってもよいでしょう。

魚の脂には毒素を取り除いてくれる効果があるといわれているため、おすすめです。

添加物は髪だけでなく私たちの体にダメージを与えるため将来病気になるリスクがあります

添加物をたくさん摂ってしまうとさまざまな臓器に負担をかけ、機能を低下させたりダメージを与えたりしてしまいます。

その生活を続けていると、脱毛症だけでなく体を害し病気になる可能性があります。

例えば合成甘味料は糖尿病や心臓病、肥満の原因の1つです。

また、防腐剤を使った食べ物を多く摂ると免疫力を低下させてしまうといわれています。

国が研究や実験をして安全といわれている添加物でも、添加物が登場してまだ100年も経っていないため今後影響がないとは言い切れないのが現状です。

戦前までは死因の1位が結核、次に肺炎や気管支炎だったのに対し、添加物が登場した戦後の昭和60年にはガンが急増して1位になり、次に心疾患、脳血管疾患と変化しました。

このようにさまざまな症状に関係しているため、添加物は危険と考えられているのです。

(まとめ)添加物をたくさん摂ると脱毛症になるの?

1.添加物のなかには脱毛症を引き起こす可能性があるものもあります

添加物のなかには血液や細胞にダメージを与えるものもあり、髪は血液から酸素や栄養を受け取って作られるため大きく影響を受けてしまいます。

また、複数同時に添加物を摂取すると化学反応し危険な物質に変わってしまうこともあります。

2.私たちの食生活のなかには危険な添加物などが多く存在します

私たちの生活のなかには多くの危険物質があります。

それらをたくさん摂ってしまうと、肝臓や腎臓などの臓器に負担がかかり機能低下につながります。

健康を害してしまうと代謝機能や生理機能が低下し、髪の発育にまで影響するのです。

3.添加物をできるだけ摂らないように気を付けることが大切です

現在ではカット野菜や調味料などにも添加物が多く含まれているので、買い物をするときは裏のラベルを見てできるだけ添加物を減らしていくことが大切です。

また、魚の脂には毒素を取り除いてくれる効果があるので積極的に魚を食べるようにしましょう。

4.添加物は髪だけでなく私たちの体にダメージを与えるため将来病気になるリスクがあります

添加物は脱毛症を引き起こすだけでなく、私たちの体に負担やダメージを与え、将来ガンなどの病気を引き起こす可能性があります。

また今のような添加物は登場してから間もないため、孫の代まで影響がないとは言い切れません。

Pocket

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性の抜け毛を女性用スカルプDで予防改善

関連記事

ページ上部へ戻る