Pickup

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

女性の頭皮が赤い場合、薄毛に十分な注意が必要です 健康…
詳細を見る

女性の髪の悩みにお答えします

薄毛は男性の悩みと考えている方が多いですが、今や薄毛に悩む女性は珍しくありません。自分には関係ないと思っている女性も、日ごろのケアを怠っていては、薄毛に悩まされる日が訪れてしまう可能性もあるのです。こちらのサイトでは、女性の薄毛・抜け毛の原因や予防・改善策についてご紹介していきます。

薄毛・抜け毛・頭皮に関するQ&Aカテゴリ

女性の薄毛の原因

さまざまなことが原因となって女性の薄毛は引き起こされます。では、薄毛の原因となる事項を、一つひとつ詳しくみていきましょう。

加齢によるホルモンバランスの乱れ

年齢を重ねていくことで、女性の体内のホルモンバランスは乱れていきます。これが、抜け毛・薄毛を招く要因となります。

女性ホルモンには発毛を促進する効果があります。この女性ホルモンが加齢により減少することで、微量ながら女性にも分泌されている男性ホルモンが優位となることがあります。これにより、抜け毛が増え、薄毛へと繋がってしまうのです。

男性に起こる男性型脱毛症(AGA)に対して、ホルモンバランスの乱れによって起こるこの女性の薄毛は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。

睡眠不足

発毛のためには、毛乳頭の周りにある毛母細胞が正常な状態になくてはなりません。睡眠をとることで、この毛母細胞が修復されて正常な状態を保てますが、睡眠不足が続くと、そのサイクルが崩れてしまいます。こうなると、髪の毛は徐々に細くなり、量も少なくなっていってしまうでしょう。

理想的な睡眠時間は6~8時間程度と言われていますが、それを割っているようならば要注意です。また、成長ホルモンの分泌が促進される、「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれる22~2時の間に睡眠をとっていない場合も、薄毛のリスクが高まります。

食生活

食生活の乱れは、抜け毛を引き起こす大きな要因です。まず、ダイエットをしている女性は多いかと思いますが、これは非常に髪によくありません。髪は摂取した栄養素から作られており、これが不足してしまうと、正常に髪が生えてこなくなるのです。

また、脂っこいものが中心の食生活は、頭皮の脂の過剰な分泌を促進することになります。この状態が長く続くと、脂が毛穴につまり、髪が抜けやすい状態に陥ってしまうのです。

妊娠

薄毛と妊娠は、一見関係がなさそうな気がするかもしれません。しかし、実は密接な関係があるのです。妊娠をすることで、プロゲステロンというホルモンの分泌が活発化します。このホルモンには、毛の健やかな成長を促す作用があり、妊娠中は髪の毛が育ちやすい状態にあるのです。

しかし、出産をすることでプロゲステロンが急激に減少してしまいます。このホルモンバランスの変化によって、急激に抜け毛が増え、薄毛を起こしてしまう女性は少なくありません。

ダメージ

オシャレに敏感な女性の中には、パーマやカラーで髪型を華やかに彩っている方も少なくないでしょう。しかし、このパーマやカラーも、薄毛の原因になります。これらは、髪に薬剤を染み込ませることによってうねりを出したり、色を入れたりします。この薬剤により髪や頭皮がダメージを受けることによって、抜け毛が増え、薄毛が進行していくのです。

うねりの激しいパーマや、脱色をしたうえで色を入れるような明るいカラーは、特にダメージが激しくなりますので注意が必要となります。人形の髪のようにキシキシとした感触になっている、髪が切れやすい、頭皮が赤くなっているといった場合は、ダメージが深刻である可能性が高いです。

これらの原因一つひとつが重なってくることで、薄毛のリスクが高まります。当てはまる項目がある方は、その原因を取り除くように努めなくてはなりません。

薄毛の改善のためにできること

では、薄毛を防ぐためには、どのような対策をとるのがよいのでしょうか?上記でご紹介した薄毛の原因の解決法をみていきましょう。

女性ホルモンを増やす取り組み

加齢による女性ホルモンの減少を完全に防ぐことはできません。しかし、生活習慣に注意することで、その減少を緩やかにすることは可能です。

たとえば、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれる食品を多く摂取する、ストレスをためないような生活を心がける、半身浴やストレッチをして血行を良くするといった、女性ホルモンの分泌を増やすような取り組みをしましょう。日々の小さな取り組みが、薄毛を防ぐポイントになります。

質の良い睡眠の確保

睡眠時間をしっかりと確保することはもちろん、質の良い睡眠をとることが大切です。寝る前にストレッチをする、アロマを焚いてリラックスした状態を作るなど、良い形で睡眠に入れる努力をしましょう。

22時~2時までには睡眠に入れるようにするのがベストですが、難しい場合にはできるだけ6時間以上は睡眠時間を確保してください。

また、寝る直前にスマートフォンやパソコンを使用すると、ブルーライトの覚醒作用によって眠りに入りにくくなってしまうため、注意しましょう。

髪に良い栄養素の摂取

健康な髪の毛を作るためには、以下の栄養素をきちんとバランスよく摂取することが大切です。自分の食事に足りないものはないかチェックしてみましょう。

・たんぱく質

たんぱく質が分解されることで作られるアミノ酸は、髪の毛の原料となります。肉や魚、卵、大豆製品などを食事に取り入れ、たんぱく質をきちんと摂取しましょう。ダイエットをしている女性はカロリーを気にしてこれらの食品を避けがちですが、バランスの良い食事が美しさを保つコツだと考えましょう。

・ビタミン類

ビタミンは、髪を健やかに保つために必要な栄養素です。ビタミンA、B、C、Eをバランスよくとるようにしましょう。

妊娠による薄毛は一定期間で戻る

妊娠・出産が原因で起こる薄毛は、基本的には一定期間が経てばもとにもどります。少しでもはやく元に戻すためには、生活習慣や食生活を整えたり、大豆食品をとったりして女性ホルモンを増やすように努めましょう。

パーマやカラーは避ける

できる限り、パーマやカラーをするのは避けましょう。既に髪の毛が傷んでしまっているという場合は、ダメージケアをしなくてはなりません。トリートメントや頭皮マッサージをして、髪と頭皮がもとの状態に戻るように努めるとよいでしょう。

これらの対策は、すぐに効果が出てくるというものではありません。薄毛改善や抜け毛対策は、長い目で見て取り組み続けなくてはならないものです。ぜひ、取り組めることから取り組んでみてください。

ページ上部へ戻る